「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

最新映画レビュー『ワイルド・スピード EURO MISSION 』シリーズ第6弾は、ほとんど「トリプルX」(笑)

ワイルド・スピード EURO MISSION

2013年/アメリカ

監督:ジャスティン・リン
出演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲス
配給:東宝東和
公開:7月6日より全国公開中


b0177242_12265532.jpg


このシリーズ、実は第1作目しか見ていなかったので、
いつのまか、こんなにスケールアップしたのかと驚いた。
アメリカではすでに200億円超えの大ヒット。
そしてシリーズはまだまだ続きそうだ。

強盗団の元リーダーのドミニク(ヴィン・ディーゼル)、
そして元FBI捜査官のブライアン(ポール・ウォーカー)。
ブライアンとドミニクの妹ミアの間に子供も生まれ、
前作で大金を手に入れた彼らは、
南の島で平穏な日々を送っていた。
そこへ特別捜査官ホブス(ドウェイン・ジョンソン)がやってくる。
世界各地で起きている軍用部品の強奪事件の首謀者、
ショウの追跡をドミニクに依頼するためだ。
「なんでオレが」
断るドミニクにホブスは1枚の写真を見せる。
それは死んだはずのドミニクの元恋人レティ(ミシェル・ロドリゲス)が
一味に加わっている写真だった…。

たかが、暴走族映画、と思って甘く見ていたら、
このシリーズは次々に新作が興行成績を伸ばし、
6作目となる本作も2週連続全米興収1位と大ヒット。
今やこのシリーズはユニバーサル映画のドル箱らしい。
で、ヒットして予算も上がり、内容もスケールアップ。
とうとう今回の相手は、国際的な犯罪組織になってしまった(笑)。
いやー、ストリートレースから始まった第1作から考えれば、
町の兄ちゃんがジェームズ・ボンドに出世したようなもの。
あ、それは「トリプルX」か(笑)

キャストも過去作からの主要キャストが大集合。
死んだはずのレティが生きていたというのも、
ありがちな展開だし、大人の事情もあるんだろう。
スケールアップしているが、プロの諜報員ではないので、
見せ場は打ち合いではなくて、やはり、“走り”
公道を走る戦車とのバトル、
そして滑走路を走る飛行機との競争だ。
もう、「ありえねー」という感じだが、
最後の滑走路、いったい何キロあるの?と時空間無視
このシリーズにはどんどん、破天荒で無茶苦茶にやって欲しいものだ。

個人的には、インドネシア映画「ザ・レイド」の隊長役の人
敵チームで出ていたり、
ドウェイン・ジョンソン演じるホブスの役柄が、
『G.I.ジョー バック2リベンジ』とまったく変わらなかったり、
「そこで倒せよ」というような突っ込み所満載だったり、
がツボでした。

で、エンディング終わってから、シリーズものの定番の
「次回、予告」みたいなの。
今回は3作目の「TOKYO DRIFT」につながり、
「えーっ」という引っぱり。
×××登場。

先週テレビで「TOKYO DRIFT」やったので、見たら、
もう見事につながってましたね。
まるで、「TOKYO DRIFT」を本作の後に撮ったように。

まるで浦沢直樹のマンガのような引きに、次が見たくなった。
お気楽に映画を観たいときに。何も残らないけど、それでいい。

(★★★)
[PR]
by mahaera | 2013-07-08 12:28 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 最新映画レビュー『囚われ人 パ... 最新映画レビュー『ハングオーバ... >>