「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

最新映画レビュー 『ブラック・ファイル 野心の代償』 ダメなこの映画最大の謎はキャスティング!

『ブラック・ファイル 野心の代償』

2016年/アメリカ

監督:シンタロウ・シモサワ
出演:ジョシュ・デアメル、アンソニー・ホプキンス、アル・パチーノ、イ・ビョンホン
配給:松竹
公開:2017年1月7日より新宿ピカデリー他にて公開中


「あれ、こんな映画、上映していたの?」
と思う方は多いはず。
主演はあまり知らないけれど、他には大物・有名俳優がゾロリ。
その割にはまったく話題にはなっていない。
そう、せっかくここまでいい俳優を揃えたのに、
残念な出来になってしまい、アメリカでは酷評。
ヒットもせず、日本でもひっそりと公開されることになった作品。
それでも公開されるのは、Tsutayaとかゲオの棚に並ぶ時、
「未公開」だと借りる人がいなくなってしまうことを見越してのことだろう。

ストーリーはこんな感じ。
主人公は、一流弁護士事務所に勤める
野心家の弁護士ベン(ジョシュ・デアメル)。
夫婦生活は冷え切っており、彼はそれを振り払うように仕事に打ち込んでいる。
ある日、彼は昔の恋人エミリーから連絡を受ける。
今は巨大製薬会社のCEOのデニング(アンソニー・ホプキンス)の愛人になっているエミリーは、
会社の不正行為を証明するファイルをベンに渡す。
ベンは、弁護士事務所の代表であるチャールズ(アル・パチーノ)に
製薬会社に対する訴訟を持ちかけるが、
思いもよらぬ方へと事件が起きる。

主人公の弁護士を演じるジョシュ・デアメルは、
『トランスフォーマー』シリーズの軍人役といえばわかるだろうか? 
その後、パッとしないながら、
BC級の低予算アクションやサスペンスで、なぜか主演をしている。
数年前のそんな映画『ファイヤー・ウィズ・ファイヤー炎の誓い』もパッとしなかったが(笑)、なぜかブルース・ウィリス、ロザリオ・ドーソン、ヴィンセント・ドノフリオ、50セントらが脇を固め、3日拘束仕事をこなし(笑)、アメリカではソフトスルー。
今回も、どうやって脇を豪華キャストで固めたのか。

主人公はそれまで万事順調だった若手弁護士。
やり手だが、やり方はグレーの部分もある野心家だ。
その彼に飛び込んだネタが、彼を思わぬ方向へと導いていく。
登場人物が引き起こす偶然が、なぜか悪い方へとばかりと進んでいくのは、この作品がデ・パルマ作品へのオマージュだから。
不安を増長させる音楽と移動し続けるカメラワークも、
もちろんデ・パルマチックと分かりきってやっている。
ところが、作品は一向に盛り上がらず、どんどんと失速していく。

確かにパチーノとホプキンスという二大俳優が出ているシーンでは
画面が引き締まる。
が、これは明らかに彼らのキャリアの無駄使いだ。
また、「謎の男」としてイ・ビョンホンが登場するが、
彼の役割も「不安を煽る」以外は無意味。
これも無駄な出演としか思えない。

デアメルの演技が木偶の坊なのか、それとも演出がスタイルにこだわりすぎて下手なのか(それとも両方なのか)、
見ていてハラハラも感情移入もしない。
つまり、いくら事件が起きても、
「どうでもいい」としか思えない状態なのだ。
スタイリッシュににやりたかったのだろうが、
たとえば主人公にライアン・ゴズリングあたりを持って来れば、
もっと見応えがあったかもしれない。

アメリカの映画評では、
「この映画に謎があるとすれば、なぜパチーノとホプキンスが出たのか。それが最大の謎である」
とまで、皮肉を書かれたが、僕も同感。

[PR]
by mahaera | 2017-01-19 15:17 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 最新映画レビュー 『アイヒマン... 最新映画レビュー『ミューズ・ア... >>