「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

最新映画レビュー 『太陽の下で —真実の北朝鮮—』人間が全体の1パーツとして生きるはどういうことか?

太陽の下で —真実の北朝鮮—

2015年/チェコ、ロシア、ドイツ、ラトビア、北朝鮮

監督:ヴィタリー・マンスキー
出演:リ・ジンミ
配給:ハーク
公開:1月21日よりシネマート新宿にて公開中
公式HP:taiyono-shitade.com


すでに私たちは、ニュース映像や断片的な情報で、
北朝鮮が前時代的な全体国家であることを知っている。
ただし、映像は基本的には国営放送が流すものなので、
“管理されていない”北朝鮮の姿を見ることはできない。
ではこのドキュメンタリーはどうなのか。

ロシアのドキュメンタリー作家であるマンスキー監督は、
2年にわたる交渉の結果、ようやく「北朝鮮に住む庶民の日常風景に密着取材する」許可をとる。
ドキュメンタリーの主役となるのは、
少年団にいる8才の少女ジンミ
金日成の誕生祭である「太陽節」で披露する踊りの練習に余念がない、そんな姿を映し出すはずだった。
ところが、現地に着いてみるとシナリオができていて、
“北朝鮮側の監督”がOKを出すまで、ジンミや両親、カメラに映る人々は何度でも演技のやり直しをさせられる。
カメラに映る会話は、すべてセリフがあり、
演出されたものだった。
しかも撮影されたテープは、すべてその日のうちに検閲を受ける。
そこでマンスキー監督は“隠し撮り”を決行する。
リハーサルや休憩時間の段階から録画スイッチを押したカメラを放置し、映像を密かに持ち出していたのだ。
こうしてできあがったのが、この“ドキュメンタリー”だ。

撮影が始まり、北朝鮮に渡ったマンスキー監督がまず驚いたのは、ジンミの両親の職業が変えられていたこと。
北朝鮮では職業選択の自由はなく、全員公務員のようなものだから、映画に合わせてその間に変えられていたのだ。
そしてジンミ一家が住む住宅には、生活感がない。
どうやら、本当は別のところに家があり、
そこから通っているのがアリアリなのだ。
ケガをした友達をみんなで見舞いに行くシーンを
何度もやり直すところがあり、
「北朝鮮ではこれがドキュメンタリーなのか」と驚くだろう。
また、授業風景では思想統一のために何を教えているかもわかり、まるでディストピアSF映画だ。
ラスト、ジンミちゃんに自分の言葉で話すように監督が問いかけると、意表を突かれて困ってしまうジンミちゃん。
ジンミちゃんが考えて出す言葉が、悲しくも恐ろしい

言いたいことも言えないし、やりたいこともできずに
一生を終えていく人生。
全体の中のパーツとしてしか人生を過ごせない、
それはまるでアリの一生だ。

そこには“自分の意思”というものがない
そして監視されている人たちだけでなく、監視している者もまた誰かに監視されていている。
でもねえ、これを「かわいそうな人達」とひと事だと
思って見るのは、まちがいだ。
このディストピアは今もこの瞬間に存在するし、
その世界と私たちの世界は無縁ではない。
そして私たちの世界も、条件さえ揃えば、
すぐにこんな世界に変わることもあるだろう。

日本にだって、本人はまったく意識していないが
「服従」に居心地良さを感じている人たちがいる。
受け売りだけで、自分の言葉で語っていない人たちも。
私たちの世界が、50年後にこうなっていないとは限らないのだ。
★★★前原利行)

●映画の背景

・監督は両親が生きたスターリン時代のソ連がどうだったか、また自分が若かった頃のソ連も知っているので、それが今も続いている北朝鮮に興味を持ったという。
・気になるのは、この映画を北朝鮮政府はどうみているのかということだが、プレスによればやはりロシア政府に上映中止を要求したとのこと。それにより、ロシア政府も公の映画館では上映禁止にし、この映画を非難した。監督は、現在ロシアを離れてラトビアに住んでいるという。
・映画を見たら、その後のジンミちゃんも気になるが、公式のアナウンスメントはない。

※この記事は、旅行人のWEBサイト、「旅行人シネマ倶楽部」に寄稿したものを転載しました

[PR]
by mahaera | 2017-01-25 12:07 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 最新映画レビュー『マグニフィシ... 2016年マイ映画ベストテン発... >>