ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

映画 近日公開作品『山形スクリーム』『宇宙へ』 『あんにょん由美香』他一挙コメント

本当は一本一本、コメントを述べたいのだけれど、なかなか書くのが大変なので。。

■『3時10分、決断のとき』
『17歳のカルテ』のような優れたドラマも作れば、『アイデンティティ』のようなB級スリラーも造るジェームズ・マンゴールド監督が今度はウエスタンに挑戦。地主に借金をして立ち退きを迫られている牧場主クリスチャン・ベイルが、お金のために強盗団のボスのラッセル・クロウの護送を引き受ける。アメリカでは2007年に公開され、初登場1位、アカデミー賞にも2部門ノミネートされた話題作。2大スターが共演、監督も一流だが、なぜか日本では公開が延びていたウエスタンで、原作は『ジャッキー・ブラウン』などのエルモア・レナード。
『ターミネーター4』や『ダークナイト』と主演が続くベイルだが、どの作品でも共演者に食われてしまう。ここでも同様で、深刻な役どころはわかるのだが、いかんせん華がない。どうしても目は、悪党ながら魅力的なクロウに行ってしまう。演出は少々もたついたりするのだが、一級作品の風格はあり、出来はなかなかいい。とくに最後の鉄道駅までの護送シーンは、迫力十分。クロウの子分が妙に印象に残る。★★★☆

■『屋根裏のポムネンカ』
監督・脚本・美術を手がけたのは、「チェコ人形アニメ最後の巨匠」と呼ばれるイジー・バルタ。なんと23年ぶりの長編作品だという。屋根裏の使われなくなった古いトランクの中に、暮らしているおもちゃたちがいた。帽子を被った女の子の人形ポムネンカだが、屋根裏の果てに住む悪の親玉フラヴァにさらわれてしまう。ポムネンカを救うため、仲間たちが冒険の旅に出る。職人技の人形アニメに最初は目を奪われるが、やがて慣れてきてしまう。子供向けのアニメだが、大人にも少々物足りない。悪くはないが。 ★★☆

■『THEダイエット!』 渋谷アップリンクで公開中
オーストラリアに二十年以上住んでいる日本人の女性監督が、自らのダイエット挑戦を、体を張ってドキュメンタリーに撮った。画面いっぱいに、50になろうとしているデブ(失礼!)のオバサンの半裸体が映った(監督自身)ときはどうなるかと思ったが、元気で愛嬌たっぷり人柄と歯切れのいいテンポと笑いで、見ているこちらはあれよあれよと彼女の悪戦苦闘に引き込まれ、彼女の味方になってしまう。最後にはホロリとされ、一時間と短いながらも楽しめた。★★★

■『クヌート』 角川シネマ新宿ほかで公開中
動物園で人に育てられるホッキョクグマのクヌートと、自然に生きるクマたちを交互に描いたドキュメンタリー。もとは地味なドキュメンタリーだったのだろうが、藤井フミヤのナレーションと過剰な音楽で、よりわかりやすくなっている。が、もともとクヌートだけだともたないので、自然に生きるクマたちの姿も継ぎ足した分、テーマがぼやけてしまったような気がする。飼われているクマと自然に生きるクマの対比なのだろうが、それがうまく結びつかないのだ。これはもとの映画がそうだからで、フミヤのわかりやすいナレーションをもってしても無理だった。クマに興味のない人には無用の映画。★★

■『あんにょん由美香』 ポレポレ東中野 公開終了
2005年に亡くなった女優・林由美香の記録をまとめた本の出版イベントで、彼女が生前に出ていた韓国産ビデオ『東京の人妻 純子』が上映される。ドキュメンタリー監督の松江は、なぜかその作品に惹かるもの感じ、その作品の成立の謎を追うべく取材を開始する。林由美香の作品を見たことはなく、また彼女自身のことはし知らなかったが、この作品を見て興味が湧いた。ピンク映画という世界だが、働いている人は映画愛に満ちていた。逝ってしまった女優への愛が確かに感じられるいい作品。★★★★

■『山形スクリーム』 全国で公開中
山形の奥地の村で、よみがえった落ち武者の亡霊が女子高生たちを襲うという、竹中直人監督によるホラーコメディ。たけしもそうだが、コメディ畑の人が映画を撮るときは、シリアスモノのほうが出来がいい。すばらしい作品を撮ってきている竹中監督だが、ここでその経歴に失点を残してしまった。さっぱり「笑って感動」できない。なんだが、テレビのバラエティを見ているようで、演技のリズムが映画的でないのかも。また、それを良しとした竹中監督も、それでいいと思ったのだろう。見ながら覚めてしまった。★★

■『宇宙へ』 公開中
NASAの秘蔵フィルムをお蔵出しした宇宙ドキュメント。宇宙好きにはたまらない。前半がアポロ計画成功への道のり、後半がスペースシャトルになるが、盛り上がり高揚感がある前半に比べ、相次ぐ失敗でトーンが暗くなる後半で、事実だから仕方がないが、映画のムードが失速するのが残念。夏、エアコンの効いた映画館で涼むには最適。
[PR]
by mahaera | 2009-08-16 09:53 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 箱根でPA運びのバイト 彫刻の... 近況とお知らせ >>