「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

新作映画レビュー『マリリン7日間の恋』 ひとりの青年から見たマリリンの素顔を描く

マリリン7日間の恋

2011年/アメリカ、イギリス

監督:サイモン・カーティス
出演:ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、ジュディ・デンチ、エマ・ワトソン、ドミニク・クーパー
配給:角川映画
公開:角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ホカニテ公開中

これもうかうかしていたらレビューを書く前に公開中になっていた。
ということであわててのせます。

エルビスと並ぶアメリカン・ポップカルチャーの
巨大なアイコン
がマリリンだが、
映画で見せる「オツムは少し弱いけどセクシーで気立てのいいブロンド娘
というパブリックイメージと、実際のマリリンはかなり違っていたことは、
今では周知の事実だ。
スターではあるが演技に自信がなく、
常に誰か頼れる人がいないと精神的に不安定なマリリン。
感情の起伏が激しく、睡眠薬や精神安定剤に頼り、
精神が不安定ながら、それを補う魅力があり、
うまくはまったときは、誰にも負けない演技力を発揮する。
名作『お熱いのがお好き』の撮影が苦労の連続だったことは
たしか監督のワイルダーのインタビューで呼んだことがある。
そんなマリリンの素顔を書き残したのは、
本作の主人公であるコリン・クラーク
彼の回顧録に記された実話が、この映画の原作になっている。

1956年、新作映画『王子と踊り子』の撮影のために
、マリリン・モンローがイギリスにやってきた。
監督&共演は名優ローレンス・オリヴィエ。
撮影が始まるが、精神が不安定なマリリンはたびたび遅刻し、
オリヴィエらの反感を買う。孤立するマリリンが現場で心を許すのは、
この映画の第3助監督コリンだけだった。
上流階級の子弟で映画界に飛び込んできばかりの
23歳の青年コリンを、マリリンは何かと指名するようになる。
やがてコリンはマリリンに恋心を抱くようになる。

オールド映画ファンなら、マリリンだけでなく、
実名で登場する有名人たちの素顔も興味深いだろう。
『ブルー・バレンタイン』のミシェル・ウィリアムズがマリリンを演じている。
ミシェル・ウィリアムズのマリリンが実はそんなに似ていないのだが、
それは映画を見ているうちに気にならなくなる。
(よく見るとメリル・ストリープとサッチャーは似ていないが気にならないのと一緒)
これはこれで、こういうマリリンがいたと素直に楽しめるし、
ちゃんと魅力的に描かれているので、似ていなくてもおーけーだ。
ケネス・ブラナー演じるローレンス・オリヴィエのキャラは、
たぶんこうだたんだろうなあ、と思え、かなり笑え、
アカデミー助演男優賞にノミネートされたのも納得。

ハリー・ポッターシリーズのエマ・ワトソンが
脇役で出ているのも気になった。

(★★★)
[PR]
by mahaera | 2012-03-31 10:20 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 来日中のヒメナ・サリニャーナに... 忙しいはいいことだ。明日はヒメ... >>