ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

最新映画レビュー『博士と彼女のセオリー』本年度アカデミー主演男優賞受賞作品

博士と彼女のセオリー

2014年/アメリカ

監督:ジェームズ・マーシュ
出演:エディ・レッドメイン、フェリシティ・ジョーンズ
配給:東宝東和
公開:3月13日より全国


知っている方も多いと思うが、この作品は
車イスの宇宙物理学者ホーキング博士の生涯を、
妻ジェーンとの関係を軸に描いたもの。
伝記映画が強いアカデミー賞だが、今年は6本中、
天才数学者を描いた『イミテーション・ゲーム』、
実在のスナイパーを描いた『アメリカン・スナイパー』
と本作を入れると、3本が作品賞にノミネート。
日本映画はあまりこういう傾向はないなあ。

宇宙物理学者としてしか、ほとんどホーキング博士のことを知らなかったので、結婚前にすでに筋肉がマヒしていく病気が発祥していたことも驚きだった。
ホーキングは「余命あと2年」と言われるが、
ジェーンは結婚を決意する。やがてホーキングは
表情や手先ぐらいしか動かなくなっていくが、
次々と学問の方で実績を上げて行く。
いや、それより驚いたのはそんな状態なのに、
ホーキングは3人の子供を作ったこと。
たぶん、それは皆が思うことなので、
映画の中でも友人が「お前、やることはやるなあ」と言うと、
ホーキング「いやー、あれは筋肉じゃないから。
自然現象なんで大丈夫なんだよ」と答える。

でも妻の方は浮気を疑われるシーンがあり、
いろいろ中傷も受けたんだろうなあ。

実際の生活がそうだったように、
この映画もかわいそうな“難病もの”にならない。
当初はあまり裕福でなかったこともあり、
妻のジェーンが介護もするが、やがて介護疲れしていき、
教会で知り合った男性に心の拠り所を求めて行く。
ホーキングもそれを受け入れ、三人の奇妙な関係が続く。
そしてホーキングの著作がベストセラーになり、
世界的にブレイクしてお金が入って来ると、
専用の介護の人を雇えるようになり、
妻の出番が無くなって行く。仕方がないのだが、
ホーキングはひとりでは何もできない。
食事をするのもトイレに行くのも常に誰か頼る人が必要だ。
その役目を20年以上、妻がしていたが、
ホーキングが肺炎から声を失うと、専門の介護士の
女性のほうがホーキングとコミュニケーションをとれるようになる。
ホーキングは介護士のほうとより親密になり、
妻もそれを受け入れざるを得ない。
映画はその後までは描いていないが、妻と離婚した後、
ホーキングはこの介護士と再婚するのだ。

個人的には、もっと学問的なホーキングの仕事や
業績のほうを見たかったが、
まあ、難しくて映画にはならないんだろうな。
原作は、元奥さんが書いたものだしね。

ということでいい作品だが、「佳作」という感じ。
演出もオーソドックスかなあ。
アカデミー賞にノミネートされた音楽は耳に残るが好みではなかった。
[PR]
by mahaera | 2015-02-26 19:44 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 最新映画レビュー『イミテーショ... 最新映画レビュー『セッション』... >>