ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

最新映画レビュー『おとなの事情』 イタリアで大ヒットしたウェルメイドなコメディ

おとなの事情

2016年/イタリア

監督:パオロ・ジェノヴェーゼ
出演:ジュゼッペ・バッティストン、アンナ・フォッリエッタ、マルコ・ジャーニ
配給:アンプラグド
公開:3月18日より新宿シネマカリテにて上映中


最近、イタリア映画が日本ではあまり公開されていないので、
現地の映画事情がわかりにくいが、
人気があるのはやはりコメディだという。
この作品はイタリアで大ヒットし、主要な映画賞を受賞したが、
日本ではなんだかひっそり公開されている。
まあ、外国のコメディは日本ではほとんどヒットしないので、
そんな扱いになってしまうのだろう。
第一、見慣れたスターは出ていないし、
主人公たちも日本の感覚でいえばオッさん、オバさんなんで、アピールしにくいんだろなあ。

さて、映画は月蝕が起きる満月の夜に、
3組の夫婦と1人の男が集まったホームパーティで
起きた人間模様を描いている。
男性たちは昔からの幼馴染で、
結婚してからも家族ぐるみの付き合いを続けている。
熟年夫婦が2組、そして最近結婚したばかりの新婚夫婦が1組、
恋人を連れてくるはずがなぜか1人で来た男の7人。
美味しい食事とお酒を楽しむ中、ある奥さんが
「お互いを本当に信用しているの?」と言い出し、ディナーの間に
来た携帯メールの内容をお互いに見せ合うことを提案。
男たちは、これを拒否すると疑われるので、しぶしぶそれに従う。
すると案の定、次から次へとそれぞれに不審なメールが
送られてきて、仲のよさそうに見えた夫婦、友人たちの間に、
大きな秘密があることが明らかになっていく。

基本はコメディなので、そうしたドタバタを面白おかしく描いては
いるものの、偏見、嘘、裏切りを見せ、時には笑わせ、
時にはシリアスに、そして時にはほろりとさせる演出は、
ほころびをみせずに安定している。
そして登場人物は30代後半から40代前半ぐらいの“おとな”。
すでに人生の表も裏も体験してきている年代なので、
節度は崩さない。
これは見方によればシリアスな会話劇にすることもできるが、
品を崩さずに、本当の相手の姿を知った後も、
“おとな”として対処していく。
予定調和の範囲内で終わるといえば終わるが、
気持ち良く笑えてほろりとし、それぞれのキャラクターの
ことを考えるという点では、よく計算されたコメディだと思う。

しかし、スマホって、その人の秘密が本当に詰まっている「パンドラの匣」だな。
★★★
[PR]
by mahaera | 2017-04-07 10:07 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 最新映画レビュー『パッセンジャ... 最新映画レビュー『キングコング... >>