ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

最新映画レビュー 『奇蹟がくれた数式』 若きインドの数学者が海を渡り、英国の教授と数式の謎に挑む

奇蹟がくれた数式
The Man Who Knew Infinity
2016年/イギリス

監督:マシュー・ブラウン
出演:デヴ・パテル(『スラムドッグ$ミリオネア』『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』)、ジェレミー・アイアンズ(『運命の逆転』『ミッション』)、トビー・ジョーンズ (『裏切りのサーカス』)
配給:KADOKAWA
公開:10月22日より角川シネマ有楽町ほか


●ストーリー

1914年、インドのマドラスで働く青年ラマヌジャンが出した手紙が、イギリスのケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで教授を務めるハーディの元に届いた。
その手紙に書かれていた大きな数学的発見を目にしたハーディは、ラマヌジャンの才能を見抜き、彼をケンブリッジへと呼び寄せる。
ほぼ独学で数学を学んだラマヌジャンだが、ハーディは大きな才能を秘めているのを見抜いたのだ。
妻と母をインドに残し、単身ケンブリッジに向かったラマヌジャンだが、“直感”に基づく彼の数式は、論理的な証明をすることができなかった。
ハーディはラマヌジャンに数式の証明を促すが、なかなかそれを説明することはできない。ラマヌジャンは、次第に孤独に追い詰められていく。

●レヴュー
「数学者」というと最も映画になりにくい題材のように思えるが、数学者ジョン・ナッシュを描いた『ピューティフル・マインド』(アカデミー作品賞)や、数学の才能を持った青年を描いた『グッド・ウィル・ハンティング』などもあるし、数学ではないがホーキング博士を描いた『博士と彼女のセオリー』などもあった。
また、悲劇の数学者チューリングを描いた『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』も面白かった。

本作はそうした流れを受けつつ、インド以外では知られていない、夭折の数学者ラマヌジャンを取り上げたところが面白い。
僕も10年前に、担当していた某ガイドブックのコラムで取り上げるまでは彼の存在を知らなかった。
南インドのクンバーコナムという町についての原稿を書いていた時に、ラマヌジャンの名が出てきたのだ。

彼の生い立ちや業績は、各自ググっていただくとして、映画の多くを占めるのは彼のイギリスでの留学時代で、彼と指導者であるハーディ教授との師弟関係を中心に語られる。
ラマヌジャンはインドの敬虔なバラモンの家庭に生まれた。
しかし母親と結婚したばかりの妻を養うため、研究に勤しむ事もままならずに、日々働くしかなかった。
彼を研究に駆り立てたのは何だったのか。

私は数学にはとんと疎く、数式を見てもさっぱりわからないが、数学をしている人に聞くと感性は大事だという。
映画では彼の数学的発見の理由を“直感”ともしているが、ラマヌジャンはそれを“女神の導き”とも表現していた。
つまり自分の直感は、神が与えてくれたという事だ。
私たちも日々暮らしていて、理由なしに直感で感じてしまう事がままある。
もちろん、数学は印象ではないが、数字に驚くほど精通していた彼にとって、すべての数字には意味があって存在しているものなのだ。
意味のないものはない。

しかし彼の指導者であり、もう一人の主人公であるハーディには、それが理解できない。
ハーディは無神論者であるだけでなく、人の悩みや様子に気づかない、
“ニブい”男なのだ。しかし彼も学者で、真理を知りたい気持ちはラヌマジャンとなんら変わる事がない。
そんなある意味イギリス的な、世渡り下手な初老の教授を演じているのは『ミッション』などの名優ジェレミー・アイアンズ。
最近、力が抜けてきて、いい感じになってきているが、ここでもそんな役をうまく演じている。

映画は、そんな年齢も国籍も考え方も違う2人が、人間として向き合える関係を築くまでの物語。
なので、スリリングな展開やミステリー風味はない。
20世紀初頭のケンブリッジ大学の雰囲気も興味深い。
誠実な造りだが、無難な展開や着地点なので、あまり印象に残らない出来になってしまったのも確か。
悪くはないが上品にまとめすぎたかな。
(★★★前原利行)

旅行人シネマ倶楽部に寄稿したものを転載しました
[PR]
by mahaera | 2016-10-24 13:06 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 10月24日 ピーター・バラカ... 蔵前仁一×前原利行  トークイ... >>