ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

最新映画レビュー 『ザ・コンサルタント』 このジャンルに新しいヒーローが。ただしあの終わり方はない

ザ・コンサルタント
The Accountant

2016年/アメリカ

監督:ギャビン・オコナー
出演:ベン・アフレック、アナ・ケンドリック、J・K・シモンズ、ジョン・リスゴー
配給:ワーナー・ブラザース映画
公開:1月21日より丸の内ピカデリーほか全国にて公開中
公式HP:wwws.warnerbros.co.jp/consultant-movie/


「ナメてた相手が実はすごかった」系の映画は、
観ているお客にカタルシスをもたらしてくれる。
主人公は、たいていふだんは冴えない、
あるいは目立たない人間だが、スイッチが入ると別人になる。
それが、たいてい弱い者をいじめて悪の限りを尽くしている
奴らを、バッタバッタと倒していくのだから、
「やれーっ! もっとやれーっ!」となる。
現実世界ではほぼ100パーセントないからこそ、
映画ならではのファンタジーといってもいい。
昔からこのタイプの映画はあったが、
『96時間』以降はそうした映画が「当たる!」と作られている。
『ジョン・ウィック』、『イコライザー』、『アジョシ』なんかがそうだ。

さて、この映画もそんな系譜につながる一本。
主人公は田舎町で小さな会計事務所を開いている
クリスチャン・ウルフ(ベン・アフレック)。
実はそれは偽名で、裏の顔はマフィアなど組織犯罪の会計士。
一方、財務省の局長キング(J・K・シモンズ)が、
謎の彼の所在を探っていた。
ウルフはほとぼりを覚ますため、
一般の大企業の財務調査依頼を受ける。
天才的能力で、たった1日で経理不正の疑いを発見したウルフだが、
社長のラマー(ジョン・リスゴー)は調査の打ち切りを命じる。
その後、ウルフを武装した男たちが襲うが、
あっという間に返り討ち。
そう、ウルフこそ「ナメてた相手」だったのだ!

ま、観客はベン・アフレックがマット・デイモン並みに
相手を倒していくことを期待しているので、
ストーリー的な驚きはそんなにない。
この映画が他の「ナメてた相手が実はすごかった」系と違うのは、
主人公が“元工作員”とかでなく、幼い頃自閉症で、
それを心配した軍人の父親が、
「相手にナメられないように」と実践的な格闘技を
子供の頃から身につけさせていたということ。
一方、彼は彼で、数学的な能力は幼い頃から高い。
つまり『レインマン』のダスティン・ホフマンが、
ジェイソン・ボーンの能力を身につけたような感じという
“おいしいところ取り”なのだ。

少年時代のシーンでは、
「いや、お父さん。この子は、そっちじゃなくて、科学者とかそっちの方向に才能を伸ばしてあげようよ」と思うのだが、
そうしたら映画にならないので、ひたすら戦いの毎日。
ま、映画なんで、そこは目をつぶるとしよう。
成長したウルフは数学の才能を活かして裏社会の会計士に
なる一方、超一流の殺人マシーンにもなる。
といっても、宣伝にあるようなお金で請け負って仕事をする
“殺し屋”ではなく、自分なりの正義や復讐を果たす時にしか
殺人マシーンにはならない。
今回は命を狙われ、さらにちょっと好きな数学好きな女子(アナ・ケンドリック)の命を救うためにがんばる。

戦闘モードに入ったウルフは、相手を一人一人的確に倒していくが、そこはこのジャンルの最大の見せ場。
80年代アクションのように、ドッカンドッカンという
爆発はないのが、今風。
いや、けっこうそれが楽しいのだが、
最後のほうがちょっと問題がある。
「おい、それでいいのか!」
たぶん、続編への色気があるのだろうが、
それじゃ『ウルヴァリンZERO』だろ(オチは言えないので)。
とうことで、前半は80点、
最後の解決のつけ方が0点と納得がいかないので、評価は
★★☆
いや、途中まではいいんだけどね。
[PR]
by mahaera | 2017-01-22 11:08 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 2016年マイ映画ベストテン発... 最新映画レビュー 『アイヒマン... >>