「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

新作映画レビュー『インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実』 

インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実
Inside Job

2010年/アメリカ

第83回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門受賞作品

監督:チャールズ・ファーガソン
ナレーション:マット・デイモン

配給:ソニーピクチャーズ エンタテインメント
公開:5月21日より新宿ピカデリーほかにて公開
上映時間:108分
公式HP:insidejob.jp
 


“グリード(強欲)”という言葉がある。
このドキュメンタリーを観ていて、僕はその言葉を思い出した。
飽くなき金銭欲が、すべてを食い尽くす。
その怪物は、0.1%にも満たない金持ち。
食い尽くされるのは、残りの人々だ。

2008年に起きたリーマン・ブラザーズ社破綻。
なぜそれがきっかけになり、世界同時不況が起きたのか。
ニュースや新聞を見たり読んだりしているのに、
なかなか頭に入ってこないこの問題を、わかりやすく解説し、
なおかつインパクトを与えてくれるドキュメンタリーが本作だ。

アメリカでは1930年代の大恐慌を教訓に、
長い間金融業界には規制がかけられていた。
しかし 1980年代のレーガン政権時代になると、
それまでの規制は撤廃されていき、
投資や利益の追求に歯止めが利かなくなっていく。
企業の役員や顧問が政治家を動かし、
自分たちに都合のいいようにどんどん法律を改正。
ハイリスク、ハイリターンを求めた結果、
住宅ローンはとうとう国家規模のネズミ講にまで発展する。
住宅バブルの崩壊は、最初からわかっていたことなのだ。

この金融危機に関わった多くの人々へのインタビューから
浮かび上がってくるのは、金融界、政界、経済学界がグルになり、
大っぴらに行った犯罪が、“
サブプライム・ローン問題”や“リーマンショック”だ。
「インサイド・ジョブ」とは仲間内の犯行のこと。
しかし、ふつうの犯罪と違ってこの犯罪は誰も罪には問われない。
一般庶民たちは家も仕事も失うが、会社には税金が投入され、
犯人たちの懐は痛まない。
インタビューに応じた“戦犯”たちの多くは、
まったく悪びれていないばかりか、いまだに高給を取り続ける。
こんな人間たちが処罰されずに大手を振っている一方、
家を失い、借金返済のために泥のように働き続ける人々がいる。
そのことを思うと、最高に気分が悪い。
たぶんこの映画を観て、ウォール街の重役連中に
怒りがこみ上げてこない人はいないだろうな。
(★★★)

旅行人のWEB旅シネに寄稿したものを転載しました
[PR]
by mahaera | 2011-05-20 08:02 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 明日、ライブです。よろしかった... 新作映画レビュー『4月の涙』 ... >>