「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

最新映画レビュー『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』報われない天才の成功と悲劇

イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密

『博士と彼女のセオリー』は天才宇宙物理学者だが、
こちらは天才数学者。現在のコンピューターや
人工知能が発明される前に、その理論を作ったという
アラン・チューリングを主人公にした映画だ。

第二次世界大戦中、ドイツは絶対に解けないといわれる
暗号「エニグマ」で交信していた。連合軍はそれを
解読しようとしていたが、どこも成功はしなかった。
そんな中、ケンブリッジ(ホーキング博士もここで学んでいた)の
研究員で“天才”数学者と呼ばれているチューリングが、
情報部に招かれる。しかし人付き合いが嫌いなチューリングは、
チームの誰とも打ち解けず、ひとりで解読マシンを作り、
解読に打ち込む。そんな彼の心を溶かして行ったのは、
クロスワードパズルの天才女性ジョーンだった。
やがて暗号は解読されるが、それは大きなプレッシャーを彼に与える。
そしてまた、彼の秘密が明かされて行く…。

主人公のチューリングを演じるのは、
いまや飛ぶ鳥を落とす勢いのカンバーバッチ
ドラマ「シャーロック」の人ですね。ちょっと動物顔の。
この人、デビュー当時にテレビ映画でホーキング博士を演じたことがあるとか。

ふつうの暗号だとaと入力するとxというように
変換すればいいので、ヒエログリフのように、
何かキーワードがわかれば解いて行くことができるし、
組合わせもそう多くない。
しかしエニグマという機械は、最初はa→xと変換すると、
ダイヤルが回り、二回目にaが出て来るとyになったり、
三回目はbになったりと、ころころ変わって行くシステム。
組合わせは膨大で、10人が24時間働き続けても
2000万年かかるらしい。つまり不可能ということだ。

チューリングは早々に「人力では無理」と判断し、
解析マシンを作る。電子計算機だ。映画のストーリーは
この解読に挑む彼に沿って進むが、
同時に彼の複雑な性格についても掘り下げて行く。

エニグマの解読は成功したが、政府はそれを公表しない。
それがドイツに知られたら、意味が無くなるからだ。
なので、ドイツ軍が味方を攻撃するのを知っていても、
教えることはできない。教えられるのは、
他に情報ソースがあるとリークできるものだけだ。
「何千万人を救うために、数万人の死は見過ごさなければならない」
(原爆投下のアメリカ言い訳のようでもあるが)。
辛い重責だ。そしてあくまで秘密任務なので、
彼らの功績は誰も知ることがない。本来なら「英雄」として
讃えられるところは、戦争が終われば口止めされたただの民間人。
そして“ある事件”によりチューリングは逮捕されてしまう…。
チューリングが隠し続けた秘密が悲しい。

ホーキング博士は富と名声を得たが、一方で功績は隠され、
社会的に差別され、不遇のままに無くなった天才もいる
エニグマが解読されたことを英政府が認めたのは50年後。
英政府がチューリングに謝罪したのは2009年だが、
チューリングは1954年に41歳で亡くなっている。
[PR]
by mahaera | 2015-03-01 12:47 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 最新映画レビュー『JIMI 栄... 最新映画レビュー『博士と彼女の... >>