ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

昭和ゴジラ・シリーズ

昭和30年代生まれの他の男子同様、子供のころ、僕はゴジラにハマっていた。
時は怪獣ブーム。テレビではウルトラマンやウルトラセブンが、怪獣を倒して活躍していたが、
映画館ではヒーローの代わりに怪獣たちが主役で暴れ回っていた。
子どもながらにマイナー好きな僕は大映のガメラを応援していたが、
やはり質・量ともに東宝のゴジラ・シリーズが勝っていることは、小学生でもわかっていた。

今回、ケーブルの日本映画専門チャンネルで、ゴジラ一挙放送というのをやっていて、子どもと一緒に何本か見直してみた。
ゴジラこの一本となれば、大人になった僕は初代ゴジラ登場の『ゴジラ(昭和29年)』をあげるが、当時の僕のお気に入りは、歴代の怪獣たちがほぼ勢ぞろいする『怪獣総進撃』だった。
リアルタイムで劇場で見たゴジラ映画は、たぶん『ゴジラ、エビラ、モスラ南海の大決闘』だったが、怪獣登場シーンが少なくて、いまひとつ。
その次に見たのが『ゴジラの息子』で、着ぐるみとは異なるカマキラスとクモンガの「吊りぐるみ」に胸ときめいたが、「ミニラ」という、女子どもに迎合するキャラが不愉快だった。自分も子どもだったが。

『怪獣総進撃』は、「単に怪獣たちがたくさん出てくる」というだけでなく、SFチックでスピーディなドラマ展開も好き。当時、ドラマが入った朝日ソノラマのソノシートを買い、セリフを丸暗記するほど聞いた。音楽がかっこ良く、いまもあのテーマを聞くと、胸ときめく。

ゴジラ・シリーズに幻滅したのは次の『ゴジラ、ミニラ、ガバラ、オール怪獣大進撃』。今までのフィルム使いまわしに、子どもながら映画業界の衰退を感じた。また「夢オチ」という禁じ手を、ゴジラでも使われた失望感。これもソノシートを買ったが、もはや『怪獣総進撃』ほどの興奮がなかった。僕も小学2年生に突入していた。

もはやゴジラともおさらばか、と思いながらも見にいった最後の作品は1971年の『ゴジラ対ヘドラ』。しかし予想に反して、この作品のインパクトは大きかった。これはもはやゴジラ映画ではなかった。「かえせ!地球」の主題歌、ゴーゴークラブを襲うヘドラ、ヘドロの中で泣く赤ちゃん、死んでいく雀荘のサラリーマンたち、光化学スモッグで倒れる子どもたち。夢の世界のゴジラが現実世界に降りてきたようなリアルな恐怖が、子供心に大きなインパクトを与え、いくつかのシーンはトラウマのように、大人になって鮮烈な映像となって思い出された。

たぶん、もう大人の世界をかいま見るような歳になっていたのだろう。
その時、僕は小学五年生。
その翌年、ガイガンなる怪獣がゴジラと対戦したが、もう映画館には行かなかった。テレビで胸ときめかせ、興奮して見るのは怪獣映画ではなく、『大脱走』とか『荒野の七人』。
ソノシートの代わりに、テープレコーダーで映画を録音し、マックイーンやブロンソンのセリフを僕は覚えていた。
ヒーローはゴジラやウルトラマンではなく、映画スターになっていたのだ。

そして最近、『ゴジラ対ガイガン』『ゴジラ対メガロ』『ゴジラ対メカゴジラ』などを見たが、完全に人間の味方になっているゴジラにはまったく魅力がなくなっていた。
荒ぶるロッカーが、歳とともにディナーショーが活動の主体になってしまったかのようなドサまわりぶり。
映画のスケール間も、まるでテレビのスペクトルマン並み。
でもこれは僕が大人になってしまったからか。いや、違うと思う。

来週からケーブルでは、平成ゴジラ特集をやる。
全部見たことがあるが、また見てみよう。
[PR]
by mahaera | 2008-11-30 16:04 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 来週はライブが2つあります ムンバイの同時多発テロに思う... >>