「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

新作映画レビュー『ソウル・キッチン』 ハンブルグのレストランを舞台にしたコメディ

ソウル・キッチン
Soul Kitchen
2009年/ドイツ、フランス、イタリア

監督:ファティ・アキン
出演:アダム・ボウスドウコス、モーリッツ・ブライプトロイ、ビロル・ユーネル
公開:1月22日より渋谷シネマライズ他にて公開


ファティ・アキン、僕の好きな監督である。
彼の全作品を見たわけではないのだが、僕が観た『太陽に恋して』『愛より強く』『そして、私たちは愛に帰る』の3本とも、とてもいい作品だ。つまりハズレがない

ハンブルグで大衆食堂“ソウル・キッチン”を経営するジノスは、
恋人が仕事で上海に行き、離れ離れになることに耐えられない。
そこで、高級料理店をクビになった頑固な天才シェフを雇い、
上海に行こうとする。
ところが、仮出所した兄イリアスを雇うはめになったり、
税務署い支払いを命じられたり、腰を痛めて動けなくなったりと、
物事はうまくいかない。やがてイリアスがウェイトレスのルチアに
恋をして仕事に精を出し始め、シェフが作る料理も評判を呼び、
店はウソのように繁盛し始める。
しかし、土地を狙う不動産業者の魔の手が忍び寄っていた。

前作『そして、私たちは愛に帰る』でも、
複数の登場人物を巧みに描いていたアキン監督は、
本作でもより軽やかに各キャラクターを見せてくれる。
低価格だが冷凍食品でいいかげんな料理を作っていた主人公。
しかし、シェフのアドバイスを受けて、
手の込んだ料理を作り上げていくシーンが、楽しい。
この“流れ者”的な偏屈なシェフ
(『愛より強く』で主人公を演じたビロル・ユーネル
のキャラがいい。また、仮出所するために弟の
“ソウル・キッチン”で働く乱暴者の兄イリアスに、
『太陽に恋して』で主人公役のモーリッツ・ブライプトロイなど、
アキンの過去作品の主役を演じた
俳優たちが脇を固めているのもうれしい。

いつもは出自のトルコ系移民の家族を描くアキンだが、
今回は、主人公たちはギリシャ系移民という設定。
でも、見た目はあまり変わらないのだろう。
主人公にはいろいろ困難が降りかかるが、
コメディにふさわしいハッピーエンドが用意されているので、
安心して観て欲しい。
(★★★★)
[PR]
by mahaera | 2011-01-19 11:51 | 映画のはなし | Comments(0)
<< ボブ・ディラン「ザ・ウィットマ... ご贔屓ケン・ローチ監督の新作は... >>