ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

ザ・バーズ オリジナルアルバム全11セット新品が送料込みで2995円! 安くてマッギンに申し訳ない。

映画評ばかり書いていてCD評をたまにしか書かないのは、
仕事として書いていないので、書く習慣がないだけで、
CD自体は毎日日常的に聴いている。ただ新作を買うのは稀で、
とくに今年はほとんど買っていないなあ。

たまにはおすすめをということで、今回はこれをおすすめします!

The Complete Columbia Albums Collection [Box set, CD, Limited Edition, Import, from US]

b0177242_100679.jpg


ザ・バーズThe Byrds、今までもそれなりに聴いていましたが、
きちんと全作品を聴くことがなかった(とくに後期)ので、
こうして米コロムビア時代の全オリジナルアルバム
まとめて聴けるのはなかなかいいチャンスです。

このボックスセットは、『ミスター・タンブリンマン』から
最終作『ファーザー・ロング』までの全11作品がすべて紙ジャケ、
ボーナストラック付きの現行リマスター音源で収録。

しかもも名盤『ロデオの恋人』は未発表音源付きの2枚組
レガシー・エディション

『名前のないアルバム』はもともと2枚組だったのをCD1枚にまとめ、
さらにもう1枚ボーナスCDが付いた2枚組なので、
CDの枚数からいうと13枚になる。かなりの聴き応えだ。

僕はすでに何枚かCDを持っていたのだが、
買ったのが90年代だったのでリマスター前、ボーナストラックなし
なので、ダブって損をした感じはない。
そして、値段が安すぎる!
Amazonの日本で買うと4900円なのだが、同じものを英国から買うと、
2615円+送料340円、2995円で買える。

1枚あたり新品が230円とは、ロジャー・マッギンも悲しいだろうか

こちらに同じものの値段の一覧がある。
しかし、中身が一緒なのに、値段が倍近く違うとは。
僕はavatarmusicというところで買ったのだが、梱包もまったく問題なく、
1週間ほどで届いた。日本語の注意書きが入っていたので、
日本からの注文も多いのだろう。海外からCD買うのは、若い人は慣れている
と思うが、僕は初めてなので、その迅速さに驚いた。

さて、内容だが、もったいないので、まだ全部は聴いていない(笑)
『ミスター・タンブリン』は聴き直すと、やはりいい曲がそろっていると思う。
演奏はマッギン以外は誰もしておらず、西海岸の名うてのミュージシャン
によるもの
。ドラムは名手ハル・ブレインで、的確な歌伴リズムだ。
2作目『ターン、ターン、ターン』からはバンドメンバーが演奏している。
しかし初期の4枚のサウンドは、ビートルズ以上に
日本のGSに影響を与えていたことがわかる。
ベンチャーズとバーズは、日本のロック史でもっと語られていい。
[PR]
by mahaera | 2012-07-02 10:26 | 音楽CD、ライブ、映画紹介 | Comments(0)
<< これからダッカに行って来ます。... 最新映画レビュー『だれもがクジ... >>