「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

新作映画レビュー『スーパー・チューズデー 正義を売った日』 G・クルーニー監督・出演の政治ドラマ

スーパー・チューズデー 正義を売った日

2011年/アメリカ

監督:ジョージ・クルーニー
出演:ライアン・ゴズリング、 ジョージ・クルーニー、フィリップ・シーモア・ホフマン、ポール・ジアマッティ、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド
配給:松竹
公開:丸の内ルーブルほかにて公開中


ジョージ・クルーニーって僕と同じ歳のはず。
最初から落ち着いていたというか、老けていたので、
加齢はあまり気にならないが、若さで売っていたわけじゃないので、
今後も脇役としても存在感を出すのだろうなあ。
監督としてもリベラルで質の高い作品を発表しているが、
本作はすでにそのクルーニーの監督第4作目

大統領を目指し民主党予備選に出馬したモリス州知事(クルーニー)。
彼を支えるのは、キャンペーンマネージャーのポール(ホフマン)と、
若き広報官のスティーヴン(ライアン・ゴズリング)。
モリスはライバルのプルマン議員をわずかにリードし、
両候補はオハイオ州予備選で雌雄を決する。
共和党に有力な候補者がいないので、これでほぼ次期大統領が決まる。
激務をこなすスティーヴンのもとへ、プルマン陣営の選挙参謀から密会の打診が。
同じ頃、スティーヴンは選挙スタッフの女性と親密な関係になる。
やがてこれらの出来事が、スティーヴンの未来を変えていく…。

大統領予備選の大勢が決まる、“スーパーチューズデー”を前に、
そのスタッフの駆け引きを描く、政治サスペンスが本作だ。
監督も兼ねるクルーニーは大統領候補の知事役で、
主人公はその予備選を支える若い上昇志向の強い広報官。
『ラースと、その彼女』『ブルーバレンタイン』など、
それまで通好みの作品に多く主演していたライアン・ゴズリングが、
今までとはまた異なったタイプの役を演じている。
(同時期公開の『ドライブ』はアクションだし)

政治の駆け引きを描くドラマなので、派手さはないが、
そこには愛と憎しみ、信頼と裏切りが渦巻き、
なかなか楽しめる。主人公がスターではないので
おもいっきり地味にならないように脇をクルーニーの人脈を生かした、
名優たちが固めているのも見もの。

政界を批判した、クルーニーの会心作だが、
ちょっとこじんまりしすぎてしまったかな。
あと、展開も調子よすぎな気が。

(★★★)
[PR]
by mahaera | 2012-04-04 09:16 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 最新映画レビュー『ウルトラマン... 最新映画レビュー『テイク・シェ... >>