ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

新作映画レビュー『ちいさな哲学者たち』 フランスの幼稚園で始まった哲学を学ぶ授業

ちいさな哲学者たち
Just a Beginning

2010年/フランス

監督:ジャン=ピエール・ポッツィ、ピエール・バルジエ
出演:ジャック・プレヴェール幼稚園の園児たち

配給:ファントム・フィルム
公開:7月9日より新宿武蔵野館にて
上映時間:97分
公式HP:www.tetsugaku-movie.com
 

パリ近郊の教育優先地区にあるジャック・プレヴェール幼稚園。
そこでは、3歳から5歳の子どもたちが哲学を学ぶという
取り組みが行われていた。子どもたちは月に数回、
様々なテーマについて考え、討論する。
「愛とは」「死ぬこととは」「自由とは」…。
そんな質問に自分なりの答えを見つけて話し合う子どもたち。

「哲学」の授業に学校で苦労した僕なので、
このドキュメンタリーを観る前は身構えてしまったが、
出てくる話題は難しいものではない。
教育テレビで放映されているサンデル博士(だっけ?)
の大学の講義のように、身近な題材を例にとれば、
それらは学問というより、
日々、私たちが向き合っている問題だということがわかる。

私たちは“哲学”というと、哲学者の教えを学ぶことを
想像してしまうが、フランスではその第一歩がまず
「言葉を使って意見を交わすこと」であるのに驚いた。
日本で美徳とされる「言わないでもわかっている」の真逆で、
これは「様々な考えの人々が集まっている」というのが、
基本の社会だからだろう。
ここで子どもたちが討論するテーマはシンプルだが普遍的なもの
少し難しいかもしれないが、それでも子どもたちにイメージできるものだ。
5歳の子どもでも自分の考えを言葉にし、
さらに他人の意見に耳を貸すことを学習、論理的な思考を身につけていくのだ。
子どもたちはみんなが同じ考えではないことを知り、
相手を説得しようとさえする。
だからかもしれないが、この子どもたちは日本に比べてずっと大人っぽい。

思わず笑ってしまったのが、5歳児による大人顔負けの恋愛。
前の恋人がクラスにいて、「もう君とは別れた」なんて
5歳児が言うのだから、さすが恋愛の国、フランスだ。
(★★★)

旅行人のWEBサイト「旅シネ」に寄稿したものを転載しました。
[PR]
by mahaera | 2011-07-05 01:02 | 映画のはなし | Comments(0)
<< マイ・バンド休止中。メンバーの... これは必見! ヤクザだね。松本... >>