「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

新作映画レビュー『アベンジャーズ』マーベルコミックのヒーローたちが大集合。日本ではどうかな

アベンジャーズ

2012年/アメリカ

監督:ジョス・ウェドン
出演:ロバート・ダウニーJr.、クリス・エヴァンス、マーク・ラファロ、クリス・ヘムズワース、スカーレット・ヨハンソン、サミュエル・L・ジャクソン
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
公開:8月17日より全国にて


それまで『スパイダーマン』などの単発ヒットはあったものの
『ハルク』の失敗などがあったマーベルヒーローもの。
ところが、『アイアンマン』がまさかの大ヒットをしたため、
マ-ペルヒーローたちが集結する“アベンジャーズ・プロジェクト”
が始まった。
『アイアンマン2』『インクレディブル・ハルク』『マイティ・ソー』
『キャプテン・アメリカ』
は、本作のための前日談(プリクエル)に
過ぎなかったということだ。こうして、どの作品の最後にも必ず
サミュエル・L・ジャクソンが登場し、期待をあおることになる。

シールドの基地に突然アスガルドを追放されたロキが現れ、
無限のパワーを持つという四次元キューブを奪い去る。
世界滅亡の危機が迫る中、長官ニック・フューリーは
ヒーローたちを集め、“アベンジャーズ”を結成、ロキと戦う決断をする。
永い眠りから覚めた“キャプテン・アメリカ”ことスティーブ・ロジャース、
“アイアンマン”ことトニー・スターク、怒るとハルクに変身するバナー博士、
雷神ソーたちが集まった。

見ものは何といってもヒーローたちが一同に介し、同じ画面で見られること。
これ、冷静に見ると、コスプレした大人たち、よくやっているなと
いう感じだが、いままでのシリーズをすべて観ていた(お布施ですね)
僕のようなものにとっては、ジミー・ペイジとジェフ・ベックが、
あるいはボブ・ディランとポール・マッカートニーが競演するような
楽しさ。こうなりゃ、もう演目は何でもいいって感じ。
最初はいがみ合っていたヒーローたちが、最後には一致団結し
敵と戦うのはお約束だが、やはり実際にそれが見られると抜群に面白い。
ハルクことバナー博士役大人の事情でエドワード・ノートンではなく、
マーク・ラファロ(『キッズ・オールライト』の人)になってしまったが、
意外に好演。ノートンだと、ちょっとロバート・ダウニーJr.と被ってしまうので
ちょうどよかったかも。
各ヒーローの活躍時間配分はほぼ均等(笑)なので、
今までの作品で登場シーンが少なかったブラック・ウイドウ、ホークアイ
活躍シーンもたっぷり見られる。
今回、おいしいのはやっぱりハルクでしょ
「うがーっ」と暴れまくり、周囲のことまったく考えてない。
ハルクがロキをしばくシーンは場内爆笑。

ただアメリカのコミックヒーローって、SF入ると悪役の造形がいまひとつで、
どの映画もみんな同じ。
今回も、敵役がロキをのぞき、ショッカーの戦闘員のように、その他大勢
最後のニューヨーク市街戦の見た目は、
ほとんど『トランスフォーマー3』と変わらなかった。
せっかく、途中まで面白かったのにねえ。
怪獣もせっかくなんだから、もっと個性的なの出してよって感じ。
いくら戦闘員をたくさん倒しても、幹部クラスのキャラがロキ
だけじゃねえ。(しかもソーの弟だし)

まあ、でも早く次を見せろって感じだけど、本作の大ヒットで、
出演者のギャラも大いに上がり、『Xメン』シリーズのように
作りにくくなってしまうんだろうなあ。

(★★★☆)
[PR]
by mahaera | 2012-08-11 10:56 | 映画のはなし | Comments(0)
<< ビートルズのレコーディングエン... ビートルズのレコーディングエン... >>