ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

最新映画レビュー『ホビット 思いがけない冒険 』『ロード・オブ・ザ・リング』のプリクエル

ホビット 思いがけない冒険

2012年/アメリカ

監督:ピーター・ジャクソン
出演:イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ、ケイト・ブランシェット、イアン・ホルム
配給:ワーナー・ブラザース映画
公開:公開中


これ、実は公開前に試写で見ていたんだが、
バタバタしていてここで紹介するのを忘れていた。
もう、『LOTR』ファンなら、すでに観ていると思うが、
絶対見るべき正月映画だ。
これは今さらここで解説してもしょうがないが、
トールキンが「指輪物語」の前に書いた
「ホビットの冒険」を原作に、三部作として映画化
『ロード・オブ・ザ・リング』のスタッフとキャストが再び結集
本作はその第1部で、今後、1年1作のペースで
残りの2作が公開される予定だ。

甥のフロドが旅に出ることになる60年前、
若きビルボ・バギンズは袋小路屋敷で平和に暮らしていた。
しかしある日、魔法使いのガンダルフがビルボの前に現れて、
彼の生活は一変する。突然やって来た13人のドワーフたち。
それを率いるのはドワーフの王トーリンで、
彼の目的はかつてスマウグという竜によって奪われてしまった
ドワーフの王国エレボールの奪還だった。
こうしてビルボとガンダルフ、ドワーフたち
による冒険の旅が始まる。

ピーター・ジャクソンが監督を続投しているように、
美術、音楽、キャラクターなど、世界観は丁寧に
『ロード・オブ・ザ・リング』と合わせられており、
もうひとつの『ロード・オブ・ザ・リング』を
観ているといっても過言ではない。
随所に、前シリーズを観た観客への目配せがあり、
3時間近い長さも忘れるほどの、濃密な時間がここにはある。

ドワーフたちとホビットということで、
いささかお子様向きを想像して期待薄だったのだが
(タイトルもねえ)
いやー、いいほうに裏切ってくれた
ほぼ『ロード・オブ・ザ・リング』といっていいだろう。
あの物語の60年前という設定だが、長生きする
キャラ(エルフとか魔法使いとか)は登場。
まさか再び、ガラドリエルとかサルマンに会えるとは。
そしてゴラム。まだ指輪の力で元気です。
ビルボとゴラムとの出会いがたっぷり描かれ、
あの指輪も登場。
たっぷり3時間の作品だけど、もう満足の一言。
いや、いい作品はあるけれど、これだけ楽しめるのは
なかなかないと思うのだが。
ということで
★★★★
[PR]
by mahaera | 2012-12-28 11:17 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 2013年、明けましておめでと... 新作映画レビュー『サイド・バイ... >>