「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

新作映画レビュー『ヤング≒アダルト』  大人になり切れない30代へ向けた、かなり痛いコメディ

ヤング≒アダルト

2011年/アメリカ

監督:ジェイソン・ライトマン
出演:シャーリーズ・セロン、パットン・オズワルド、パトリック・ウィルソン
配給:パラマウント
公開:2月25日より全国公開


ヤングアダルト小説のゴーストライターをしているメイビスは37歳。
ひとり暮らしの部屋で今日も二日酔いの朝を迎えた彼女。
そこに一通の見慣れないメールが来ている。
高校時代の元カレのバディからの、子供の誕生メールだった。
メイビスはバディと再びあの青春時代を取り戻そうと、故郷に戻る。
故郷でバディと再会したメイビスは、
彼がいまだに自分に好意を持っているとカン違いし、
やがてそれがトンでもない方向へ…。

『JUNO/ジュノ』の脚本家と監督である、
ディアブロ・コディとジェイソン・ライトマンが再びコンビを組んだ新作
『JUNO/ジュノ』は観ていないが、ライトマン監督の前作
『マイレージ、マイライフ』は、ユーモアとほろ苦さを交えた語り口で、
見ごたえある“大人のコメディ”だった。

シャーリーズ・セロン演じる主人公の女性は、37歳という微妙な年齢?だが、
いまだに大人になりきれないところがあるゴーストライターだ。
ゴーストライターといっても、本に自分の名前が載っているが、
ヒットシリーズの続編を書かされているだけで、自分の名前は誰も知らない。

笑いながらも人によっては少々“イタい”気持ちになるドラマだ。

高校時代は周りがうらやむほどの美しさと才能を持ち、
自分中心に物事が回っていた主人公。映画ではふつう主人公ではなく、
脇役として描かれるタイプだろう。ハンサムな彼氏がいて、
成績も悪くなく、劣等感なんてまるで持っていなかった。
まあ、クラスの女王的存在だ。
しかし退屈な田舎町を出て20年近くたてば、
現実との落差が彼女にも忍び寄ってくる。
田舎じゃ女王でも、都会じゃ「そこそこ」にしかならない。
そんな彼女が田舎町に戻れば、みな目の前の現実と折り合いをつけ、
なんだか幸せそうに暮らしている

イケイケだった元カレもマイホームパパで、子供にデレデレだ。
しかし自分中心に物事を考える主人公は、それを理解できない。

都会にいた時からそうだったのか、それとも大したことのない
現実に満足している、かつての友人たちを見てしまったからか。
ここから彼女の、カン違いの暴走が始まる。
描き方によっては、“イタい”人のシリアスドラマ、
サイコスリラーにもなりかねないところだ。

途中で、元カレの奥さんが地元で組んでいる女性バンドのライブ
がバーであるのだが、そのアマチュア感がものすごいリアルで、
(日本でもママさんバンドの発表会はこんな感じ)
先日見た、黒木瞳の『ウタヒメ』がいかに現実離れしていたかが相対化される。
あっちもリアルにしょぼ゛く演奏してほしかったなあ。

そして主人公、セロンはもう最後のほうはどんどん、イタい、
かわいそうな人になっていくのだが、
それまでまったく存在感のなかった脇役の女性が、
それまでの見た目とまったく違った人だったことがわかったりと、
とにかく、イタい笑いが続いていく。
このあたりは、今までの映画ではあんまり描かれなかったけど、
現実には「あるある」という感じだ。

そういえば僕の周りにも、かつては美人で仕事ができて、
理想が高く、婚期を逃してしまった女性たちがいたなあ。
もっともそれは女性には限らないんだろうけど。

(★★★☆)
[PR]
by mahaera | 2012-02-23 18:27 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 新作映画レビュー『ピナ・バウシ... 新作映画レビュー『おとなのけん... >>