「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

愛犬家は『HACHI 約束の犬』よりこっちを観ろ! 『犬と猫と人間と』

『HACHI 約束の犬』はヒットしているのだろうか?
別にダメとは言わないが、犬好き以外はしらーっとしてしまう映画だったが、むしろ犬猫を飼う人にはこっちを見てもらいたいという映画が、この 『犬と猫と人間と』というドキュメンタリーだ。

この映画は、まず映像作家の飯田に一人のおばあさんから「動物を大切に思ってもらえる映画を作ってほしい」と依頼がくるところから始まる。この猫好きなおばあさんは、不幸な犬猫を少しでも減らしたいと願い、お金は出すから、そうしたドキュメンタリーを作って欲しいと飯田に言うのだ。

そこから飯田は犬猫ペット事情を調べだす。まったく新しい事実があるわけではない。
テレビですでに紹介されたような人々も出てくる。しかし、現実は厳しい。
日本全国の動物愛護センターでは、1日当たり1000匹近く、年間30万頭の犬猫が処分されている。
その多くは、人間が持ち込んだものだ。僕は昔のように、保健所の人が町を歩いて、野良犬や野良猫を捕まえているのかと思ったら、大半はそうではなく、飼っていた飼い主が飼いきれなくなって持ち込んだものらしい。
つまり、もともと「犬猫が大嫌い」という人たちではなく、飼うほどには好きなのだ。
犬猫をまるで人間の子供のようにかわいがる人々がいる一方で、「愛犬家」や「愛猫家」が、ゴミのように命を捨てている。自分で処分はできないから、人に頼んで処分(殺害だ)してもらっている。
これが人間の子だったらと、見ていて考えてしまった。
「子供、生んだんだけど、こうこれ以上養えないから、保健所で処分してもらう」
そんなことはしないだろうし、したらまず犯罪だ。
画面にはこれから処分される犬猫たちが映し出される。
生まれたばかりの赤ちゃん犬猫が、二酸化炭素で殺される。
アウシュビッツなどの強制収容所で殺された人々と姿がだぶる。

「人間と犬、猫は違う」と人はいうだろうが、根本的には同じことじゃないか。
嫌な現実には目をつぶり、お役所に任せる飼い主たち。
このドキュメンタリーにはいくつもの動物保護組織や個人が登場するが、
立場や考え方は異にするものの、みな「一番悪いのは人間(飼い主)」と訴える。
当然だ。
犬猫をこうした施設に持ち込む人は、せめて苦しみながら処分される犬猫の姿を目に焼き付けて、
トラウマになってもう二度とそんなことをしないぐらいの目にあって欲しい、などと思う。

犬猫の処分をトラックの荷台で行うという施設が紹介された。
特定の場所で処分を行うと、周辺の住民から苦情が来るからだろう。
トラックに積み込まれる、犬猫たち。
トラックは道路を、町なかを走る。
帰ってきたときは、中にいた犬猫たちは死んでいる。
私たちが住んでいる町を走るトラックの荷台の中で、苦しみながら死んでいく犬猫。
場所を特定しないならいいという偽善。

別に行政を非難しているわけじゃない。
犬猫を殺処分している人たちだって、そんなことはやりたくないのだ。
むしろ「犬猫を嫌いな人たちにやらせるくらいなら」という思いの人もいる。
問題は持ち込む人たちが減らないことなのだ。

いろいろ盛り込もうとして、テーマが見えにくくなっている下りもあるが、
これから犬猫を飼う人には見てほしい。
あと、このドキュメンタリーでは触れていなかったが、僕は売らんかなの日本のペット業界にも大きな責任があると思う。「かわいい」だけで商品を買うように購入し、手に負えなくなったり、増えたら捨ててしまうような飼い主にも、金儲けのために売りつける姿勢。
そのあたりも追求したいものだ。犬猫を過去に処分した人にはもう売らないとか、ライセンス制を導入するとか考えてしまうね。
どうも子供を育てていると、処分を待っている犬猫が、人間の子供とダブって見えてしまうのは僕だけか。
いっそのこと、販売を停止して、処分されそうな犬猫のみ引き取れる法律を作ってしまうとか。

「いぬのきもち」とか買っている人が、その一方で犬を捨てていると思うと、愛犬家たちの底の浅さを感じてしまう。まあ、ほとんどは、愛情を注いで、天寿を全うさせているんだと思うが。
ちなみに犬猫のペット数の正確な統計はないようだが、合わせて1700万頭という数字がある。
処分されるのが2%と思うと、少ないのか。

ペットフード業界の売り上げが年間2400億円という数字も見つけた。
そのうちの10億円ぐらい、恵まれない犬猫にポーンと寄付して欲しいなあ。


 『犬と猫と人間と』
公式サイト www.inunekoningen.com/
10月10日より渋谷ユーロスペースにて公開。以降、全国順次公開。
[PR]
by mahaera | 2009-09-07 01:13 | 映画のはなし | Comments(0)
<< ウーリッツァーの名演を教えてく... タイで聴いた思いがけない曲 いろいろ >>