「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

最新映画レビュー『ハングオーバー!!! 最後の反省会』シリーズ最終回。理由はそろそろネタ切れだからかも

ハングオーバー!!! 最後の反省会

2013年/アメリカ

監督:トッド・フィリップス
出演:ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィアナキス、ケン・チョン、ジョン・グッドマン
配給:ワーナー・ブラザース映画
公開:6月28日より全国


ああ、もう3作めで完結編なのね。
『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』から始まった
このシリーズもついに完結編か。
それほど熱を入れてみたシリーズではなかったが、
振り返ってみると、試写に欠かさず行っていたことになる
やっぱり好きだったのかなあと。
さて、キャッチコピー「もう、しません」は
本作の後の話で、映画の中では相変わらず弾けている
レギュラー出演者たちだ。

ストーリーはこんな感じ。
タイの刑務所に収監されていた中国人マフィアの
ミスター・チャウが脱獄に成功。
一方、ロサンゼルスでは問題児アランの行動がエスカレート。
ついにはアランの父親がショック死してしまう(笑えないよねえ)
それでアランの義兄でもあるダグ(いつも損な役回りの人)に
相談されたフィル(無駄にイケメン)とスチュ(歯医者)は、
アランをリハビリ施設へ送ることに。
しかしその途中でギャングに襲われ、
ダグを拉致されてしまう(またまた不運な役回り)。
ダグを帰してもらう条件は、
ギャングのボスのマーシャルから金を奪った
チャウの居所を探すことだった。。。

今回はアランに送られて来たメールを頼りに、
チャウを探す3人の冒険談で、
今までと大きく違うのは、それが“記憶あり”だということ。
そして、今回はなんとアランが成長する。
冒頭、キリンをペットとして買い、車に乗せて
ハイウェイを走るアラン
。予想通り大事故に
(ああ、ブラックで笑えない)
そんなアランがビリー・ジョエルのファンという
女性に恋をする(ビリー・ジョエルってそんな扱い?)
そして犯罪者として、どこまで頭が切れるのか
抜けているのかまったくわからない
ミスター・チャウ。
今回はフィルとスチュの主役たちをしのぐ活躍ぶり。
こうしたシリーズって、途中からどんどん脇役の出番が多くなり、
最後のほうって、主役の影が薄くなっていくのは定番。
今回はフィルの存在感なしで、
おもにチャウとアランが物語を引っ張っていっているのだ。
(酒が入っていないから?)
それはそれで楽しめるのだが、やはりこの設定で毎度というのは、
そろそろネタ切れなんだろうなあ。

あとはフィル役のブラッドリー・クーパーのギャラがアップ
という大人の事情
もあるのかもしれない。
ならば、ミスターチャウとアランで、スピンオフ
作ってくれてもいいかもしれない。
というか、それで話は成立しそうだ。

ということで可もなく不可もなく
★★★
[PR]
by mahaera | 2013-06-29 01:00 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 最新映画レビュー『ワイルド・ス... 最新映画レビュー『アフター・ア... >>