ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

2009年 マイ・映画・ベストテンは

旅行人の旅シネに2009年の僕の映画ベストテンを他の執筆者とともに掲載しました。


順位は以下の通り。

1.戦場でワルツを(アリ・フォルマン監督/イスラエル、ドイツ、フランス、アメリカ)

2.グラン・トリノ(クリント・イーストウッド監督/アメリカ)

3.アバンチュールはパリで(ホン・サンス監督/韓国)

4.それでも恋するバルセロナ(ウディ・アレン監督/アメリカ、スペイン)

5.ウォッチメン(ザック・スナイダー監督/アメリカ)

6.フィッシュストーリー(中村義洋監督/日本)

7.チェンジリング(クリント・イーストウッド監督/アメリカ)

8.あんにょん由美香(松江哲明監督/日本)

9.きつねと私の12か月(リック・ジャケ監督/フランス)

10.倫敦から来た男(タル・ベーラ監督/ハンガリー、ドイツ、フランス)


詳しい感想はこちらを読んでください。


あと、『ドキュメンタリー頭脳警察』についてこのブログや旅シネで書いたことが、

公式ブログで取り上げられました。
[PR]
by mahaera | 2010-01-17 00:49 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 新聞の訃報を読んで エリック・... 新作映画評 ピーター・ジャクソ... >>