「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

邦画を最近よく観ています コメディ編

邦画を最近よく観ています。
といってもレンタルDVDでなんだけど。

面白かった作品をいくつか紹介しましょう。今回はコメディ編です。
★でお勧め度をあらわしています。

『運命じゃない人』
女性にふられたばかりのまじめ会社員、その友人の探偵、たまたま出会った傷心娘、ヤクザ…。一晩の話が、視点を変えて何度リピートされ、その度に一度見たシーンに別の意味を発見するという、よく考えられたコメディ。有名俳優は出ていないけど、アイデア勝負で成功した作品。
ちょっとテレビっぽいけど、浮かれ過ぎてもいず、大いに楽しめました。
★★★★

『キサラギ』
B級グラビアアイドルの一周忌に集まった、ファン5人。彼等はかつてハンドル名で、掲示板でやりとりしていた仲だったが、会うのは今回が初めてだった。そこで、アイドルの死は自殺ではなく、殺人ではなかった可、しかも犯人は5人の中にいるという推理劇が始まる。
これもアイデアは面白く、また脚本もよくできていると思うのだけれど、
まるでテレビのお笑いを観ているような、ボケとツッコミ調の台詞のやり取りは、こちらが置いてけぼりになる。映画というよりはテレビなのだ。
そして観ていて気恥ずかしい演出が、脚本を殺している。
何打か、最近のお笑いと一緒で、ノレない人をとことん排除するような、
排他的な感じがするのが残念。でもよくできてはいるんだけどね。
★★★

『THE有頂天ホテル』
僕と同じ歳で、エッセイなどを読んでいると、ずいぶんと共感できる三谷幸喜によるオールスターコメディ。話の展開がスピーディで、また場面転換もいい感じであり、少しも飽きさせない、よくできたコメディ。大晦日のホテルを舞台に、支配人やホテルマン、芸人や汚職政治家、娼婦などが入り乱れての話を、よく交通整理したと感心。オダギリジョーや唐沢寿明ら二枚目には、あえで不細工になるヅラを用意したり、伊東四郎の「面白い顔」だけで場をさらったりと、役者もいい。
ただ、この人の作品は他もそうだが、手放しで面白がれない部分もある。
具体的にどうとも言えないのだが、鼻につくと言うか、
「さあ笑って下さい」的な作り込みが、時々しらけてしまうのだ。
あとは役者への演技のつけ方が舞台的というか、映画的な広がりもないのが残念。つまりあえて映画というメディアでしなくてもいいような気がしてくる。場面転換とか舞台でやっている絵が浮かんできてしまうのだ。
それでも楽しめたので★★★★

『リアリズムの宿』
昨年、『天然コケッコー』と『松が根乱射事件』で2本をキネ旬ベストテンに送り込んだ山下監督。彼がブレイクした『リンダリンダリンダ』の前に撮った作品で、原作はつげ義春の漫画。ロケは鳥取。
あまりよく知らないもの同士が、温泉宿に泊まることになる、その気まずさの空気感を見事に出していて笑えます。これは前にあげた『THE有頂天ホテル』とは別の方法だけど、不器用な人間たちを上から見るのでなく、よりそって見ているような暖かい気分にさせてくれます。俳優たちの演技も、はしゃいで笑わせるテレビのお笑いとは別次元の、映画ならではの間が生きています。僕は最初に見た時よりも、今回の方が楽しめました。
そろそろレンタルビデオ店からなくなるかもしれないので、
見つけたら借りましょう。そして同性の友人と見ましょう。
★★★★★
[PR]
by mahaera | 2008-07-19 23:04 | 映画のはなし | Comments(0)
<< ノコギリクワガタとセミ おださがのラーメン屋 その1豚骨系 >>