ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

最新映画レビュー 『ガール・オン・ザ・トレイン』 “夫婦間スリラー”だが、記憶喪失に頼りすぎ?

ガール・オン・ザ・トレイン

2016年/アメリカ
監督:テイト・テイラー
出演:エミリー・ブラント、ヘイリー・ベネット、レベッカ・ファーガソン、ジャスティン・セロー、ルーク・エヴァンス
配給:東宝東和
公開:11月18日より全国公開


酒がたたって会社をクビになったレイチェルだが、同居する友人の手前、毎朝通勤電車に乗ってマンハッタンに通っている。
通勤電車の車窓から見える郊外のかつての家では、
愛する夫トムと新しい妻のアナが赤ん坊と暮らしていた。
そんなレイチェルの慰めは、
その数軒先の家に住む若いカップルだった。
幸せそうなそのカップルに、“理想の夫婦”を見出したレイチェルだが、ある日、その家のベランダで若妻が他の男性と浮気をしている姿を目撃。
怒りにかられたレイチェルは途中下車してその家に向かうが、途中で記憶を失い、気がつくと血を流した状態で家に帰っていた。
やがてレイチェルは、その若妻が失踪したことを知る。
警察に届けたレイチェルだが、逆に彼女に嫌疑がかかる…。

別れた夫に未練タラタラで無言電話をかけたり、酒浸りで会社をクビになったりと、社会的にも落ちぶれてしまった主人公を演じるのは、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』『ボーダーライン』など、それまで強い女性役が多かったエミリー・ブラント。
いつもと違うイメージだが、これはこれでアリか。

映画はその彼女と元夫、そして夫を奪った現在の妻の三角関係と、主人公が理想のカップルとみている若夫婦とその“浮気相手”という、6人の複雑な人間関係に、殺人事件が絡んで進んで行く。
最初に「夫婦間スリラー」と書いたのは、
「結婚していても相手の本当の顔を知っているのか」というのが本作の大きなテーマになっていること。
公開中のスリラー『ザ・ギフト』でも似たようなテーマが語られていたが、相手のことをよく知らないうちに結婚するのは考えものだと、今回も思う(笑)

ミステリーなんであまり筋を明かせないが、本作、面白いっちゃ面白いが、けっこう偶然によって成り立たせすぎないか?と感じる時あり、ちょっと納得できない。
というのも、僕は酒で記憶を失くしたことがないからかも。
主人公が都合よく記憶を失くし過ぎているので、
いや、酒飲んでもさすがにそんなに忘れないでしょ
と何度も思ってしまった。
自分を殴った人のこととかねえ。
あと、周りの人に聞くでしょ。
記憶ないけど本当はどうだったかとかねえ。
しかし、出てくる旦那二人とも情けないこと(笑) 
★★☆
[PR]
by mahaera | 2016-11-18 12:43 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 最新映画レビュー 『世界の果て... 子供に教えている世界史・冷戦の... >>