ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

子供に教える世界史。中国王朝の清と19世紀のアメリカ史

残っていた中国王朝の清。
全盛期は17世紀なんで、イギリスは早くも産業革命。
19世紀初頭までの清は、欧米に輸出超過で、
大量の銀が流入した結果、貨幣経済が発達。
すでに2億人ぐらいの人口があった。
100年間の間に戦争がなかった年は数年しかなかった欧州に比べ、
清の全盛期は対外戦争を除くと、100年ぐらいは戦争がなかったんじゃないか。
江戸幕府も100年は戦争がなく、東アジアは19世紀初頭まで割と平和を満喫していたいい時代かも。

 あとは息子の学校の試験用に、駆け足で19世紀のアメリカ史を。
独立後の1800年の大統領選挙による政権交代(連邦派→反連邦派)が、「政権の交代が選挙によって平和的に実現した世界最初の事例」と参考書にある。
選挙に負けた方は潔く諦めるって、今でもできない国があるが、
人類にこうした制度ができてからまだ200年なので、
地域差があってもおかしくないのかな。これからしばらくは、
議会制度や民主主義の発展の歴史を、息子に教えることになる。
生まれた時にはすでにあった制度だが、
人がそれを取り入れるようになり、幾多の紆余曲折があって
ここまで来た制度。選挙制も完璧ではない。
完成にはまだまだ時間がかかるのだろうな。
[PR]
by mahaera | 2016-02-28 00:26 | 世界史 | Comments(0)
<< 現在、メキシコ旅行中です1 最... 子供に教える世界史・フランス革... >>