ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

新作映画レビュー『ピープルVSジョージ・ルーカス』 作品とはいったい誰のものなのか。

ピープルVSジョージ・ルーカス

2010年/アメリカ、イギリス

監督:アレクサンドレ・オー・フィリップ
出演:ゲイリー・カーツ、ニール・ゲイマン、デイヴ・プラウズ
配給:ファインフィルムズ
公開:シネクイントにてレイトショー上映中


これもすでに公開中でした。
『スターウォーズEP1』の3D公開にあわせた上映だったのか。

なぜ『スター・ウォーズ』は社会現象にまでなったのか。
その答えのひとつがこのドキュメンタリーにある。
ジョージ・ルーカスが生み出した『スター・ウォーズ』は
単なるヒット作品というワクを超え、世界中の多くの人々に
「世界観を共有する」という現象を作り出した。
本作はその世界中のファン、とりわけ旧3部作の支持者たちのコメントや
ファンが作った映像などを交え、
彼らのルーカスに対する複雑な愛憎関係を映し出す。

いかに熱狂的なファンが生まれ、その世界に浸りこむようになったか。
そして失望からルーカスを憎む者まで現れたか。
確かに昔からのファンからすれば、新3部作は酷いものだったかもしれない。
旧3部作に手を加えた「特別編」はファンへの冒涜だったのかもしれない。
しかし新3部作で育った新しいファンもいるし、
それを支持している人たちもいるわけだから、
出来不出来だけではないだろう。
旧3部作だってイウォークの登場シーンが大嫌いな人も少なくないのだから。
僕も『ジェダイの帰還』のショボさには、当時がっかりした記憶がある
このドキュメンタリーでは、すでに皆が共有するようになった
『スター・ウォーズ』の世界観はファンにとってゆるぎないものであり、
その改変は作者本人の手によるものであっても許されないものであった。
まるで「聖書」や「コーラン」を改変するほどの騒ぎなのだ。
しかしそんなファンのおろかさを笑いながら見ているうち、
やがてそこに「作品は誰のものなのか」という
大きなテーマが浮かび上がってくるのだ。
それは映画に限らず、ファンがいる「作品」なら、すべてに
共通することだろう。
音楽なんか、常に「昔の方がよかった」という声にさらされているしね。

(★★★)
[PR]
by mahaera | 2012-03-23 22:08 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 海外旅行講座「がけっぷち欧州講... 新作映画レビュー『アリラン』 ... >>