「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

マハエラ的カルト映画館 『荒野のストレンジャー』

 『荒野のストレンジャー』 クリント・イーストウッド監督・主演 1973年

いまやアメリカ映画の巨匠と、誰もが認識するイーストウッド監督。
その彼が、監督デビュー作『恐怖のメロディ』(これも傑作!)
に続いて監督した、監督第2作目で、当時も今も世評は低いが、
強烈な印象を残す作品で、僕は気に入っている。

アンチヒーロー的なガンマンでブレイクしたイーストウッドだが、
自分の監督作品では同じガンマンでも、いささかひねりを加えた異様さだ。
あまり演技がうまくない(幅がない)イーストウッドなので、
いつものガンマンのように見えるが、今回は違う。幽霊なのだ。

湖のほとりにある小さな町にひとりの流れ者がやってくる。
流れ者は、彼に難癖をつけにやってきた男たち3人を一瞬にして撃ち倒す。
町の人々は彼の腕前に驚き、用心棒になってくれと頼む。
翌日、町の者達が捕まえて投獄した三人組が釈放される。
報復にやってくることを怖れた人々は、無法者三人を雇ったが、
それをこの流れ者が一瞬にして打ち倒してしまったからだ。

自分の命令に絶対服従を条件に、申し出を受ける流れ者。
ベッドに横になる彼の頭に、ある映像がよぎる。
それはひとりの男が、三人の男にムチで打たれ、
なぶりものにされて殺される姿だ。
助けを求める男を、町の人々は遠巻きに見ているだけだ。

殺された男は、町の保安官だった。
彼は町を仕切る高山会社の不正を暴こうとして、
会社の意を汲んだ三人の無法者に殺された。
町の者達は鉱山に依存して暮らしているので、
彼が殺されるのを見て見ぬふりをした。
そして三人の無法者たちを罠にかけて捕まえ、牢獄に送り込んだのだ。

名前のない流れ者は、町の人たちに戦う手段を教えるが、
みな腰抜けで要領を得ないばかりか、
なかには流れ者を殺そうとするものも。
もちろん、流れ者は圧倒的な強さで、相手を倒す。
やがて刑務所から出所した三人の無法者は、
町の人々に復讐を果たしにやってくる。

ここからがすごい。
流れ者は町の人々にすべての建物を真っ赤に塗らせ
町の名に「地獄」と書きつける。そして三人の無法者たちがやってくると、
町の人の助けになるどころか、さっさとその場を立ち去ってしまう。

ここまでの話の流れは、西部劇の名作『真昼の決闘』の裏をなぞるようだ。

無法者たちは復讐を果たすために、自分を陥れた鉱山会社の男たちを殺し、
ほとんど抵抗なく、町を制圧する。

いつのまにか夜になり、燃えている家もある。
そこにムチがどこからともなく飛んできて、
無法者のひとりを外へ引っ張り出す。
男はムチ打たれて死ぬ。
残りのふたりのうちの一人もムチで首をくくられ死ぬ。
無法者の最後の一人が振り返ると、
地獄の業火のように燃える家をバックに、
流れ者が立っている。あっという間に銃を弾き飛ばされる無法者。

「お前は何者だ!」

叫びながら無法者は銃弾を浴び、流れ者に打ち倒される。

翌日、流れ者が町を去る時が来た。
唯一、彼の味方だった小人の男が、彼に名前を聞く。
流れ者は、ただ墓標を指し示す。
それは殺された保安官のものだった…。

圧倒的に強い(ほとんど人間さを感じない)ガンマンの正体は、
幽霊、あるいは殺された保安官がとりついた男だった。
という、オカルトチックなウエスタンだ。
町の人間は、全員卑怯者という設定に、
当時、この映画を見たジョン・ウェインが怒ったという。

そこにはアメリカン・ドリームはない。勧善懲悪でもない。
いくらでも深読みができる映画だ。
イーストウッドは西部劇が描いてきた偽善を暴こうとしたのか。
それともベトナム戦争のことなのか。
人間は醜い。そしてそれを隠して生きている。
この映画のイーストウッドは、人間ではなく、神が使わした死の使者だ。

このキャラクターは十数年後、1985年の『ペイル・ライダー』に再び登場する。
今度は『シェーン』の、裏リメイクといっていい内容だ。
これもすばらしい作品だが、当時の批評家たちは無反応。
イーストウッドが監督として評価されるのは、
1988年の『バード』を待たなくてはならない。

うーむ。
[PR]
by mahaera | 2010-06-17 23:19 | 映画のはなし | Comments(1)
Commented by やまなか at 2010-06-20 01:13 x
>人間は醜い。そしてそれを隠して生きている。

きゃ~イーストウッド、かっこいい。

最近「憎しみより愛を」みたいな言葉が
ツィッターに溢れててなんかアンリアル。
大人の男の言葉ですね~
<< サッカー観戦で寝不足 渋谷テラプレーンと西荻ヘブンス... >>