ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

西荻窪のライブバー w. jaz(ダブジャズ)に行ってみた

西荻に引っ越して来て、ちょっと気になっていたライブバー、
w. jaz(ダブジャズ)に行ってみた。

ここはほぼ毎日セッション、しかも曲はやらないというところで、
今まで行っていたロック系のライブバーとは、ずいぶんと趣が異なる。
HPなどを見ていて、なんとなく雰囲気を知り、気にはなっていたが、
ようやく昨日、行ってみたのだった。
19:00スタート、ということで20:00ごろ行ったら、客まだゼロ。
店長さんと雑談しながら、人が集まるのを待つ。
ようやくメンバーが揃ったのは21:30ごろだろうか。
この日はドラム二人、ギターとベースをこなす店長さんとお客さん、
そして僕。なので、ドラマーが交替以外は、そのままのメンバーで。

キーボードはエレピとオルガン。
楽器にはあまり詳しくないが、両方ともいい音している。
基本は、キーだけ決めてのワンコードセッション。
16ビートのインストファンクというかフュージョンというか、
リズムが出たら、それでやるって感じ。
基本は店長さんがベースかギターでリフを刻み、
それにみなさんがのってくる。

で、みなさん慣れているというか、うまく、
16ビートにのれない僕が足を引っ張っているというか、
音も探り探り弾いている。
なんかいっぱいいっぱいで、もっと余裕を持ってやればと。
がんばりすぎて、人の音をもっとよく聴かなきゃと音源聴いて反省。
せっかく、テーマを出してくれているのに、
ほとんどスルーして、ソロだけがんばろうとしているのは、
ザ・初心者。

今度は、もっとなめらかに演奏したいと反省した次第。
まあ、武者修行のつもりで、またチャレンジしたいと思います。

w. jazのホームページ
http://www.wjaz.info/

こんな感じのセッションでした。
http://firestorage.jp/download/efe6713985b58d7f5427213518b2d63ba62229c4
下手っぴいなキーボードが僕です。
[PR]
by mahaera | 2011-08-08 01:36 | ぼくの音楽・バンド活動 | Comments(0)
<< 新作映画レビュー『ミラル』 女... 新作映画レビュー『ヒマラヤ 運... >>