ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

新作映画レビュー『とある飛行士への追憶』  『サマーウォーズ』のスタッフによるアニメ

とある飛行士への追憶

2011年/日本

監督:宍戸淳
声の出演:神木隆之介、竹富聖花、富澤たけし(サンドウィッチマン)、小野大輔
配給:東京テアトル
公開:10月1日よりテアトル新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷にて公開中


この手のアニメ。まったく疎いです。
なぜか、原稿を書く仕事が回ってきたが、ファンの方すいません(笑)
それでも、『サマーウォーズ』、『時をかける少女』は、
いい作品だったので、そのスタッフ、ということで、
今回は期待して出かけたのだった。

長い間、終わりの見えない中央海戦争を続けている
西方の神聖レヴァーム帝国と東方の帝政天ツ上。
その中、レヴァーム帝国の自治領の公爵の一人娘ファナが、
レヴァーム王子との結婚のため、本国へ極秘に渡ることになる。
護送するのは、たった一機の水上偵察機。
飛空士として選ばれたのは、両国人の混血の狩野シャルルだった。
たった二人だけの旅。
追っ手が迫ってくる中、二人の心が通い合い、やがて恋が芽生える。

原作は犬村小六のベストセラー小説『(らしい)
脚本は『サマーウォーズ』から『八月の蝉』まで
幅広い脚本を書いている奥寺佐渡子、
そして『時をかける少女』『サマーウォーズ』となど
高い水準のアニメを手がけているマッドハウスのアニメーション製作。

とたぶん、一流スタッフなのだろう。
舞台は君主が統治する架空の世界。
コンピュータ技術以降のテクノロジーはなく、
宮崎駿の映画にありそうな世界観の中で話は進んでいく。

主軸は次期皇妃と下層階級の飛空士との身分違いの恋を。
プロダクションノートでは、『ローマの休日』を意識したらしいが、
ふたりが出会うまでが、長すぎるんだよっ。

いろいろあって、ふたりの旅が始まるのが、
90分ぐらいの映画のうちの、半分近くたってから

それまで出てきたふたり以外のキャラは、
ふたりの旅が始まってからは、一切登場しないんだから、
前置きが長すぎる。
世界観を描くのはいいんだけど、もっと導入部を何とかして、
その分、ふたりの旅の部分に割り当てたらよかったのに。

あと、『ローマの休日』は、女性のほうが身分が高いけど、
男は、それを知ってあえて先回りして女性をリードしていた。
これだと、男は恋にウブで、まあ青春映画という感じなのだが、
男がなんとなく受身のほうが、いまはみんな共感できるのかなあ。
というわけで、ひまひとつでした。
(★★)
[PR]
by mahaera | 2011-10-09 00:15 | 映画のはなし | Comments(0)
<< バンコクからサメット島、そして... バンコクで雨降られ >>