「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

<   2010年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

もう一度お知らせです 明日、ライブです

いよいよ明日、自分のバンドのライブなので、もう一度告知させてもらいます。
これが終わったら、フルメンバーでのライブは、2ヶ月ぐらいはお休みになります。

7/31(土) 18:00 Open
場所 神田イゾルテ バー&レストラン
行き方やメニューは、以下のHPを参照にしてください。
http://isolde.jp/

チャージ1000円、ドリンクビールなど500円~
食事も充実しています。スパゲティ750円~などおなかにたまるものもあります。
神田駅から徒歩4分ぐらいです。
ひとりでも気軽に入れる雰囲気です。

18:50  ビッキーズ
19:30  脱!
20:10  Maha-era 僕のオリジナル曲を演奏するバンド
20:55  The Buddies こちらにもキーボードで参加
21:30終了予定
[PR]
by mahaera | 2010-07-30 17:13 | ぼくの音楽・バンド活動 | Comments(0)

新作映画評 『シルビアのいる街で』 8月7日公開

シルビアのいる街で 2007年/スペイン、フランス

監督:ホセ・ルイス・ゲリン 8月7日より渋谷シアター・イメージフォーラムにて公開

公式ホームページ

ホテルの一室で目を覚ました青年は、考えごとのあと、
地図を片手に街を歩き出した。カフェに座った青年は、
女性客に声をかけるが、無視されてしまう。
2日目、演劇学校の前にあるカフェで青年は女性客を観察し、
ノートにデッサンを描く。
やがてガラス越しにひとりの女性の姿を青年は見つける。
青年は彼女のあとを追い、後ろから「シルビア」と声をかけるが、反応はない。
美しい街並みの中で、無言の追跡劇が行われる。

中盤にかなり長いシーンがある。カフェに座り、
ビールを飲みながら他のテーブルの客を眺める青年。
人々の会話は途切れ途切れで断片しか聞こえないが、
やがてそれがオーケストラの楽器ひとつひとつのように、
全体のムードを作っていく。セリフはなく、
人々の会話もストーリーを進ませるものではないが、不思議に飽きることはない。
自分もそのカフェに座っているかのような気分になってくる、見事な音響設計だ

青年が女性の後を追って街をさまようシーンも、
音楽の代わりにさまざまな自然音をコラージュし、
音楽以上の効果をもたらしてくれる。
セリフらしいセリフが出てくるのは、
映画が始まってから1時間を過ぎたころだ。会話が登場すると、
映画を観ていた私たちは何だか急にほっとする。
今までずっと画面に集中していた反動なのだろう。
そのシーンだけ、「ふつうの映画」のように感じるほどなのだから。
そして、それまで青年には話し相手もおらず、孤独だったことに気づく

青年はまた次の日もカフェに姿を現す。
6年前に会ったシルビアという女性。はたしてそれは本当の話なのか
それとも…。

映画は不思議な余韻を残す。
商業映画らしい演出とはかけ離れているが、退屈はしない。
実験的でもあるが、それが鼻につかない。
ただ、久々に知的な興奮を与えてくれたことは確かだ。
★★★☆
[PR]
by mahaera | 2010-07-29 17:40 | 映画のはなし | Comments(0)

マハエラ的カルト映画館 『狼は天使の匂い』

『狼は天使の匂い』 1972年 ルネ・クレマン監督


この映画のことを知ったのは小学五年生ぐらいのとき。
父親が買ってきた「映画音楽全集」かなにかのLPに、
この映画のサントラが入っていた。それが何か人を不安にさせるもので、
解説を読んでみた。
たしかこんな感じだ。

飛行機事故でジプシーの子どもたちを死なせてしまったトニーは、
ジプシーの一団に命を狙われて逃げる途中、偶然殺人現場を目撃してしまい、
チャーリー率いる強盗団に拉致される。
捕らわれの身になったトニーだが、彼らの信頼を得て、強盗団の仲間に。
やがてチャーリー一味の目的が明らかになっていく。
ギャングのボスの秘密を知り、裁判のために保護されている情婦を
誘拐するというのだ。計画は実行されるが。。。

なんだか、込み入った話でしょ。
小学生だった僕は、続きがどうなるか知りたかった。
しかしその後、この映画を見るチャンスはなく、
また、レンタルビデオの時代になっても、なぜか本作は発売されなかった。
しかし、先日BSでの放送を知り、40年越しでこの映画に対面できたのだ。

主人公トニー役はジャン・ルイ・トランティニャン
『男と女』の主人公といえばわかってもらえるだろうか。
もうひとりの重要な役、強盗団のボスがロバート・ライアン
本作の撮影中、すでに癌が進行し、本作が遺作となった。
監督は名匠ルネ・クレマン

たぶん、今の映画しか見ていない人にとっては、イントロが短すぎ
(トニーがジプシーに狙われている理由はフラッシュバックのみで語られる)、
強盗団の隠れ家でただただ待機している時間が長すぎると感じるだろう。
しかし、ここが一番描きたかったところなのだ。
犯罪目的でつながっている男たちが、少しずつ心を通わせていく。
どこかで見たことがあると感じていたら、
ジョニー・トーの名作『ミッション非常の掟』に雰囲気が似ているではないか。

後半に行くにしたがって、強盗団の一味がひとりひとりと死んでいく。
女を逃がし、警官隊に包囲されたふたりは童心に返って、ビー玉を賭けて、
的を撃つ。的の下から出てきたのは、アリスのチェシャ猫
これがオープニングシーンにつながっていく。
それがどう関係あるのかわかない。ただ感覚的につながっていく。

うーん、また最初からもう一度見たくなる。
説明不足が、魅力を増していく。
「鏡の国のアリス」が裏テーマらしいのだが、読んでいないので謎。
とにかく見てよかった。大人の犯罪ファンタジー。
[PR]
by mahaera | 2010-07-27 07:45 | 映画のはなし | Comments(0)

暑い。。。仕事。。。

最近、更新のほう、すっかりご無沙汰だが、夏バテと仕事のためです。はい。
おまけに、夏休みで家族がずっと家にいるので、なかなか余裕がない。

昨日は朝7時からドトールで仕事。
8時半、隣のマックに移動して仕事(コンセントがあるため)。
9時半、家に帰る。家族起き出す。
仕事。
昼食後、30分ほど昼寝。
夕刻、ドトール行くも、満席なので、マックで仕事。
19時、ようやく本日の仕事終了。家族でツタヤへ。
20時、夕食後、子どもとDVDを見る。
22時、頭働かない。
24時 寝る。。。

原稿書きって、まあ一日中できるもんでもなく、
集中していられるのは6時間がいいところ。
前にも書いたけど、編集段階に入ると、
だらだらと長時間できるようになるんだが、
まだそこまで行っていない。

それにこの暑さと湿気で、頭ん中はくもの巣かかったよう。
でも仕事やんなきゃ。。。。

今日の昼も似たような感じですが、子どもと公園の樹液スポットででカブト採り。
今週末のライブまで、なんとか盛り上げなきゃ。。。
[PR]
by mahaera | 2010-07-26 18:27 | 仕事のはなし | Comments(1)

Maha-era ライブのお知らせ

ライブのお知らせです。

このあとのバンドの予定、入れてないので、時間のある方見に来てください。

7/31(土) 18:00 Open

18:50 ビッキーズ
 ギター池谷君の息子(10歳)がドラマーのファミリーバンド

19:30  脱!
 サラリーマンが結成したオリジナル曲演奏バンド ボーカル女性

20:10  Maha-era
 僕のオリジナル曲を演奏するバンド
 ドラム、ベース、ギター&トランペット、キーボードに女性ボーカルという編成


20:55  The Buddies
 ブルースバンド バディさん率いるブルースバンド こちらにもキーボードで出演

21:30終了予定

場所 神田イゾルテ バー&レストラン

行き方やメニューは、以下のHPを参照にしてください。

http://isolde.jp/


チャージ1000円、ドリンクビールなど500円~
食事も充実しています。スパゲティ750円~などおなかにたまるものもあります。
神田駅から徒歩4分ぐらいです。
ひとりでも気軽に入れる雰囲気です。

今回は女性ボーカルのあみちゃんが新メンバー。
とはいえ、ライブやる度にメンバー変わっているんで、
新メンバーも何もないのだが。

リハ兼ねて7/15に桜ヶ丘ガスタウン、
7/19に小田急相模原スクール・オブ・ロックで
音出させていただきました。

こう書くとバンドばかりのようだが、実は仕事がとても忙しい。
しかし仕事のこと書いても、つまらないし、原稿がくだらない理由で没になったり、
発注するほうは書かせるだけ書かせても無責任とか、
むかつくことが多い
ので、仕事の話は書かないぞ。
しかし世の中、みんな気安く人に頼みすぎだ!

自分でできることは、人に頼む前にやれ!
そして、それでも人に頼むなら金を払え!
[PR]
by mahaera | 2010-07-21 15:51 | ぼくの音楽・バンド活動 | Comments(0)

昨日のフジファブリックの感想 フジフジ富士Q 続き

昨日は、いろいろゲストのこと書いたけど、
フジファブリック自体の音楽について。
きのうまでは1曲しか知らなかったが、
まとめて聞いたのでなんとなく音楽性がわかったような。

まあ、前にも聴いたことがあったけど、ボーカルの歌い方が同じなので、
曲ごとの差があまりよくわからなかったのかも。
曲調はいろいろあるようで、実はそんなにないような。
サビへの展開の仕方がユニコーンぽいと思っていたら、
やっぱり奥田民生好きだったんだね。
「♪流れるなあーみだぁー」
と歌いたくなるような展開。
でも、最近の草食系ギターバンドとちがって、ちゃんとバンドぽいサウンド。
これはやっぱりキーボードの存在が大きい。

けっこう、参考になりました。
ここんとこ、自分でもピアノとオルガン以外の音は使ってなかったので、
「ああ、シンセらしいシンセの音もいいなあ」
と昨日はつくづく思った次第。
ボーカルの方が亡くなったのは残念だけど、
このまま残ったメンバーでバンドを続けて欲しい。
ゲストボーカル抜きでやった曲は1曲だけだったけど、
もっとやっても良かったと思う。
[PR]
by mahaera | 2010-07-19 00:32 | 音楽CD、ライブ、映画紹介 | Comments(1)

フジフジ富士Qへ行ってきた フジファブリック・イベント

いま、富士急ハイランドコニファーフォーレストから帰ってきた。

行きは東名は順調で、横浜町田ICから御殿場まで
1時間ちょっとで行けたが、そこからの一本道が込んでて。
結局、10:30ごろ家を出て、着いたのが14:00ごろ。
それでも中央道で行くよりは正解。

さて、16:00、定刻きっかりにイベントは始まった。
フジファブリックどころか、日本のプロのライブを見るのは久しぶり。
最後に行ったのは誰か。うーん覚えていない。
もしかしたらユニコーンかも(もちろん解散前の)。
外国人は行っているのだけどね。

ちなみに僕はフジファブリックのファンでもなく、
曲も1曲しか知らない(笑)
でも、最近のバンドにしては珍しく、
キーボードが全面的に出ているので興味は少しあった。

最初のゲストボーカルは奥田民生
1曲目、曲名知らず。バンドの演奏はタイトで、
最近アマチュアの演奏ばかり聴いている耳には、すっごくうまく聞こえる。
ドラムとかフィルインかっこよく決まる。
ちなみにドラマーは東京事変の人らしい。
奥田民生、安定感あります。

次に出たのが安部コウセイという人。若手?
いきなり僕の知っている曲を歌う。「虹」という曲。
ああ、これでもう知っている曲なくなった(笑)
この人もよく知らないけど、いい感じ。
次がハナレグミ。登場するなり竹中直人のモノマネ。
うまくて安定感あるけど、イベント終了後には印象なし。。。

次がメレンゲというグループ?のクボケンジという人。
よく知らないけど、疾走感あっていい感じ。
その次が斉藤和義。妻の目当て。
ちょっとプログレ風の展開の、ギターリフがかっこいい曲。
うまいが、いろいろ並ぶと、残念ながら印象薄くなる。
その次、POLYSICSのハヤシという人。
この人のことはよく知らないが、会場の雰囲気を掴んで、
うまくのらせて良かった。たぶんフジファブリックのメンバーと同年代。

ちなみに各ゲストは、基本2曲ずつで交替。
で、ここまで全員ギターを弾く。しかもちゃんとソロまで弾く人がほとんど。
ちゃんとみな楽器を演奏してるね。最近のボーカル。
でハヤシが湧かせたあと、なぜか藤井フミヤ
息子がフジファブリックのファンだったと言っていたけど、そんな歳なんだ。
で、やっぱり会場に来ている人たちのお父さんぐらいの歳なわけで、
興味ない人がぞくぞくとフードコートへ移動。
まあ、切々とスローな曲を歌われてもねえ。

ここで転換の休憩。

休憩後が、 氣志團
これだけフジファブリックの演奏なしで、自分たちの演奏。
むかし、スタジオで働いていたとき、
亡くなったフジファブリックのボーカルと一緒だった縁らしい。
演奏もちゃんとして楽しめた。徹しているところが好感。

続いて和田唱(TRICERATOPS)
この人もギターをちゃんと弾く人。トリオのバンドでやっているしね。
TRICERATOPSはけっこう好きだったんで期待。
ギターも歌も安心して聴ける。うまい。
そしていちいち、すかしているのも(笑)、楽しめる。

続いて真心ブラザーズ
個人的には、ここが今日のハイライト。
歌もうまいし、雰囲気もある。さすがプロ。
フジファブリックのバックに、スカパラホーンズが加わり、
真心が歌う。ノリもいいし、表現力もある。桜井もYO-KINGも。
いやー、良かった。

で、このあと、PUFFY 、片寄明人 吉井和哉、くるりと続くのだが、
まあ、それはいいや(笑)

エンディングは再び奥田民生登場。

15組、30曲、3時間のイベントは幕を閉じた。
[PR]
by mahaera | 2010-07-17 23:27 | 音楽CD、ライブ、映画紹介 | Comments(0)

これからフジQへ フジファブリック追悼

これから富士急ハイランドへ行ってきます。

フジファブリックというバンドのボーカルの方が、先日亡くなり、
その追悼ライブというのが主旨で、亡くなったボーカルに代わり、
ゲストボーカルがバンドをバックに歌うというものです。

うちの妻がゲスト目当てにチケット買い、僕は同行です(笑)

ゲストは
奥田民夫、斉藤和義、PUFFY、ハナレグミ、スカパラホーンズ、真心ブラザース
気志団、トライセラのボーカル、などなど。


野外フェスは久しぶり。
また、報告します。。。
[PR]
by mahaera | 2010-07-17 09:53 | 音楽CD、ライブ、映画紹介 | Comments(0)

やれやれ 三連発

ここんところ仕事が忙しくて、ブログを更新する余裕がなく、試写も行っていない。
いつのまにか、また見なきゃいけない試写がたまっている。
そして観たけど書いてない原稿もたまっている。
気がつけば、レギュラー原稿の締切日を過ぎていた。。。。
やれやれ。

そんな感じなんで、夜明けに見たサッカー決勝戦、寝ぼけて記憶にない。
いつのまにか、終わってしまったという感じだ。
やれやれ。

気がつけば7月も半分。
昨日は息子が公園でノコギリクワガタを捕まえてきた。
それはいいのだが、飼育ケースから夜中にカブトが脱走して、
夜の4時に室内飛び交う。
なんとか閉じ込めたが、朝起きてみるとまたいない。
いまだ室内で、行方不明。。。
やれやれ。
[PR]
by mahaera | 2010-07-13 16:18 | 日常のはなし | Comments(0)

選挙、ワールッドカップ決勝戦、そして大相撲と世間は忙しい日曜日

あんまり興味なかったが、妻にうながされ、とりあえず選挙にいった。
今回の選挙、正直言って関心がない。
せいぜい、「消費税あげるな!」という感じだけ。
管も小沢もまったくダメだし、自民は過去の亡霊って感じなので、
入れるとしたらそれ以外なんだがねえ。

サッカーも三位決定戦、地上波でやらなかったし。
どうしている!

今夜(明日早朝)は、とうとうワールドカップ決勝戦。
なんだか、日本では日本が敗退した後は、急速にしぼんでしまった感があるが、
まだまだやっているのだ。
しかしこれでオランダが優勝したら、
「優勝のオランダ相手に、がんばった日本」ということになるんだろうねえ。

そうそう、すっかり忘れていたが、今日から大相撲名古屋場所開催らしい。
まあ、なんか相撲も過去の亡霊のようになってしまった。
NHKの放映だが、驚いたのは相撲協会の収入100億円のうち、
25億円がNHKの放映権料という記事。
そんなに払ってんの?って感じで、国民からお金取っているんだから、
NHKもここで、「1年間、相撲中継を自粛する代わりに、受信料値下げします」
と言ってほしいねえ。
今回、ギャンブルに使われた相撲取りの収入の1/4がNHKと思うと、
それが暴力団の資金源へ。
つまり受信料がNHK経由で暴力団にいくというシステム。
もしかして、NHKが直接暴力団にお金渡せないから、
野球賭博経由で渡しているとか、妄想してしまう。
え、なんでNHKが暴力団にお金渡さなきゃいけないのか。
その理由を考えるのが妄想。

それでは、決勝戦、お楽しみに。。。。
[PR]
by mahaera | 2010-07-11 21:20 | 日常のはなし | Comments(0)