ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

カテゴリ:映画のはなし( 479 )

最新映画レビュー 『ザ・コンサルタント』 このジャンルに新しいヒーローが。ただしあの終わり方はない

ザ・コンサルタント
The Accountant

2016年/アメリカ

監督:ギャビン・オコナー
出演:ベン・アフレック、アナ・ケンドリック、J・K・シモンズ、ジョン・リスゴー
配給:ワーナー・ブラザース映画
公開:1月21日より丸の内ピカデリーほか全国にて公開中
公式HP:wwws.warnerbros.co.jp/consultant-movie/


「ナメてた相手が実はすごかった」系の映画は、
観ているお客にカタルシスをもたらしてくれる。
主人公は、たいていふだんは冴えない、
あるいは目立たない人間だが、スイッチが入ると別人になる。
それが、たいてい弱い者をいじめて悪の限りを尽くしている
奴らを、バッタバッタと倒していくのだから、
「やれーっ! もっとやれーっ!」となる。
現実世界ではほぼ100パーセントないからこそ、
映画ならではのファンタジーといってもいい。
昔からこのタイプの映画はあったが、
『96時間』以降はそうした映画が「当たる!」と作られている。
『ジョン・ウィック』、『イコライザー』、『アジョシ』なんかがそうだ。

さて、この映画もそんな系譜につながる一本。
主人公は田舎町で小さな会計事務所を開いている
クリスチャン・ウルフ(ベン・アフレック)。
実はそれは偽名で、裏の顔はマフィアなど組織犯罪の会計士。
一方、財務省の局長キング(J・K・シモンズ)が、
謎の彼の所在を探っていた。
ウルフはほとぼりを覚ますため、
一般の大企業の財務調査依頼を受ける。
天才的能力で、たった1日で経理不正の疑いを発見したウルフだが、
社長のラマー(ジョン・リスゴー)は調査の打ち切りを命じる。
その後、ウルフを武装した男たちが襲うが、
あっという間に返り討ち。
そう、ウルフこそ「ナメてた相手」だったのだ!

ま、観客はベン・アフレックがマット・デイモン並みに
相手を倒していくことを期待しているので、
ストーリー的な驚きはそんなにない。
この映画が他の「ナメてた相手が実はすごかった」系と違うのは、
主人公が“元工作員”とかでなく、幼い頃自閉症で、
それを心配した軍人の父親が、
「相手にナメられないように」と実践的な格闘技を
子供の頃から身につけさせていたということ。
一方、彼は彼で、数学的な能力は幼い頃から高い。
つまり『レインマン』のダスティン・ホフマンが、
ジェイソン・ボーンの能力を身につけたような感じという
“おいしいところ取り”なのだ。

少年時代のシーンでは、
「いや、お父さん。この子は、そっちじゃなくて、科学者とかそっちの方向に才能を伸ばしてあげようよ」と思うのだが、
そうしたら映画にならないので、ひたすら戦いの毎日。
ま、映画なんで、そこは目をつぶるとしよう。
成長したウルフは数学の才能を活かして裏社会の会計士に
なる一方、超一流の殺人マシーンにもなる。
といっても、宣伝にあるようなお金で請け負って仕事をする
“殺し屋”ではなく、自分なりの正義や復讐を果たす時にしか
殺人マシーンにはならない。
今回は命を狙われ、さらにちょっと好きな数学好きな女子(アナ・ケンドリック)の命を救うためにがんばる。

戦闘モードに入ったウルフは、相手を一人一人的確に倒していくが、そこはこのジャンルの最大の見せ場。
80年代アクションのように、ドッカンドッカンという
爆発はないのが、今風。
いや、けっこうそれが楽しいのだが、
最後のほうがちょっと問題がある。
「おい、それでいいのか!」
たぶん、続編への色気があるのだろうが、
それじゃ『ウルヴァリンZERO』だろ(オチは言えないので)。
とうことで、前半は80点、
最後の解決のつけ方が0点と納得がいかないので、評価は
★★☆
いや、途中まではいいんだけどね。
[PR]
by mahaera | 2017-01-22 11:08 | 映画のはなし | Comments(0)

最新映画レビュー 『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』 地味だが堅実な出来の作品

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男

2015年/ドイツ

監督:ラース・クラウメ
出演:ブルクハルト・クラウスナー(『白いリボン』)、
ロナルト・ツェアフェルト(『あの日のように抱きしめて』)、
セバスチャン・ブロムベルク
配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム
公開:2017年1月7日よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町にて公開中
公式HP:eichmann-vs-bauer.com/


ドイツ映画らしい、地味だけれど堅実なタイプの実話の映画化。
まずそもそもアイヒマンを知らなかったら話にならないので、
せめてwikiでも読んでから映画を見ること。
ざっくり言うと、アイヒマンは第二次世界大戦時に数百万人のユダヤ人を絶滅収容所に送り、殺害した責任者だ。
とはいえ、バリバリの軍人ではなく、
命令に従ってこなす“有能な官僚”タイプだった。
戦後、南米に逃亡していたが、1960年にアルゼンチンで捕まり、
翌1961年にイスラエルで行われたアイヒマン裁判の結果、
1962年に処刑された。
前にも紹介した映画『ハンナ・アーレント』にもその様子が描かれている。
全世界の人々は、裁判に出たアイヒマンを見て驚いた。
数百万人を殺したのだから、ものすごい極悪人の姿を想像していたら、そこらへんの役所にいそうな小役人顔だったからだ。
裁判では「命令に従っただけ」とアイヒマンは言ったが、
彼が積極的に効率よく“仕事”をしなければ、
もっと被害は少なかった。
では、最大の“悪”とは何か、それは『ハンナ・アーレント』を見てください。

ただ、日本ではこれから2月に公開される映画『アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発』という、アイヒマン裁判中にイェール大学で行われた“ミルグラム実験”を描いた映画にも示されているように、たいていの人間はアイヒマンと同じシチュエーションに置かれたら、同じことをするそうだ。
これは「服従の心理」というもので、
詳しくは「ミルグラム実験」とかでwikiで調べてください。
今回紹介する映画とは関係ないけれど。

さて、本作のタイトルを見て、アイヒマン捕獲を描いた華々しい作戦の映画と想像していたら、老人主演のあまりの地味さに驚くかもしれない(逮捕に関してはロバート・デュバル主演で『審判』という映画になってるいそうだが未見。DVD発売なし)。
アイヒマンを尾行し、アルゼンチンで誘拐して密かにイスラエルに
運んだのはイスラエルの諜報機関モサドで、
これはこれでひとつの映画になる。
しかし本作の主人公は、逮捕のきっかけとなったモサドへの情報提供を行ったドイツの検事バウアーだ。

舞台は1950年代後半のフランクフルト。
ナチスの戦争犯罪者の告発に執念を燃やしている
検事長バウアーのもとに、アルゼンチンに住むユダヤ人から
アイヒマンが潜伏しているとの情報が入る。
しかし、バウアーの周辺では、かつてのナチス党員や信奉者たちが社会復帰をしており、彼の行動に目を光らせていた。
ドイツの法機関の情報は、ナチスの残党に筒抜けだったのだ
そこでバウアーは違法と知りながらも、
アイヒマンを拘束するためにその情報をモサドに渡す。
彼の願いは、
アイヒマンをドイツで法により裁くことだったのだが…。

バウアーは判事時代の1930年代、社会民主党の党員だったが、
ナチスが政権を握り、ナチス以外のすべての政党を禁止すると、
強制収容所に送られてしまう。
その後、バウアーは政治的に転向し釈放。
しかし1936年にはデンマークに亡命する。
バウアーはユダヤ人だったが、無神論者でもあった
第二次世界大戦が始まるとスウェーデンで抵抗運動に加わる。
1949年に西ドイツに帰国したバウアーは、
ヘッセン州の検事長になる。

映画は50年代の末から始まるが、この時代は公職追放された
ナチスやその信奉者たちも社会復帰していた。
冷戦下だったから、アメリカや西ドイツ政府も、
戦争犯罪の追及にはあまり熱心ではなかった。
そのため、若年層の中には、ナチスの犯罪について知らないものも多く、ナチスの戦争犯罪は早くも風化し始めていたのだ。
映画の中でも、若手の検事たちの中には、
なぜバウアーが“過去”の犯罪の告発に力を入れているのかを
理解していないものもいることを見せている。
バウアーはそうした風潮に危惧を抱いていた。
バウアーは復讐のために逮捕に執念を燃やしたわけではなく、
事実を明るみにすることによって、人々にもう一度、
民主主義や人間の尊厳を再確認してもらいたかったのだろう。
映画では時間がどれくらい経ったのかわかりにくいが、
最初の情報提供から逮捕までの証拠固めには、
実は3年近い年月が経っている。

そうした地味な積み重ねを、観客が飽きないようにするために、
多少脚色はあるが、なんとかエンタテイメント作品にした本作。
僕はもともと関心があるから楽しめたが、みなさんはどうかな。

★★★

この記事は、旅行人のWEBサイト「旅行人シネマ倶楽部」に寄稿したものを転載しました。
[PR]
by mahaera | 2017-01-21 11:54 | 映画のはなし | Comments(0)

最新映画レビュー 『ブラック・ファイル 野心の代償』 ダメなこの映画最大の謎はキャスティング!

『ブラック・ファイル 野心の代償』

2016年/アメリカ

監督:シンタロウ・シモサワ
出演:ジョシュ・デアメル、アンソニー・ホプキンス、アル・パチーノ、イ・ビョンホン
配給:松竹
公開:2017年1月7日より新宿ピカデリー他にて公開中


「あれ、こんな映画、上映していたの?」
と思う方は多いはず。
主演はあまり知らないけれど、他には大物・有名俳優がゾロリ。
その割にはまったく話題にはなっていない。
そう、せっかくここまでいい俳優を揃えたのに、
残念な出来になってしまい、アメリカでは酷評。
ヒットもせず、日本でもひっそりと公開されることになった作品。
それでも公開されるのは、Tsutayaとかゲオの棚に並ぶ時、
「未公開」だと借りる人がいなくなってしまうことを見越してのことだろう。

ストーリーはこんな感じ。
主人公は、一流弁護士事務所に勤める
野心家の弁護士ベン(ジョシュ・デアメル)。
夫婦生活は冷え切っており、彼はそれを振り払うように仕事に打ち込んでいる。
ある日、彼は昔の恋人エミリーから連絡を受ける。
今は巨大製薬会社のCEOのデニング(アンソニー・ホプキンス)の愛人になっているエミリーは、
会社の不正行為を証明するファイルをベンに渡す。
ベンは、弁護士事務所の代表であるチャールズ(アル・パチーノ)に
製薬会社に対する訴訟を持ちかけるが、
思いもよらぬ方へと事件が起きる。

主人公の弁護士を演じるジョシュ・デアメルは、
『トランスフォーマー』シリーズの軍人役といえばわかるだろうか? 
その後、パッとしないながら、
BC級の低予算アクションやサスペンスで、なぜか主演をしている。
数年前のそんな映画『ファイヤー・ウィズ・ファイヤー炎の誓い』もパッとしなかったが(笑)、なぜかブルース・ウィリス、ロザリオ・ドーソン、ヴィンセント・ドノフリオ、50セントらが脇を固め、3日拘束仕事をこなし(笑)、アメリカではソフトスルー。
今回も、どうやって脇を豪華キャストで固めたのか。

主人公はそれまで万事順調だった若手弁護士。
やり手だが、やり方はグレーの部分もある野心家だ。
その彼に飛び込んだネタが、彼を思わぬ方向へと導いていく。
登場人物が引き起こす偶然が、なぜか悪い方へとばかりと進んでいくのは、この作品がデ・パルマ作品へのオマージュだから。
不安を増長させる音楽と移動し続けるカメラワークも、
もちろんデ・パルマチックと分かりきってやっている。
ところが、作品は一向に盛り上がらず、どんどんと失速していく。

確かにパチーノとホプキンスという二大俳優が出ているシーンでは
画面が引き締まる。
が、これは明らかに彼らのキャリアの無駄使いだ。
また、「謎の男」としてイ・ビョンホンが登場するが、
彼の役割も「不安を煽る」以外は無意味。
これも無駄な出演としか思えない。

デアメルの演技が木偶の坊なのか、それとも演出がスタイルにこだわりすぎて下手なのか(それとも両方なのか)、
見ていてハラハラも感情移入もしない。
つまり、いくら事件が起きても、
「どうでもいい」としか思えない状態なのだ。
スタイリッシュににやりたかったのだろうが、
たとえば主人公にライアン・ゴズリングあたりを持って来れば、
もっと見応えがあったかもしれない。

アメリカの映画評では、
「この映画に謎があるとすれば、なぜパチーノとホプキンスが出たのか。それが最大の謎である」
とまで、皮肉を書かれたが、僕も同感。

[PR]
by mahaera | 2017-01-19 15:17 | 映画のはなし | Comments(0)

最新映画レビュー『ミューズ・アカデミー』 ドキュメンタリーとフィクションの合間を狙う演出だが、、

ミューズ・アカデミー

2015年/スペイン

監督:ホセ・ルイス・ゲリン
出演:ラファエレ・ピント、エマヌエラ・フォルゲッタ、ロサ・デロール・ムンス
配給:コピアポア・フィルム
公開:2017年1月7日より東京都写真美術館ホールにて公開中


日本では2010年に公開されたスペインの監督
ホセ・ルイス・ゲリンの『シルビアのいる街で』(2007年製作)。
名作とか傑作というわけではないが、
ちょっとそれまでになかった新鮮な映画体験をさせてくれた。
ストラスブールの町でひとりの青年が
かつて会った女性の面影を追い求める話だが、
物語はあってないようなもの。
ただ、ひたすら映画を見ている間、自分の聴覚や視覚が
研ぎ澄まされていくという珍しい体験をした(サウンド設計は話題になった)。

今回、東京都写真美術館ホールで、ゲリン監督の連作上映が行われることになり、この2015年作品も公開される運びとなった。
バルセロナにある大学で、イタリア人の教授が
ダンテやペトラルカといった古典の詩を通し、
男に芸術的なインスピレーションを授ける
現代のミューズについての講義をしている。
教室では生徒たちの意見が白熱化する。
そのテンポに慣れた頃にカメラは教室を離れ、
教授の家での教授と妻の会話になる。
あれ、これってドキュメンタリーじゃなかったの?
実は、これはフィクションだったのだ。
教室で高尚なことを話す教授だが、
プライベートでは教え子たちと浮気して痴話喧嘩もする教授。
学問と現実の落差が、コミカルにも描かれる。

今回はそうしたドキュメンタリーに見せたフィクションという仕掛けがあるものの、ペトラルカやダンテの引用やそれについての講義がけっこうあるので、見ていてその素養がないとちょっと辛い
(そもそも何を話しているかわからない)。
ベアトリーチェとかグウィネヴィアとか、
欧州の人はそもそも教養として知っているのか。
ドキュメンタリーとフィクションの垣根を取り払う試みは面白いが、それが題材とうまく相乗効果を生み出しているのかは、
いまひとつ。
1時間を超えると、緊張よりも退屈さを生み出してしまった。
キレが欠けるというべきか。
個人的には「ふーん」で終わってしまった作品で、期待はずれかなあ。
★★
[PR]
by mahaera | 2017-01-18 11:25 | 映画のはなし | Comments(0)

最新映画レビュー 『MERU[メルー]』  クライマーが自ら撮った迫力ある映像! そして人間力が必要です

MERU[メルー]

2015年/アメリカ

監督:ジミー・チン、エリザベス・チャイ・バサヒリィ
出演:コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズターク、ジョン・クラカワー
配給:ピクチャーズデプト
公開:12月31日より新宿ピカデリー他にて公開中
公式HP: meru-movie.jp/


僕が仕事を受けているウエブの映画紹介欄。
先方から回ってくる映画は、
いちおう「この人にはこの映画」みたいな設定があるらしく、
ベタベタの恋愛映画やホラー映画はあまり回ってこない。
あと、おしゃれな女子映画も(笑)
で、なぜか登山映画は、必ず回ってくる。
いや、僕は登山もしたことがないし、
ふだんからそんなに興味があるわけではないのだが、
仕事で10数本見ていて、しかも原稿を書くので調べているうちに、
まあ、そこそこ知識は増えていった。
山岳映画は日本ではたいてい夏に公開されるが、
今回は珍しく年末年始にやってきた。
前置きが長くなったが、
それが今回紹介する『MERU[メルー]』だ。

これはインド北部のヒマラヤ山脈にある、
メルー峰を目指す登山家たちのドキュメンタリーだ。
2008年10月、コンラッド・アンカー、ジミー・チン、
レナン・オズタークの3人のアルピニストが、
難攻不落のダイレクトルートに挑戦。
しかし7日間の予定が20日間に延び、
山頂までわずか100メートルの地点で3人は登頂を断念する。
その後、3人はそれぞれの生活に戻るが、無念さは変わらず、
2011年、コンラッドが他の2人を説得して再挑戦を決意する。

冒頭に「いろんな山岳映画を見た」と書いたが、
様々なスタイルがある。
まず、劇映画かドキュメンタリーか。
登頂方法にしても、多くのシェルパを従えて登頂するエベレスト登山もあるし、自分たちで機材を上げて登るロッククライミングもあり、杭打ちもないフリークライミングなど、もういろいろ。
本作では、登頂する3人のうちの2人がカメラマンとなり、
うち一人が監督もしている。
撮影隊がいるわけではないのだ。
これは機材の軽量化のたまものだろう。
まあ、そうでなければ、絶壁を登りながら
自分たちを写すこともできないんだが、
もうこんなこともできるんだなあという気分にもなる。

利点としては、もう自分がそこにいるかのような
迫力を得られること。
そして3人の親密さが画面から伝わってくること。
絶壁は外部が全くいない、3人だけの空間になっている。
話としては、チャレンジ→失敗→再起→思わぬ障害→再チャレンジ→成功、という王道ものだが、それはそれでいい。
みんなポジティブすぎるのも、そう思わなければそもそも命をかけてチャレンジしないので、当たり前だろう。
ただ、登頂を成功させるのはわずかな人たちだが、
その周りには家族をはじめ、多くの人々のサポートがあるからこそだと、どの映画からも伝わってくる。
そして成功するクライマーたちはみな、
そんなサポートが受けられるほどの、「人間力」の持ち主なのだろうとも。
★★★
[PR]
by mahaera | 2017-01-16 14:02 | 映画のはなし | Comments(0)

最新映画レビュー『ストーンウォール』 宇宙人は撃退できるが、人間ドラマは下手だったエメリッヒ

ストーンウォール
Stonewall
2015年/アメリカ

監督:ローランド・エメリッヒ
出演:ジェレミー・アーヴァイン、ジョナサン・リース・マイヤーズ、ジョニー・ボーシャン、ロン・パールマン
配給:アットエンタテインメント
公開:12月24日より新宿シネマカリテにて上映中


この映画は、1969年の夏にニューヨークのゲイタウン、
クリストファーストリートで起きた、同性愛者たちが初めて警官に立ち向かった「ストーンウォール事件」を描いたものだ。
映画を見て初めて知ったが、1960年代のアメリカでは
まだ同性愛者に対する差別が法制化されていた。

映画は、田舎町からニューヨークのクリストファーストリートに、高校を中退した青年ダニーがやってくるところから始まる。
ダニーは自分がゲイであることがばれ、高校にも自分の家にも居づらくなって逃げるようにしてここにやってきたのだ。
最初に彼を仲間に向かい入れたのは、
街娼として生きている少年や青年たちの集団のリーダー、レイだ。
ほかにも、ゲイの社会的地位の向上を訴えるインテリグループ、
ゲイを顧客に稼ぐバーのボス、
そしてそこから小銭を巻き上げる警官たちがいた。
しかし、1969年6月28日、ゲイたちが集まるバー
「ストーンウォール・イン」に警察の捜査が入ったとき、
今まで差別や迫害を受けていたものたちの怒りが爆発する。

ウッドストック・フェスの2ヶ月前といえば、
音楽ファンなら時代の空気がわかるだろうか。
黒人の差別撤廃を求める公民権運動、ヴェトナム戦争反対運動、ウーマンリブなど、人々は政府や社会に向かって、
大きな声でNOと言えるようになっていた。
しかしLGBTの権利を求める運動は、
それらに比べてさほど高まっていなかったという。
時代がまだ、そこまで追いついていなかったのだろう。

そうした歴史や社会、文化的な部分を知るにはこの映画は
興味深いのだが、映画の出来はとなると、
残念ながら繊細さに欠ける。
テレビドラマのように出来事が続き、
登場人物の心のうちの掘り下げが足りないのだ。
監督・製作は、かなり意外なのだが、『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』『2012』など、ひたすら人類が危機に陥る大作ばかり撮っているローランド・エメリッヒ。
彼自身はゲイであるとカミングアウトしている。

エメリッヒらしさがよく出たのは、
CGなどを使いながら再現した1969年のニューヨーク、
これは見せ方としてかなりいい線いっている。
ただし、人間ドラマとなると、どうしても映画の駒として登場人物が話を進めているだけにしかみえない。
もちろんいいシーンもある。主人公を演じる
ジェレミー・アーヴァイン(『戦火の馬』の少年だ)が
ストーンウォール・インで、ジョナサン・リース・マイヤーズと
出会う場面は、何かが始まりそうなミステリアスな雰囲気(プロコル・ハルムの「青い影」がジュークボックスから流れ)で
期待させる。
しかし、クライマックスで盛り上がるはずの“反乱”も、
それまでの人間ドラマの助走が足りなかったせいで、
高く飛び損ねてしまった。
ということで、志はよかったのだろうが、
残念な出来となってしまった作品。
★★
[PR]
by mahaera | 2017-01-12 09:58 | 映画のはなし | Comments(0)

最新映画レビュー『マイルス・デイヴィス 空白の5年間』 全然似ていないチードルの成り切りぶり!

マイルス・デイヴィス 空白の5年間
Miles Ahead
2015年/アメリカ

監督:ドン・チードル
出演:ドン・チードル、ユアン・マクレガー、エマヤツィ・コーリナルディ
配給:ソニーピクチャーズ エンタテインメント
公開:12月23日よりTOHOシネマズシャンテにて公開中

ジャズばかりでなく、音楽のパイオニアとして
20世紀を駆け抜けた巨人、マイルス・デイヴィス。
常に第一線に立っていた彼だが、そのマイルスが唯一、
一切の音楽活動を休止していた5年間があった。
その間、彼は何をしていたのか。
そしてそこからどうやってカムバックしたのか。
本作は、そのカムバックにいたる空白の時期を、
フィクションを交えて映画化したものだ。

1975年、マイルス(ドン・チードル)は一切の音楽活動をやめてニューヨークの自宅に引きこもる。
過去の手術の影響による股関節の痛み、ドラッグ中毒、
そして何よりも音楽への情熱が失せていた。
一向に新作を発表しないマイルスだが、
新作用のレコーディングは行っているようだった。
そこへ雑誌ローリングストーンの記者だと名乗る
デイブ(ユアン・マクレガー)が訪ねてくる。
半ば強引にマイルスの家に上がり込んだデイブだが、
インタビューではなく、マイルスの小間使いのように使われる。
一方、悪徳プロデューサーのもとで働く、かつての自分のような
有望なトランペッターのジュニア(エマヤツィ・コーリナルディ)がいた。
マイルスの家のパーティで、リハーサルテープを見つけた
悪徳プロデューサーはそれを盗み出す。
マイルスはそれを取り戻すために、
デイブとジュニアの家に向かうのだが、、、。

『ホテル・ルワンダ』、あるいは『アイアンマン』シリーズのウォーマシン役で知られる俳優のドン・チードルが以前から温めていた企画で、チードルは製作、脚本、監督、主演をつとめるほどの熱の入れようだ。
で、これがちょっと変わった映画で、
まず、伝記映画のようで伝記映画ではない。
マイルスが隠遁生活を送っていたのは事実だが、
実際にあったのはそのくらいで、マイルスに絡む記者や、
若手トランペッター、悪徳プロデューサーは架空の人物だし、
マスターテープをめぐる争奪戦やカーチェイスも
まったくのフィクション。
時おり入るマイルスの回想シーンには、有名なエピソードもあるが、ほとんどは事実とは違うかもしれない。
じゃあ、マイルスとは関係ないじゃないかと思うかもしれないが、そうでもない。
これは、ドン・チードルが考えた「マイルスはこうだ」
「マイルス大陸ならこれはこうなる」
というエッセンスをちりばめた作品だからだ。

何年か前にディランの“伝記映画”と呼ばれた
『アイム・ノット・ゼア』という映画があったが、
あれはディランのエピードを散りばめながらも、
6人の俳優がそれぞれディランを演じるという方法で撮られ、
見事にディランの“ある面”を描いていた。
本作も事実をありのままに描くのではなく、
チードルの思う“マイルスなら”というエッセンス、
あるいは妄想(笑)で描かれている。

まず、チードルの顔がまったくマイルスに似ていない(笑)
マイルスの過去に登場するバンドメンバーが、
実際のメンバーにまったく似ていないし、
似せようと努力もしていない(笑)
しかし、「似ていないが、俺はマイルスだ!」
という意気込みは伝わってくるのだ。

正直、監督デビューとなるチードル演出は、
あまりうまくない(青い)。
カーチェイスとか、空回りしているシーンもある。
しかし、チードルのなりきりマイルスは嫌じゃない。
もうファン映画のようでもあるし、またチードルに“チードルの考えるマイルス”が憑依した映画でもある。
そこにほほえましいほどの「マイルス愛」が感じられ、
憎めない一品に仕上がっているのだ。

エンドクレジットに流れるコンサートシーンは、本来カムバックコンサートを再現するのが映画としては正しい。
しかしそうではなく、「いま、マイルスが演奏したら」という形で新旧の素晴らしいミュージシャンが揃い、そこに“なりきりマイルス”のチードルが加わっているのが、この映画のスタイルなのだ。
曲もマイルスのではなく、まったくの新曲だしね。
しかし「マイルスなら」らしさはしっかり入っている。

ちなみに演奏メンバーは、ドラムはアントニオ・サンチェス(映画『バードマン』のドラマー)、ベースはエスペランサ・スポルディング、ギターはゲイリー・クラーク・Jr、ピアノにロバート・グラスパーといった、現在の音楽シーンの第一線のメンバーに、元マイルスのグループのハンコックとショーターが加わるという豪華なもの。

というわけで、出来は確かに微妙だが、
マイルスのファンの僕でも、憎めない作品であることは確かだ。
https://www.youtube.com/watch?v=W_RLLvh6aSQ
[PR]
by mahaera | 2017-01-09 10:59 | 映画のはなし | Comments(0)

子供に教えている世界史・番外編 キューバ危機を扱った映画を見る 『13デイズ』 『グッド・シェパード』

ちょうど世界史でキューバ危機のところに来ていたので、2000年のアメリカ映画『13デイズ』を子供と見る。
キューバ危機の13日間を、
大統領特別補佐官のケネス・オドネル(ケビン・コスナー)から見て、大統領ジョン・F・ケネディと
司法長官のロバート・ケネディ、
国防長官のロバート・マクナマラらが、
どのようにこの問題に対処したかを描いている。
ケビン・コスナー以外は地味な配役で、あまりヒットはしなかったが、なかなかよくできた政治サスペンス映画だ。

映画なので事実とは異なる脚色もあるが、
このキューバ危機の外観を知るのにはいい作品だし、
また、『シン・ゴジラ』同様に、緊急時の政府の意思決定がどうやって行われるのかもわかり興味深い。
ケネディを美化しているかもしれないが、
国のトップにかかる重圧は映画を見ていて
相当なものだと思う。
ちょっとした判断ミスで、
数億人の命が消える核戦争が起きてしまうかもしれない。
閣僚だって家族がいる。
明日になったらその家族に会えなくなるかと思うと、
なんとかして核戦争だけは押しとどめたいはずだ。

ソ連との心理戦の中、ケネディ陣営も気づく。
相手もひょっとして我々と同じ気持ちを抱いているのではないかと。
フルシチョフだって、戦争はしたくない。
しかし国の体面や、軍部の突き上げにあって苦しんでいるのではないかと。

映画を見ていると、多少誇張はあるかもしれないが、
軍部の無責任な好戦マインドにはあきれる。
彼らにはメンツと勝つことだけが大事で、
そのためには何億人死のうとかまわない。
たとえば、アメリカ国民の9割が死んだとしても、
ソ連が全滅すれば「勝利」なのだ。
「やっちゃいましょう!」ってまるでヤンキーのようだ。
そしてケネディら閣僚を「弱腰!」と罵る。
たぶん、ソ連でもフルシチョフは軍人に同じことを
詰め寄られていたのだろうか。
勝つためなら喜んで自分の家族の命を差し出せる
参謀たちに任せていたら、世の中は滅ぶな。

そんな合衆国大統領の重圧に、トランプが耐えられるのか。
そんなことを考えてしまう作品だった。
子供は
「アメリカの大統領は大変だねえ。日本の首相は楽でいい」などとのんきことを言っていたが(笑)
きっと『シン・ゴジラ』を見てそう思ったのだろうか。

もう一本、『グッド・シェパード』はロバート・デ・ニーロが監督した2006年のアメリカ映画。
キューバ危機の一年前に起きたビッグス湾事件の指揮をとったCIAの諜報員がモデルの、CIAの内幕もの。
主人公を演じるのはマット・デイモン。
モデルとなったアングルトンは1
954年にCIAの防諜部長になり、数々の作戦を行った。
映画はフィクションだが、
登場する事件は実際にあったことを基にしたものだ。
165分の大作だが、これもヒットせず、
今ではちょっと忘れられた作品になっている。
CIAの非情さや歴史を知るにはいいし、
国家に忠実だが家庭を築くことには失敗した
中年男の孤独をうまく描いている佳作だ。
妻役にアンジェリーナ・ジョリー、息子役にいまや大スターとなったエディ・レッドメインのほか、俳優陣も豪華。
映画ではビッグス湾事件の情報漏れはひとつのソースからとなっているが、実際には多方面から漏れていたらしい。

年末、年始に「見る映画ないなあ」という人、
これを機に見てみては?
[PR]
by mahaera | 2017-01-08 11:37 | 映画のはなし | Comments(0)

最新映画レビュー 『 アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場 』 ドローンによるテロリスト攻撃

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
Eye in the Sky

2015年/イギリス

監督:ギャヴィン・フッド(『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』『ツォツィ』)
出演:ヘレン・ミレン(『クイーン』)、アーロン・ポール(『ブレイキング・バッド』)、アラン・リックマン(『ハリー・ポッター』シリーズ)

配給:ファントム・フィルム
公開:12月23日よりTOHOシネマズシャンテにて公開中
公式HP:eyesky.jp/


●ストーリー

アフリカのナイロビの上空6000メートルを飛ぶ、一機の無人ドローンがある映像を捉えた。それは国際的なテロリストが、一軒の家に集結する姿だった。彼らを追うイギリス軍諜報部のキャサリン大佐は、上官のベンソン中将と協力して逮捕を目指すが、監視カメラの映像は大規模な自爆テロの準備を映し出した。逮捕による隊員の損害や逃亡を防ぐため、作戦はドローン攻撃による殺害に変更。その命令によりラスベガス郊外の空軍基地では、ミサイルの発射準備に入る。しかし、カメラはドローンの殺傷圏内にいる、幼いパン売りの少女を映し出した。

●レヴュー

宣伝では典型的なB級アクション映画のようなルックで損をしているが、なかなかの拾い物、いや、個人的にはけっこうツボにはまった哲学的な命題を含んだサスペンス映画で、機会があったらぜひみなさんにも見て、考えてほしい映画だ。

哲学の世界では有名な「トロッコ問題」をご存知だろうか?
これは大学の講義でもよく使われる有名な話でバリエーションはいろいろあるが、基本となるのはこんな感じ。線路を走っているトロッコが制御不能になり、このまま放置しておけば前方で作業中の5人が死んでしまう。しかしあなたの前にある分岐器を動かせば、別の線路に引き込むことができる。ただし、そこでもひとりの人が作業中だ。つまり、5人を救うために1人を殺しても良いかということであり、法的な責任は問われないのが前提となる。功利主義的な立場から言えば、5人を救うのが正しい。しかし義務論から言えば否となるというもの。これにはバリエーションがある。たとえば、この問題で迷わず分岐の切り替えをした人でも、以下の問題はどうだろう。溺れている5人を助けるためにあなたがボートで向かっている途中、溺れている別の一人を発見する。その人を救うと時間がかかり、五人は死ぬことになる。それでもあなたは助けるか、見殺しにするか。

お気付きのように、これには誰も納得がいく回答がない。人は頭ではわかっていても、誰かを助けるために誰かを見殺しにはしたくないからだ。この映画では「自爆テロが起きれば数十人が死ぬ。また部隊の突入でも複数の兵士が死ぬ。ただしドローン攻撃をすれば“最小の被害”だけですむ」という、功利主義から言えば正しい選択が目の前にある。しかし、それは倫理的には正しい選択なのだろうか? 攻撃により、関係のない少女が死ぬかもしれない。多数を救うために、少女は死んでもいいのか。

オバマ政権では、兵士による直接攻撃ではなく、ドローンによる攻撃が推奨されている。現在では兵士のPSTD問題などが国内世論で大きく取り上げ、大々的に生身の兵士を戦闘に派遣しにくい。兵士の死傷者数を減らしたいこともあり、ドローン攻撃を重視しているのだが、あるニュースによればアフガニスタンでドローンにより殺害された200人のうち標的はわずか35人で、残りは巻き添えを食った民間人だったという。

ただし、本作が良くできているのは、現実の作戦に対する批判ではなく、「テロリスト攻撃」という事件を通して、上記の「トロッコ問題」という普遍的な哲学上の問題を私たちに見せてくれる点だ。そのため、この作戦に関わるどの立場の人間も納得がいくように描かれ、映画によくありがちな悪人や思慮の浅い人は出てこない。それぞれの立場で考え、意見を述べているので、観客もだんだんどうしていいかわからなくなる。それが狙いなのだ。「もし、少女を助けるためにテロリストを逃して、その後、数十人が死んだら?」、あるいは「少女が助かる確率が何%なら実行していいのか」などと考えてしまう。

イギリス映画らしい重厚な作りの本作だが、それはこの重いテーマにふさわしい。どのような選択をしても、誰かが傷つくようなことにならない世界を目指すのが、本当は一番いいのだろう。ヘビーな一本だ。
★★★☆

●関連情報

・最近では『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』などの娯楽映画が多い南アフリカ出身のギャヴィン・フッド監督だが、世界的なデビューは社会問題を扱った『ツォツィ』だ。

・本作は、アラン・リックマンの遺作のひとつになった。

・トロッコ問題についてはwikiを参照にしました

この記事は、旅行人のWEBサイト「旅行人シネマ倶楽部」に寄稿したものを転載しました
[PR]
by mahaera | 2017-01-06 19:19 | 映画のはなし | Comments(0)

最新映画レビュー 『聖杯たちの騎士』 人生を振り返り迷いが生じたとき、男は女にすがるのか

聖杯たちの騎士

2014年/アメリカ

監督:テレンス・マリック
出演:クリスチャン・ベイル、ケイト・ブランシェット、ナタリー・ポートマン
配給:東京テアトル
公開:12月23日よりヒューマントラストシネマ渋谷にて


テレンス・マリック監督
いいものもあるのだが、ダメなほうもけっこう多い
テレンス・マリック監督作品。
『天国の日々』なんて名作もあるのだが、
『ツリー・オブ・ライフ』以降は評価がわかれるところ。
実際、『ツリー・オブ・ライフ』(2011)、
『トゥー・ザ・ワンダー』(2012)、
そしてこの『聖杯たちの騎士』(2015)は、言っちゃえば
すべて同じ内容を、形を変えて映画にしたまで。


過去に起きた出来事にさかのぼって現在の自分を癒すという、
超プライベートフィルムだ。
自分をブラッド・ピットやベン・アフレック、クリスチャン・ベイルに演じさせて、うまくいかなかった少年時代の家族関係や恋人たちを映画の中で振り返り、救いを見出しているだけなのだ。
とはいえ『リアリティのダンス』のホドロフスキーほどの
アクの強さはない。
ただ、ただ、美しい映像とモノローグが流れる。
そして周りには常に美女がいる(笑)


この『聖杯たちの騎士』の主人公は、成功しつつある映画脚本家だが、過去に自殺した弟がおり(マリックの実話)、そのことで家族のみんなが心に傷を負って乗り越えられない。
そして、様々な女性が彼の前に姿を現し、消えていく。

映像はむちゃくちゃきれいだよ。
CGIじゃなくてもこんなに見たことがないぐらいきれいな映像を見せてくれる。
だって撮影は3年連続アカデミー撮影賞受賞のエマニアル・ルベツキだもの(『ゼロ・グラビティ』『バードマン』『レヴェナント』)。現在、世界最高の撮影監督だ。
もう雑誌のグラビアみたいな画面
でも、眠くなってしまうのだ。
きっと女にはモテるんだろうけれど、
「そのくらい自分で解決しろよ!」と、つい突っ込みたくなる(笑)。
ケイト・ブランシェットやフリーダ・ピントとか、
好きな女優が出ているのはうれしいが。
ただ、人は歳をとると、どんなに成功した人でも、
成功しなかった人はなおさらだが、
「自分は違った人の人生を歩んできたのではないか?」
と思ってしまう。常に選択が正しかった人なんていないもの。
ただ、隣の席の人にそれを延々聞かされてもなあ、といった印象になったよ。
★★
[PR]
by mahaera | 2016-12-22 00:41 | 映画のはなし | Comments(0)