ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

最新映画レビュー『エンド・オブ・ホワイトハウス』 キャラ設定に目新しさはないがそれなりに楽しめる

エンド・オブ・ホワイトハウス

2013年/アメリカ

監督:アントン・フークア
出演:ジェラルド・バトラー、モーガン・フリーマン、アーロン・エッカート、アンジェラ・バセット、メリッサ・レオ
配給:アスミック・エース
公開:6月8日より全国で公開中


これも書こうと思っているうちに公開中になってしまった。
全米ではスマッシュヒットになった作品で、
作品の内容が一言で言えるのが強みだ。
ホワイトハウス版“ダイ・ハード”
あるいは、テロリストに占拠されたホワイトハウスで
たったひとりの男が立ち向かう

これ以上でも以下でもない。

ストーリーはこんな感じ。
主人公は、大統領付きのシークレットサービスの
リーダーであるマイク・バニング。
事故の際に大統領の妻を救えなかったことから、
今は現場を離れる身となっていた。
独立記念日の翌日、ワシントン上空に一機の輸送機が現れる。
それがホワイトハウスへのテロ攻撃の始まりだった。
韓国首相の訪問中、たった13分でホワイトハウスは
テロリストに占拠されるが、バニングはどさくさにまぎれて
何とかその中に侵入。警護員は全員死亡し、
バニングのたったひとりの戦いが始まる。

大統領が人質になるという映画はいくつかあるが、
その救出がメインストーリーで、
しかもホワイトハウスが舞台というのは珍しい。
と思っていたら、8月にソニー・ピクチャーズの
『ホワイトハウス・ダウン』が公開される
らしい。
しかもそちらは、『インデペンデス・デイ』の
エメリッヒ監督の大作なので、もしかして本作はそれに先立つ
便乗映画か、と今では思えてしまう。
話も「テロリストがホワイトハウスを占拠」と同じだし。。。。

さて本作は、ホワイトハウスが占拠されるまでの13分間を、
実際にシュミレーションしたかのような激しい銃撃戦が、
かなりの迫力。これが最大の見せ場といっていい。
ここは、きっと映画の半分ぐらいの力を投入したと思う。
アントン・フークア 監督は一流ではないものの、
手堅くアクションをまとめるのはうまく、
以下の流れも余談なく進むのだが、最大の欠点は、
キャラクター造型がすべてすでに見たことがあること。
「ある事故がきっかけで失職しているが、腕は超一流。
そして復帰を狙っているが、心に傷を負っている男」

まあ、アクション映画の定番の主人公ですね。
子供には慕われて(子供に慕われる人間に悪人はいない)、
愛する人もいて、部下の信頼も厚い。
演ずるジェラルド・バトラーは、『300』のレオニダス王なのでマッチョです。
人質に取られる大統領は、アーロン・エッカート。
この人。とうとう大統領役にまでなったのね、ナイスガイだが、
事故で妻を失ったことで、バトラーを遠ざけている。

名指ししてはいないが、テロリストの要求は、
日本海からの第七艦隊の撤退と38度線からの米軍の撤収。
現在の日本にとっても他人ごとではないが、
もはやアラブのテロリストは月並みなので、
今後は仮想敵国は、北朝鮮、という映画が作られるのだろう。
しかし、北朝鮮にこんな特殊部隊がいたとしても、
そこまで強いか? と役不足な気がするが。。。

で、仲間はすべて死に、敵だらけの建物の中で主人公が
孤立無援ながら超人的な攻撃能力で敵をひとりひとり倒していく。
これが強すぎ。ひとりで20人ぐらい倒しちゃうのだから。
やられ役のシークレットサービスの人がかわいそうだ。
で、以降はほとんど『ダイ・ハード』の第一作
裏切り者がいたり、人質を処刑する残忍さを見せたり、
敵のボスはあっさり仲間を見捨てたり、
まあ、お約束の展開ながら、まあこの手の映画はそういうもので、
あまり頭を使わせずに、みなさん楽しませて、
愛国心を高めましょう、という感じだ。
それにいくら目くじら立てても、野暮でしょう。
しかし北朝鮮、どうするつもりだったんだろう。
アメリカを道連れに、自滅するつもりだったのか。

それと、モーガン・フリーマン扮する議会の議長。
最初に大統領と対立するシーンがあって。
この人が黒幕かなあと思っていたら、
ただのいい人でした。

まあ、日本では同時期公開の『G.I.ジョー2』でも、
コブラに占拠されていたし、
ホワイト・ハウスは、今年は厄年なんでしょうかね。

(★★★)
[PR]
by mahaera | 2013-06-14 11:46 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 最新映画レビュー『ローマでアモ... 最新映画レビュー『殺人の告白』... >>