「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

忘れていた映画レビュー『世界でひとつだけのプレイブック』『シャドー・ダンサー』『ザ・マスター』

観た映画はなるべく、仕事で紹介していないものでも
なるべくブログにもあげるようにしているのたが、
忘れているうちに、いつのまにか劇場公開がすんで
しまっているものもある。
ちゃんとレビュー書くのはおっくうだし、時間もかかるので、
つい先送りしてしまっているのだが、
ここではそんな書きそびれてしまった作品を、
短く紹介したい。

●『世界でひとつだけのプレイブック』 (1月15日)
アカデミー賞の俳優部門(主演・助演・男優・女優)すべてに
ノミネートされたコメディで、俳優たちが生き生きと
演技しているが、ストーリーというか、映画そのものに
もっと魅力があったらと残念。妻の浮気相手を半殺しにして
精神病院から退院した男が、やはり精神の問題を抱えている
女性とダンスコンテストに出場。いろいろあって恋仲になる
という話だが、これをコメディに料理してしまうのは
日本じゃ難しいだろうなあ。ダンスに使われる音楽が、
ボブ・ディランの『北国の少女』しかも
「ナッシュビル・スカイライン」収録のほうというのにも
驚いてニヤリ。アカデミー主演女優賞を受賞した
ジェニファー・ローレンスはやはり光っていた。
(★★★)

●『シャドー・ダンサー』(1月21日)
息子と引き離すと脅され、英国情報保安局のスパイとなった
IRA活動家のシングルマザー。家族ぐるみでIRAの破壊活動を
しているが、正体がバレたら消されてしまう。
ハラハラのサスペンスだが、アクションスパイ映画ではなく、
淡々とスパイとなった女性の、日常を追う。
途中でもうひとりスパイがいることがわかるのだが、
そこで組織の非常性がくっきりと現れてくるしかけ。
英国らしい、派手さのない地味な作品で、
それはそれで悪くないと思うのだが、やりきれなさが残る。
(★★☆)

●『ザ・マスター』(2月22日)
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』の
ポール・トーマス・アンダーソン監督。
もはや巨匠の風格さえある彼の作品だが、
本作ではサイエントロジーの創始者とその教団がモデルと
なっていると話題になった。
とはいえ、本作ではその教義はあいまいでそれほどハッキリとは
描かれておらず、話の中心なるのは、人間関係。
戦争の後遺症で、自分の感情が高ぶると抑えきれなくなってしまう
ホアキン・フェニックスが主人公。
大の大人だがセックスのことばかり考えているような
中学生のようでもある。その彼が、なぜか教団の指導者である
フィリプ・シーモア・ホフマンに気に入られて、
その家族の中に入り込んで行くのだが、
回りに疎まれて、出て行くハメになる。
海外では絶賛らしいが、これといって感情移入するところがなく、
僕は最後まで部外者のようだった。
フェニックスはもともとうまい俳優だが、
本作は今までの彼の中でも、最高レベルのいい演技。
しかし最初のシーンで戦時休暇中のホアキンが、
ビーチで仲間の作った砂の女性とファックする。
途中いろいろあり、教団から抜けたホアキンが、
どこかのホテルで生身の女性とファックして、
「あー抜けちゃったよ」というセリフで終わる、
何だか良くわからない映画でもある。
宗教よりもセックスか? 男性、または大人になったっとことか。
(★★☆)
[PR]
by mahaera | 2013-04-29 11:17 | 映画のはなし | Comments(0)
<< GW中はどう過ごしたか DVDで観た最近の映画2013... >>