「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

最新映画レビュー『聖の青春』 真面目に丁寧に描いてるが、心には響かず

聖の青春

2016年/日本
監督:森義隆
出演:松山ケンイチ、東出昌太、リリーフランキー、染谷将太、竹下景子
配給:KADOKAWA
公開:11月19日より全国で公開中



テレビをあまり見ないので知らないが、公開前にずいぶんと松山ケンイチがテレビに出ていて、この役のために体型を変えた話をしていたらしい。日本のクリスチャン・ベールか。

さて、映画は若くして亡くなった天才棋士・村山聖の最後の数年を追ったもの。
幼少より深刻な持病があった主人公・聖は、自分の未来があまり長くないことを知っており、すべてを将棋に打ち込んだ。軸となるのは、名人・羽生との対局だ。
ぶくっと太って、将棋以外の趣味は麻雀と少女漫画。
吉野家の牛丼を愛する、イケてない青年・聖に対し、名人・羽生はスマートさが漂い、しかもアイドルと結婚もする。
聖にとって羽生は倒さなければならない相手だが、同時に憧れの存在でもあり、屈折した愛の対象かもしれない。
「将棋」を除けば、すべてが聖と対照的だし、共通するものはない。もし、聖に持病がなければ、「こうなりたい」と思う相手かもしれないし、聖が諦めざるをえなかった「人間としての幸せ」もすべて羽生は持っている。
つまり聖が将棋の達人でなければ、そんな羽生と出会うこともなかったろう。
とはいえ、聖が羽生に対する気持ちは、憎しみや妬みにはいかず、むしろ自分が見ているものを相手も見ているという同志としての連帯感、さらにプラトニックな愛情も感じさせる。
ただ、映画は実話を丁寧になぞろうとしたのか、なんとなく中途半端な出来で、いろいろなエピソードがとくにうまく噛み合っているわけではない。

後半に差し掛かったところで、聖と羽生が宴会を抜け出してふたりで酒を飲むシーンが映画としては重要で、だからこそラストの対局につながるはずなんだが、あまり効果的に繋がっていない。
いいシーンなんだが、セリフに頼りすぎかな。

事実と違っても、映画として何かテーマを伝えたいのなら、エピソードを語る以上の仕掛けが欲しかったな。
将棋の対局を見せるのは、映像的にはどうしても地味なのだから。

その点、やはり地味だったが、チェスの対局をクライマックスにしたエドワード・ズウィック監督の『完全なるチェックメイト』は、よくできていたと思う。
似た者同士の対決でも、セリフで彼らがどんな性格なんて説明してなかったしね。
★★
[PR]
by mahaera | 2016-11-27 10:31 | 映画のはなし | Comments(0)
<< ◆松岡宏大×前原利行 トークイ... 子供に教えている世界史・冷戦の... >>