ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

友人にプレゼントする映画DVDその1 『ラースと、その彼女』『リトル・ミス・サンシャイン』

外国に住んでいる日本の友人におすすめ映画のDVDを送るので、
12本まとめ買いしたが、送る前につい観てしまう(笑)
すべて観て良かった映画なんだが、
なるべくキツい、悲しいだけの映画は避けた。

1. 『ラースと、その彼女』
で、今日久しぶりに観た「ラースと、その彼女」。
記憶の中ではコメディ色が強かったが、再見すると、
けっこう最初の方から涙腺が…。
嫌な人が一切出て来ないという映画でも泣けてくるのは、
登場人物たちがみな自分の親戚ぐらいに思えるほどよく描けているからだろう。
彼女がラブドールという設定は奇抜だが、
ラースの同僚たちがみなフィギアだったりテディベアだったり、
物でも心の拠り所をもっているのと変わらない。いい映画だ。

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=2ZZpXiCi6k8

2. 『リトル・ミス・サンシャイン』
崩壊寸前の家族が、幼い娘のミスコンテストに出かける2日間。
最初はバラバラだった家族が、
いくつものトラブルを乗り越えるうちにまとまっていくコメディ。
とくにコメディ演技はなく、ホームドラマといってもいいし、
大笑いするように作られているわけではないが、
温かい気持ちになれる。改めて観ると、
押しがけしないと走らない家族が乗るワゴン車が、
“共に生きる”ということの象徴になっていることに気づいた。
コメンタリーを見たら、最初は別なエンディングだったがしっくりこず、この黄色いワゴン車が閉めることになったという。
俳優もいいし、好きな映画だ。

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=2LbDwGL0-ks
[PR]
by mahaera | 2014-12-31 11:36 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 友人にプレゼントする映画DVD... 公開中止になった映画「ジ・イン... >>