ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

映画レビュー『アンダー・ザ・スキン 種の補食』

アンダー・ザ・スキン 種の補食

DVD鑑賞

一部(って)で、スカジョことスカーレット・ヨハンソンの
無修正ヌードが話題になっている映画
『アンダー・ザ・スキン 種の補食』をDVDで見た。
何が“無修正”かというと、「アベンジャーズ」などでは
スリムな肢体でアクションをしているのだが、
このインディーズSFでは、ハリウッド女優らしからぬ、
ぽっちゃりさ加減で、限りなく“そこら辺にいる人”のヌード。
つまり、「今までオレたちはCG修正されていた
スカジョを見ていたのでは?」
との疑問が(笑)

それはともかく、一部では評価高いこのSF。
寒々としたスコットランドで、スカジョ扮する
エイリアンが次々と男をたらしこんで、
黒い液体の中?に溶かし込んで行く。
まあいうなれば、B級SF『スピーシーズ/種の起原』に
似たような設定なのだが、あれを非常にアート風に
撮っている作品といえばわかりやすい。
宣伝文句には「キューブリックの再来!」なんてものもある。

だけどなあ、そのスカし具合がちょっと鼻について、不満。
エンディングも、これかあって。
いや、思わせぶりな演出なら、それで最後までいけばいいのに、
何だかいきなりトンデモ映画になってしまった。
で、インディーズ映画に出たスカジョの心意気は買うけど、
この役はあまり合ってない。
でもきっと、スカジョが出たから、資金が集まったんだろうな。
[PR]
by mahaera | 2015-02-19 01:29 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 映画レビュー『複製された男』 ... 映画レビュー「ハンナ・アーレン... >>