ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

最新映画レビュー『パシフィック・リム 』みんなが言う通り、怪獣と巨大ロボの直球勝負で何が悪い!

パシフィック・リム
Paciffic Rim
2013年/アメリカ

監督:ギレルモ・デル・トロ
出演:チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊池凛子、ロン・パールマン
配給:ワーナー・プラザース映画
公開:8月9日より全国


人が乗って操縦する巨大ロボットは、
かつてマジンガーZやガンダムを実写で見たかった子供の夢
KAIJU(怪獣)はCGだが、何となく着ぐるみ感も残している
巨費を費やした大作だが、そのマインドは「ゴジラ×メカゴジラ」。
オリジナルは日本のポップカルチャーだが、
影響を受けて育ったのは、日本の子供だけに限らなかった。
このハリウッド映画の監督を務めているギレルモ・デル・トロは、
怪獣映画と巨大ロボアニメに、多大な影響を受けて育った。
メキシコで育ったデル・トロが少年時代に見ていたのは、
ウルトラマンやセブン、そしてゴジラやガメラ。
本作のラストクレジットに
「この映画をハリー・ハウゼンと本多猪四郎に捧ぐ」
の文字が出る。そして本作のロボには、デル・トロが好きだと言う
鉄人28号」の雰囲気がある。

ストーリーはこんな感じだ。
2013年8月、太平洋の深海の裂け目から突如KAIJUが現れ、
3つの都市を破壊した。人類は次々に現れるKAIJUに対抗するため、
人型巨大兵器「イェーガー」を開発する。
イェーガーは、2人のパイロットの心がシンクロしたときに
その能力を発揮する巨大ロボットだ。脳や神経に直結して
操縦するため、ひとりだと負担が大きすぎるのだ。
そして、アラスカにKaijuが現れる。

ここまでの世界観は冒頭のナレーションで5分で簡単に片付けられ、
早々とKAIJUと巨大ロボが戦う世界へと映画は私たちを誘う。

そして物語はかここから始まる。
2025年、かつてKAIJUとの戦いで兄を失ったローリーは、
最後の決戦のパイロットとして呼び出される。
香港の基地に着いたローリーは、日本人研究者のマコ・モリと
コンビを組み戦線に復帰するが、2体のKAIJUが街に迫っていた…。

主人公はローリーだが、本作はなんといっても脇キャラがいい。
とくに司令官のペントコストの説教は絶品だ
パイロット復帰に躊躇するローリーに
お前は人類滅亡のときに工事現場で死にたいか?
それともイェーガーの操縦席で死にたいか?」

と言われたら、NOとは言えないでしょう。
最後の決戦のときは、皆を奮い立たせるスピーチをし、
自らが率先してイェーガーに乗り込むという、
まさに司令官の鑑
。子供時代のマコ・モリの前に
登場するシーンは格好良すぎ。

さて、本作はどこを切っても直球勝負の
“正統派”怪獣映画で、
キャラやそのバックストーリーに新味はない。
というより、今まで特撮映画に親しんで来た者にとっては
既視感すらある。が、それはそれでいい。
肉親の死というトラウマを抱えた男女がパイロットという
のもあり。何で2人で操縦しなきゃならないのという
突っ込みもありだろう。でもそのほうが面白いし、
パイロットのひとりは絶対女子という日本映画の
伝統も受け継いでいるし、主人公に嫌がらせする
他のパイロットが改心するのもいい。
何か変にリアリティを追求して、暗くなってしまった
ノーラン系ヒーローものより、バカらしくても
こっちのほうが面白いんだから。
だって、冷静に考えたら、ロボット作って、
しかも人が乗り込む必要なんてない

でも見たいでしょ。

菊池凛子、いろいろ批判あるだろうけど、
けっこうがんばっていると思う。
もともと演技力があるほうじゃないけど、
「機龍」の釈由美子の流れとしてはいい。

あと、余計な政治家とか、政府の黒幕とか
出て来ないのも○。
ただし、欠点もある。それは怪獣愛が足りないというか、
怪獣に「個性」がないこと。
そして、いくらロボが主役だからといって、
怪獣の見せ場が欲しかった。
ロボありきで、その前に怪獣の破壊シーンを
ちゃんと見せるとか、怪獣の全身やアップを
きちんと見せて欲しかったのは僕だけか?

ともあれ、北米では制作費を回収できそうもない
スマッシュヒットなんで、日本でのヒットを期待したい。
そして、同じ制作会社が来年公開する
「GOZILLA」も期待できそうだ

★★★☆
[PR]
by mahaera | 2013-07-31 02:47 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 近況です。明日からインドネシア... 最新映画レビュー『マジック・マ... >>