ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

2017年 2月6日 ジャーニー at 武道館 行ってきました! よかった!

b0177242_1146199.jpg


2月6日 ジャーニー at 武道館

スティーブ・ペリー在籍の全盛期、アルバムはかなり聴いたけれど、とうとう行かなかったジャーニー。
当時、曲は好きだったが、バンドとしてはそれほど思い入れはなかったのかもしれない。
ただ、アルバム「エスケイプ」は、同じ頃に流行っていた「TOTO IV」よりも、断然好きだった。
とくにA面の流れ。
「ドント・ストップ・ビリービン」は、当時も名曲だと思っていたが、
2000年代に入って、誰もが知る名曲になるとは思わなかった。
Gleeの影響は大だが、変すぎてもう一度見たいお笑いロックミュージカル「ロック・オブ・エイジス」ても、
この曲がキモだった。

b0177242_11513576.jpg


さて、そんなジャーニー。初めてのライブ。
席は1回席南東2列目と、立たないですむベストポジション(笑)
歳ですから。

b0177242_1153196.jpg


1曲目、「セパレイト・ウェイズ」でいきなり興奮マックス。
この曲、曲としてはダサいところギリギリなんだけれど、ライブだと絶対にアガる!

とにかく、ヒット曲のオンパレード。
4曲目の「ストーン・イン・ラブ」に続いて、5曲目にはやくも「お気に召すまま」が!
この曲、大好きというか、これでジャーニーを知った。

盛り上がったところで、ここでやっとバラード
6曲目「ライツ」では、武道館がライトで埋め尽くされる。

b0177242_1201324.jpg


続いて7曲目「オープン・アームス」。すばらしい。

13曲目の「ドント・ストップ・ビリービン」まで、1時間半。
怒涛のように次から次へと、休む間もない演奏構成。

しかしアンコールはややクールダウン。
「La Raza del Sol」はシングルのB面だったらしく、アルバム未収録でほとんど誰も知らない。
そして後半は、サンタナで知られる「ジプシークイーン」のような、ワンコード一発のソロ回しが長く続き、
観客置いてけぼり。
スティーブ・スミスのドラムが、ジャズ出身らしい本領はこうしたジャムセッションで発揮していたが。

そして最後はゆったりとした「Lovin' Tochin' Squeezin'」
初期のヒット曲だが、これもあまり知らない人がいるのでは?

という感じで、大盛り上がりの本編。
ちょっと?なアンコールで終わったジャーニーだが、大満足。
数十年ぶりの同窓会に来たように、顔見知りの安心感だった。
これはこれで、失望しないというのもすごいんだけれどね。
[PR]
by mahaera | 2017-02-08 12:06 | 音楽CD、ライブ、映画紹介 | Comments(0)
<< 最新映画レビュー『スノーデン』... 子供に教えている世界史・番外編... >>