ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

新作映画レビュー『マン・オブ・スティール』ハイスピードが売りのノーラン版だが、アクションは食傷気味

マン・オブ・スティール
2013年/アメリカ

監督:ザック・スナイダー
出演:ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケビン・コスナー、ダイアン・レイン、ラッセル・クロウ
配給:ワーナー・ブラザース映画
公開:8月30日より新宿ピカデリー他


世界各国で初登場1位を記録した本作は、
アクションに次ぐアクション、まさにクライマックスの連続だ。
観客がすでに知っている幼少時代の話は
回想シーンにして、映画の前半からスーパーマンが活躍する
などダレさせない工夫も見られる。
すでに成人しているスーパーマンが、過去を回想するのだ。

地球から遠く離れた惑星クリプトン。
高度な文明を誇っていたが、滅びの日を予期し、
科学者のジョー=エルは生まれたばかりの息子カルに
未来を託して地球へと送り出すが、
直後に反乱を起こしたゾッド将軍により命を落としてしまう。
カルは農場を営んでいるケント夫妻に
クラークと名付けられて育てられるが、
驚異的な力を持つ自分に悩むようになる。
やがて青年となったクラークは、
北極の氷下に埋まっていたクリプトンの宇宙船を見つけ、
そこで自分の出生の秘密と使命を知ることに。
しかし、その結果、ゾッド将軍たちを
地球に呼び寄せてしまうことになる。

これまでに幾度となく映画化されてきた“スーパーマン”。
しかしその再映画化の道のりは長い間難航していた。
それを今回実現させたのがクリストファー・ノーラン
今回、ノーランは製作と脚本に回り、監督を担当したのは
『ウォッチメン』のザック・スナイダー
アメコミの映画化で成功している2人の組合わせによる
“新スーパーマン”に期待が集まらない訳がないだろう。
ノーラン版のバッドマンはさほど感心していない僕だが、
『ウォッチメン』はかなりはまってしまったので。。

で、結論から言うと、ドラマ部分が浅い!
「スタトレ」新作もそうなんだが、アクション多すぎで、
もう途中で疲れてしまう。
ヘビメタ聴いていると眠くなってくるのと同じ効果で、
ある程度の尺があるものはメリハリが大事。
それを飽きさせないように、ドラマ部分を回想シーンにして
アクションのつなぎとしてやっているんだが、
90分ぐらいの作品ならまあいいが、、、
おかげで、最後のゾッド将軍との戦いも、
「長いなー」と思いながら見てしまった
ビル群の破壊のシーンも、もういいかげん見飽きてしまったし。
マイケル・シャノンのゾッド将軍はいい感じだけど、
ラッセル・クロウ死んでからも出過ぎとか、
エイミー・アダムズでいいのか、
主演は若いクセにオッサン顔だなーとか。
スーパーマンの葛藤も薄っぺらいしね。
次回は、もちっとドラマを見せてね。

★★☆
[PR]
by mahaera | 2013-08-31 11:33 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 本日最終日、17時まで「昆虫ア... オリジナル・ミニアルバム CD... >>