ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

最新映画レビュー『ウォーム・ボディーズ』ゾンビが主人公のラブコメがあってもいい!

ウォーム・ボディーズ
Warm Bodies
2013年/アメリカ

監督:ジョナサン・レヴィン
出演:ニコラス・ホルト、テリーサ・パーマー、デイヴ・フランコ、アナリー・ティプトン、ジョン・マルコヴィッチ
配給:アスミック・エース
公開:9月21日よりシネクイント、新宿武蔵野館


バンパイア映画に比べると、男子度が高いのがゾンビ。
そりゃ、イケメンゾンビっていないよね。
超人的パワーもないし、臭いし、腐ってるし。
描かれ方も、「キャラがないその他大勢」。
まとめていくらって扱われ方だから、女子に人気がない。
“バンパイアもの”が進化をとげ、
「トワイライト」シリーズのようにラブロマンス化が進む一方、
「次はゾンビだ!」とばかりに本作が作られたのかな。

人類の多くが死滅した世界。
生き残った人々は壁の中で、壁の外ではゾンビたちが暮らしていた。
青年ゾンビ“R”は、ある日人間たちのグループを襲撃する。
全員食べてしまう所、なぜか人間の女の子ジュリーに一目惚れ。
ジュリーを助け出し、自分の暮らす旅客機の中にかくまうR。
やがてジュリーも、Rの優しさに気づいていくようになる。

“汚くてイケてない”ゾンビ
本作ではそれをくつがえそうと、主人公を
“比較的”清潔感があるゾンビの青年にしている。
(草食系男子といいたいが、肉食)
バンパイアに対して「一途でカワイイ」キャラにしたのがポイントだ。
そういえば、今となっては忘れられた映画だが、
彼女がゾンビになってしまい、彼女も彼氏を食べるのを必死で
ガマンする映画があったな。『バタリアン・リターンズ』だ。
あっちが男向けに対して、本作はラブコメなんで怖いシーンは
あんまりない。そして2人の恋の解決方法も、
恋をしたことによって「死んだハートが動く」と、
さほど深刻にならないのがいい。
ホラー映画が苦手な人も、カップルも安心して観られるゾンビ映画だ。
んなわけないだろう、と突っ込みを入れる人もいるだろうが、
ゾンビ自体の存在がすでにファンタジーなんだから。
ヒロインの食われちゃう彼氏がジェームズ・フランコの弟の
デイヴ・フランコ。
まあまあ、楽しめた。
★★★
[PR]
by mahaera | 2013-09-24 00:36 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 最新映画レビュー『クロニクル』... 最新映画レビュー『オン・ザ・ロ... >>