ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

新作映画レビュー『キッズ・オールライト』  “家族”を考える良質のドラマ。おすすめ。

キッズ・オールライト
The Kids Are Alright


2010年/アメリカ

監督:リサ・チョロデンコ(『ハイ・アート』『しあわせの法則』)
出演:アネット・ベニング(『アメリカン・ビューティー』『グリフターズ/詐欺師たち』)、ジュリアン・ムーア(『ブギー・ナイツ』『ことの終わり』)、マーク・ラファロ(『楽園をください』)、ミア・ワシコウスカ(『アリス・イン・ワンダーランド』)
配給:ショウゲート
公開:渋谷シネクイント、TOHOシネマズシャンテほかにて公開中
公式HP:allright-movie.com/

もう公開中となってしまったが、是非おすすめの作品なので、
ここで紹介します。

ニックとジュールスという“ふたりのママ”と
大学進学が決まった娘のジョニ、15歳の弟レイザーの
四人の家族は、よそから見ればちょっとヘンかもしれないが、
愛に満ちたふつうの家族だ。

子どもたちも成長し、そろそろ親離れを始める。
ジョニは大学へ行くため、家族で過ごす最後の夏かもしれない。
一方、弟のレイザーは、「父親のことを知りたくないかい」と
18歳になり出生の秘密を知ることができるようになった
ジョニに持ちかける。

精子提供者で、遺伝子上の父親”ポールは、
意外にも同じ街に住む人気レストランのオーナーで
気楽な独身生活を送っていた。
子どもたちは自分の親にない、大人の魅力をポールに感じ、
彼になついていく。
しかしそのことを知ったニックとジュールスは動揺。
ポールを家に招いて食事会を開く。
家計を支え、厳格な父親的な存在のニックは反発するが、
主婦的な役割を長らく続けていたジュールスも、
あきらめていた自分の道を見つけようとする。

『イカとクジラ』、『グッド・ミス・サンシャイン』などの作品が
好きな人なら、絶対に気に入る秀作だ。
ほろ苦いユーモアを交えながら「家族とは何か」を見せてくれる。
成長期を迎え、巣立っていく子どもたちは親離れを模索し、
親たちは子どもたちの変化に戸惑い、
そこから自分たちの関係も見つめ直していく。
タイトルからはThe Whoの名曲を連想させるが、
(日本タイトルからはなぜかAreが抜け落ちている)
親たち、大人たちの狼狽ぶりをよそに、
子どもたちは成長していく。

ふたりのママ”“遺伝子上のパパ”と言う風変わりな設定ながら、
そこで語られることは、実はどの家庭にも共通すること。
脚本、演出、そして俳優たちのアンサンブルはどれも充実。
とくに最初は脇で“受け”に回り、キャラを演じていた
アネット・ベニングが、後半見せる感情表現はすばらしい。
名優だ。

突然現れた“父親”ポールも、
キャラクター化されにくい複雑な表情を見せる人物。
彼なりに家族の一員になろうとするが、
それが結果的に、今までの家族の絆を壊してしまい、
善意が人を傷つけてしまう、やるせなさを体現。
僕としては、彼の“その後”が非常に気になるが、
映画はそこには深追いせず、あくまで四人家族を追う。

ユーモアとしっとりが最高にブレンドされた大人の映画で、
こういうのはアメリカ映画ならではだ。(★★★★)

以下余談。
映画の中で、ポールの家に行った四人家族。
それまで唯一、ポールに打ち解けなかったニックだが、
彼のレコードボックスの中から、あるレコードを発見して、
急に親近感を抱く。
それがジョニ・ミッチェルの『ブルー』。ニック曰く、
「ストレートの男の人でジョニを聴く人に初めて会った」
アメリカでは、ジョニってゲイ、レズビアン・カルチャーに
支持されているんですかね。
映画でよくクリシェのようにして使われる
バーブラ・ストレイサンドは有名だが、
ジョニがそうだとは知らなかった。

僕のレビューが以下のwebでも紹介されています。
msnエンタメ
http://movies.jp.msn.com/movies/movie.aspx?movieId=38386
[PR]
by mahaera | 2011-05-12 11:52 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 野外見聞会に参加 という週末でした Maha-eraトリオ 桜ヶ丘... >>