「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

2014年 自己映画ベストテンです

2014年 映画ベストテン

2013年は『ライフ・オブ・パイ』と『クラウドアトラス』という「これだ!」という映画があったが、2014年はDVD買って何度も見直したい!という作品がなかった。いや、ここに挙げた映画はみなおすすめだけど、プライベートな視点のものが多く、何度も見直すには自分が“イタい”。しかし気がついたら、1本も旅シネでレビュー書いてなかった!

1. her/世界でひとつの彼女(スパイク・ジョーンズ監督/アメリカ)
どれを1位にしようか迷ったけど、脚本、演出、映像、俳優、音楽、すべてが絶品なこの作品に。身近な人に気持ちを伝えられない主人公ホアキン・フェニックスも、声だけで最高に色っぽい人工知能のスカーレット・ヨハンソンもいいが、アーケイド・ファイア、カレン・Oの音楽も良かった。全体に漂う、切なくて優しい目線も好き。

2. ブルー・ジャスミン(ウディ・アレン監督/アメリカ)
『マッチポイント』以降のアレン作品はどれも名人芸のようでおすすめだが、この作品が他と違うのは、何と言ってもセレブから貧乏になった主人公を演じるケイト・ブランシェットにつきる! もうラストの表情は、すごすぎ。

3. リアリティのダンス(アレハンドロ・ホドロフスキー監督/チリ、フランス)
『ホドロフスキーのDUNE』も合わせてのベストテン入り。「過去のできごとが現在や未来を作る」ではなく、「自分の子ども時代を現在から映画によって改変する」という超プライベートな話を、ホドロフスキーならではの映像や語り口で見せてくれる。

4. キャプテン・アメリカ/ウインターソルジャー(アンソニーANDジョニー・ルッソ監督/アメリカ)
『ガーディアンズ〜』や『Xメン・フューチャー&パスト』など、今年も多く公開されたマーベルものだが、僕が好きなのは「キャプテン・アメリカ」シリーズ。このご時世に“アメリカ”を背負うヒーローを映画化することに成功している。

5. グランド・ブダペストホテル(ウェス・アンダーソン監督/イギリス、ドイツ)
毎年、ウェス・アンダーソンの作品を楽しみにしている。いつも絵本のページを1枚1枚めくるような楽しさがあり、俳優たちもとても楽しそうに演じているからだ。今回も楽しいけど、ビターなオチが…。

6. ウルフ・オブ・ウォールストリート(マーティン・スコセッシ監督/アメリカ)
長いスランプを乗り越えて、ようやく僕が見たかったスコセッシが帰って来た! おそらく『カジノ』以来の傑作。かつてマフィアたちを描いたのと同じ手法で、ウォールストリートを描いている。ほんと、ディカプリオが演じている男、酷すぎて笑っちゃうしかない。

7.ゴーン・ガール(デビッド・フィンチャー監督/アメリカ)
途中までミステリーだと思って観ていたら、中盤で「これってコメディ?」になり、最後はまた一転してもう絶望のダメ出し。すべての夫婦にあることを、映画は極端に描いているが、もう他人事には思えなかったね。しんどい映画。

8. インターステラー(クリスファー・ノーラン監督/アメリカ)
突っ込み所満載だが、「2001年宇宙の旅」を直球でいま映画にしようとした心意気は買いたい。父と娘のシーンは、娘がいない僕でさえ泣いたので、きっと娘のいるパパは号泣するはずだ。『コンタクト』とあわせて見るといいかも。あれにもマコノヒー、出てたな。

9. フランシス・ハ(ノア・バームバック監督/アメリカ)
『イカとクジラ』が大好きなノア・バームバック監督。その後、パッとしなかったが、今回は久々に“当たり”の作品。主人公フランシスは、美人だけれどどこか周囲とズレてしまう27歳の見習いモダンダンサー。“イタい”とも“天然”ともいえる、みんなの友人にもひとりや2人は絶対にいる感じだ。誰しも通る、大人への境界線を、ヌーベルバーグのような瑞々しい映像で見せてくれる。

10. 暮れ逢い(パトリス・ルコント監督/フランス、ベルギー)
ノーマークで見たら、いや、レベッカ・ホールに心奪われてしまった。原作は20世紀前半に活躍したオーストリアの作家ツヴァイクの短編らしいが、古めかしい“障害のある恋”がこんなにみずみずしく描かれるとは。隠さなければならない恋の話なので、中心となる三人の秘められた感情が絶品の演技で迫ってくる。

ベストテンにはもれたけど、気に入っている他の作品は以下の通り。たぶん選ぶ日が違ったら、気分で6〜10位と入れ替え可能。『ラッシュ/プライドと友情』、『アクト・オブ・キリング』、『ホドロフスキーのDUNE』、『ヘウォンの恋愛日記』、『めぐり逢わせのお弁当』、『ニューヨークの巴里夫』、『イロイロ』、『フューリー』
[PR]
by mahaera | 2015-01-14 00:41 | 映画のはなし | Comments(0)
<< イスラム国人質事件のコメントを... 友人にプレゼントする映画DVD... >>