ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

新作映画レビュー『ジョン・レノン、ニューヨーク』 またも出たジョンのドキュメンタリー、やはり面白い

ジョン・レノン、ニューヨーク

2010年/アメリカ

監督:マイケル・エプスタイン
出演:ジョン・レノン、ヨーコ・オノ、エルトン・ジョン
配給:ザジフィルムズ
公開:8月13日
劇場情報:東京都写真美術館ホールにて


1971年9月、ジョンとヨーコはイギリスを離れ、
ニューヨークに移住する。
ヨーコを非難するマスコミに嫌気が差してのことだった。
ニューヨークで2人は政治的な立場を鮮明にし、
メッセージ色が強いアルバムを発表していく。
しかしそれを脅威に感じたニクソン政権は、
2人を国外退去させようと画策。
やがてニクソンは再選され、挫折感がジョンを襲う。
そしてヨーコが別居を告げたことから、ジョンはひとりLAに移住。
荒れた生活を送ったジョンだが、1年後、ヨーコと再会し、
新たな第一歩を踏み出す。

ジョン・レノンを描いたドキュメンタリーや映画は、
ビートルズ時代のものを含めるといくつもあるが、
今回公開されるこの『ジョン・レノン、ニューヨーク』は、
その名の通り、ジョンがニューヨークに移住した
1971年9月からニューヨークで死去する1980年12月8日まで
9年間のニューヨーク時代(途中1年間のLA時代はあるが)
を追うドキュメンタリーだ。
コアなレノンファンには知っていることも多いだろうが、
やはり映像や未発表音源、
そして関係者たちの生の証言を聞いたり見たりすることは大きい。

今回、ちょっと驚いたのは、ビートルズ解散後、
絶好状態だったポールとの関係がいつ修復されたかわからないが、
LA時代に2人が話している2ショット写真があること。
それと、ジョンが仲間達といるパーティで、
ニクソン再選に落胆したあまりヨーコがいるのに、
そこにいた女の子を部屋に連れ込んでセックスしてしまう
話。
友人がヨーコに気をつかって、
ボブ・ディランのレコードを大きくかけた
(ジョンがそれを聴いて思い直すかもと思ったという)
というエピソードはおかしくも悲しい。
ボブの歌声もむなしく、ジョンは部屋から出てこなかった。
翌日、ジョンはヨーコに土下座してあやまったが、
その後、ヨーコとの別居時代が始まる。

あとは幼いショーンがビートルズの曲
(「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ〜」)を
ジョンに歌って聴かせる音源もいい。
ジョンが歌おうとするのだが、すっかり歌詞を忘れているのが
笑わせる。

公開中です。
[PR]
by mahaera | 2011-08-20 23:51 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 新作映画レビュー『シャンハイ』... 朝霧3日目 ここも雨 >>