ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

最新映画レビュー『レゴバットマン ザ・ムービー』 オリジナルのシリアスさをとことん茶化し、大成功

レゴバットマン ザ・ムービー

2017年/アメリカ

監督:クリス・マッケイ
声の出演:ウィル・アーネット、ザック・ガリフィアナキス、マイケル・セラ、ロザリオ・ドーソン、レイフ・ファインズ
配給:ワーナー・ブラザース映画
公開:4月1日より全国で公開中


『レゴバットマン ザ・ムービー』は、
そのままバットマンの世界をレゴでコミカルに再現したもの。
オリジナルのダークでシリアスな内容を全編にわたって茶化し、
ギャグにしてはいるものの、子供が対象なので
最後には前向きなメッセージが送られる。
こうして書くと、いかにも子供向けのように思われるだろうが
クオリティは高く、最初のうちは映画版よりも
面白いんじゃないの?と
思ってしまったほど。
少なくともいくつかの映画版よりはね。

ゴッサムシティをジョーカーの陰謀から救ったレゴバットマン。
いつものように人々の歓声を浴びながら、バットケイブに戻る。
しかし家にいるのは執事のアルフレッドだけ。
彼は団体行動が苦手だが、
名声や賞賛が大好きな目立ちたがり屋という、
「困ったちゃん」だったのだ。
そんな彼が孤児のロビンを引き取ることになり、
生活のペースが乱されてしまう。
おまけにバットマンに
“最強の敵”として認められなかったジョーカーが、
何とか自分を認めさせようと、
ファントムゾーンから過去の悪役たちを連れてくる。

ギャグやパロディも上品でスマートで、気の利いたものが多いし、
元のDCコミックスは知らなくても、バットマンの映画
(ティム・バートンらの旧シリーズを含む)を全部見ていれば、
余計に面白さが通じるはず。

子供にはバットマンとロビンとの擬似親子関係の話が、
「自分がヒーローの子供だったら」と想像する楽しい話だし、
親の年齢の人たちには子供を得ることによって
自身も精神的に成長する話として共感できるはず。
人に関心がなく、人への思いやりがなかったバットマンが、
共感や友情、愛を学んでいくストーリーと、ごくまっとうなテーマなのだ。

あとは出てくる悪役キャラが、背景まで含めると本当に多く、
これは映画好きな人ほど楽しめるかなあ。
ロード・オブ・ザ・リングのサウロンや、
ハリー・ポッターのボルデモート、
ジュラシックパークのラプトルまで出てくるんだから!
というわけで、意外や意外、結構楽しめました。
★★★☆
[PR]
by mahaera | 2017-04-13 10:13 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 最新映画レビュー『サラエヴォの... 最新映画レビュー『パッセンジャ... >>