「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

旧作映画レビュー『アマデウス』 僕はサリエリにもなれなかったよ

この映画が公開された年、日本全国で、いや世界中で何人の人が
“サリエリ”とあだ名を付けられたことだろう。
そのとき大学生でバンドを組んでいた僕のまわりでも、
「俺はサリエリだ!」と言っていたものが何人もいた。
昨日も違うバンド仲間と飲んでこの映画の話が出た時にも、
「俺の高校にもいたよ。サリエリ」というヤツがいた。

本当にこの映画は、当時僕らをサリエリ気分にさせたっけ。
生きていると何事も要領よくできるヤツもいるし、
がんばってもまったくのびないヤツもいる。
そんなとき、僕らはサリエリほどがんばってもいないのに、
「俺はサリエリだから」と自嘲気味に言ってみたくなる。

TOHOシネマズで朝10時からやっている「新・午前十時の映画祭」、
『アマデウス』を上映ということで、高3の息子を誘って行く。
いつも一緒にマーベルヒーロー映画を見に行く息子だが、
親の務めとして、たまには名作も見せなくてはならない。
実は息子には3ヶ月ほど前にDVDで3回に分けて見せたのだが、
やっぱりこの映画は大スクリーンでいい音響で見たい
ロードショー、名画座、レンタルビデオ、テレビ放映、
ディレクターズカット、DVDとさまざまな形態で、おそらく10回は見ているほど、僕はこの映画が好きだ。
同じ何回も見ている映画だが、毎回新しい発見がある
「アラビアのロレンス」や「2001年宇宙の旅」ほど難しいわけではなく、
おそらくほとんどの人がサリエリに自分が投影できるだろう。
見終わった後の印象も毎回そんなに変わらない。
でもまた見てしまうのだ。

まあ、若いころに気がつかなったのは、サリエリがモーツァルトに対する憎悪が、実は愛情の裏返しだったこと。
サリエリはモーツァルトに、なりたかった理想の自分を見るのと、
報われない一方通行の愛情に苦しんでいたのだ。
モーツァルトの妻、コンスタンツァの比重が大きいのも、
モーツァルトを挟んでの三角関係の物語だからだろう。
そうしたホモセクシャルな感じは、若い頃は気づかなかった。
最後のレクイエムの写譜のシーンは、サリエリの恋が叶えられたシーンにみえる

ただ、世の中のほとんどの人は、サリエリにもなれない
サリエリは当時の成功者だったのだから。
映画を見終わったあと、息子が「僕はサリエリだ!」と
言いださないかと思ったが、そうは感じなかったようだ。
まだ、なにもがんばってないからねえ。
君は(笑)

http://asa10.eiga.com/2016/cinema/602.html
[PR]
by mahaera | 2016-07-14 12:04 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 最新映画レビュー 『帰ってきた... 子供に教えている世界史・グラッ... >>