ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

<   2011年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

新作映画レビュー『アジャストメント』 ディック原作をマット・デイモン主演で映画化

アジャストメント

2010年/アメリカ

監督:ジョージ・ノルフィ
出演:マット・デイモン、エミリー・ブラント、テレンス・スタンプ、アンソニー・マッキー
配給:東宝東和
公開:5月27日より全国東宝系にて


上院議員候補として選挙戦をリードするスラム出身のデヴィッド。
しかし、過去のスキャンダルにより彼は落選してしまう。
敗北宣言を控えたデヴィッドだが、男性用トイレでエリースという女性と出会ったことから、予定とは違うスピーチを。
それが結果的に功を奏し、復帰のチャンスが。
そんなデヴィッドの動向を、謎の男たちがチェックしていた。
“アジャストメント・ビューロー(調整局)”のエージェントたちだ。
2年後、デヴッドはエリースに再会する。
しかし、デヴィッドは二度とエリースに会わないように
エージェントたちから警告される。
世の中の運命を管理しているという彼らは、いったい何者なのか?

作品が次々に映画化されているSF作家フィリップ・K・ディック
生前の評価は低かったという彼だが、
「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の映画化『ブレードランナー』のカルト化により、世界的な人気を得る。
もっとも、ディックは完成した『ブレードランナー』を観て満足したものの、公開前にこの世を去ってしまい、自分の成功を知ることはなかった。

彼の作品でもっとも有名なのは「高い城の男」だろうか。
第二次世界大戦で、ドイツや日本が勝利した後の世界を描いたパラレルワールドもので、僕も中学生ぐらいの時に読んだ。
一般的には、映画化された作品のほうが知られているだろう。
「追憶売ります」の映画化『トータル・リコール』のほか、『マイノリティ・リポート』『クローン』『ペイ・チェック消された記憶』『スクリーマーズ』『スキャナー・ダークリー』…。
それらの作品に共通するのは、自分の存在への“疑いの心”だ。
自分は本当の自分ではないのではないか。
自分の意思で決めて生きているのは見せかけではないか。
自分の記憶は植えつけられたものではないか。
本作では世の中の筋書きはあらかじめ決められており、
そこから外れそうになると“調整局”の役人たちが現れ、
微調整していく。しかし本作の主人公デヴィッドは、
決められた運命にさからい、愛を貫いていく。

他のディック映画と異なり、派手なアクションはないが、
そのほうがディックらしい。
まあ、「愛の勝利」的な解決は大甘だが、見ている間はけっこう楽しめた。
「どこでもドア」が視覚的に楽しめる。
(★★★)公開中
[PR]
by mahaera | 2011-05-27 19:33 | 映画のはなし | Comments(0)

「映画ライター前原利行」としてのお仕事 最近のを紹介

たまには、仕事していることもアピールしなきゃね(笑)

とはいえ、半分趣味みたいなもんで、映画の原稿、書いてます。
誰か、もっと仕事くれ! という感じですが、年々媒体が減って来て。。

ここでは、みなさんが見やすいように、WEBの媒体を紹介。

■msnエンタメ
 たまに(月いちか2)原稿書いています。
 署名原稿ですが、文字数も少なく、まあ「紹介」という感じでしょうか。
 パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉
○キッズ・オールライト
http://movies.jp.msn.com/movies/movie.aspx?movieId=38386

■goo映画、レッツエンジョイ東京、eo netなどなど

○パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD18072/story.html
おなじのが
http://eonet.jp/cinema/db/movie/17553.html
http://www.enjoytokyo.jp/movie/title/18365/
http://www.entermeitele.net/roadshow/sakuhin/?id=58082
http://m-mobile.asia/mpasp431/_movie/MOVCSTD18072/
○アジャストメント
http://eonet.jp/cinema/db/movie/18097.html
これもけっこうあちこちにあるかも

これらは、「エンタメーテレ」に、依頼されて原稿を書いているのですが、
無署名原稿。まあ、レビューというより、「解説」に近いかもしれません。
そこが、また、あちこちに配信しているようなので、
僕も実際、自分の文章がどのくらい出回っているか、
まったく把握していません。無署名なんで、
「あれ、この文章、どこかで見たことがあるぞ」
と、自分で読んで後から思い出す事もあります。

で、また、これが署名原稿じゃないせいもあり、
あちこちのブログに転載されています。

今回、初めて「パイレーツ〜」で調べてみたら、あるある。
http://ameblo.jp/blindtoreality/entry-10899114528.html
http://blog.goo.ne.jp/hanger5/e/1d3ef7b5669f454f0d947a2304499916
http://samoyan.blog57.fc2.com/blog-entry-2194.html

別に気にしてません。
どんどんコピペして、貼って下さい。
でも、(goo映画から転載)とか、引用した場所はマナーとして、
書いておいて下さい。

■旅行人シネマ倶楽部
 http://www.ryokojin.co.jp/tabicine/index.html 
 ギャラもらってないので(笑)、好きに書いています。
 配給会社にも気兼ねなく、本音で。
 ここでは、みんなの知っている映画というより、
 ぜひ見て欲しい、小品を中心に紹介。
 最近では、『インサイド・ジョブ』『キッズ・オールライト』
『4月の涙』『名前のない少年、脚のない少女』
などを紹介。
もちろん署名原稿です。
コピペしたり、リンクしたりした場合は、出典を忘れずに。
[PR]
by mahaera | 2011-05-25 14:46 | 仕事のはなし | Comments(0)

祝 ボブ・ディラン誕生日

5月24日はボブ・ディランの誕生日です。
もっともアメリカと日本では日付変更線でズレがあるので、
本日、25日が誕生日ともいえます。

僕が人生の師匠とあおぐのは、
マイルスをのぞけばディランのみ。

誕生日、おめでとうございます。

そして、「いつまでも若く」
[PR]
by mahaera | 2011-05-25 01:21 | 音楽CD、ライブ、映画紹介 | Comments(0)

The Buddiesの音源アップ、そして次回ライブの告知

先日の神田イゾルデ、僕はもうひとつのバンド
The Buddiesでも出ました。
こちらはいつもはキーボード弾いているんですが、
今回は、ベース。リハはなく、本番のみのThe Buddiesですが、
ベースでは初参加。マハバディのレギュラーメンバーも
最後に加わって、楽しいライブでした。

G&Vo. Buddy
G&Vo. ちょっち
B 前原
Dr ヒゲじぃー
ゲスト S.Saxゴメ、T.Saxヤノっち、Voイギー


曲目は
Early In The Morning
Sweet Home Chicago
Snatch It Back
I'm Losing You
シンガポール・ブルース
One Way Out
Stormy Monday
四面楚歌

音源はコチラ
http://firestorage.jp/download/6b4260b545a1ba02d15604f7b077fdb79fdad900
または
http://xfs.jp/prVwn
今週いっぱいダウンロード可能。

さて、次回は、大和市の桜ヶ丘のブルースバー、ガスタウンでライブです。

5/11土 Maha-eraトリオ+(プラス) at ガスタウン

http://gastown.jimdo.com/
開場20:00
開演20:30 小田急江の島線「桜ヶ丘」下車 徒歩4分
共演 宮原芽映(Vo&G) +丹波博幸(G)
 http://www.yowako.com/archives/category/mebae
 福嶋アタリ


チャージない、投げ銭ライブ。
近くの方はお気軽に遊びに来て下さい。
飲み物も缶ビール350円〜と、破格の安さです。

今日はMaha-eraの縮小版。前回のレギュラーメンバーから
ドラムとベースが不参加なので、バンド内パートをシフトし、
前原→ベース、西岡→ドラム
となります。

メンバー
前原 Vo, Key, Bass
池谷Vo, Guitar,Tp
西岡Drums
イギーVo


、このライブ、かなりお得です(笑)
共演の宮原芽映さん、ノーチャージで見られるんですから。

20年前に知り合ったのですが、先日10年ぶりぐらいに会って、
出演を頼みました。歌を聞くとジェーン・バーキンを連想させる素敵な女性です。

ぜひ、僕ら、というより彼女を見に来て下さい。
[PR]
by mahaera | 2011-05-24 00:48 | ぼくの音楽・バンド活動 | Comments(0)

Maha-era神田イゾルデ ライブ終了です

昨日、Maha-era at 神田イゾルデのライブ終了しました。

4バンド、出演者は総勢16名、ゲスト奏者も3名いたので、
お客さんよりも、多かったのではないかと(笑)

、4バンドのトップバッターとして、Maha-era演奏しました。
18:40〜19:20

今回は、わりとちゃんとリハしたほうです(笑) 3回。。。
だんだん古い曲はあまりやらなくなってきて、
半分くらいは去年以降に作った曲に。

レギュラーのフルメンバー6名に
曲によってはゲスト奏者が加わる編成。
ハーモニカで加わってくれたYUSUKEくんは、ライブの2日前に
たまたま飲んで誘って、今回参加。
サックスのヤノッチとゴメさんは、
いつもマハバディでやっているホーンズなので、
当日入ってもらっても、安心してお願いできる。

曲目は
1 クレイジー・ドリーム
2 大人になるってこと
3 史上最大のロックスター
4 今年も春が来た
5 冬の陽だまり   + YUSUKE(Blues Harp)
6 かんかん照り
7 重荷  +ヤノッチ(T. Sax)、Gomez(S.Sax)
8 バックパッカーブルース +ヤノッチ(T. Sax)、Gomez(S.Sax)


Maha-era :
 前原 Vo & Keyboard 
 池谷 Vo &Guitar
 斉藤ヒゲじい Dr
 イギー  Vo
 西岡 Guitar
 GOTO Bass


演奏をアップしたので、
今日から一週間以内ならダウンロードできます。
今回はMCもカットしないで入れてみました。

http://firestorage.jp/download/5c5fe3e4ba157815e6eca8447bee2a7af8bb4c46
または
http://xfs.jp/9NEnZ

他の出演者は、
●Blues ? (ブルース・クエスチョン)19:30〜
 女性ボーカル&ギターのグリコ中島さんを中心としたトリオ。
 カッコいいブルースカバーが中心で、SGを弾きまくってました。
 僕らのバンドの中にも、ファン続出。

●Bulue Sky Yonder(ブルー・スカイ・ヨンダー)20:25〜
 Vo&G,Harpのデンチュウさんを中心とした日本語オリジナルのブルースロック。
 いい曲書いています。前回はトリオだったけど、
 今回はギター、キーボードを加えたフルメンバー。
 「種馬太郎のブルース」で熱演。
 「カネだよ、ダーリン」とか、関西ブルースっぽくていい感じ。

●The Buddies(バディーズ)21:20〜22:00
 この世界では有名(?)なブルースギタリスト、バディさん率いるブルースユニット。
 今回は諸般の理由でベーシスト不参加のため、
 いつもはキーボードで参加している僕がベースで参加。
 しかし、一回もリハなしはキツい(本番参加)。かなり緊張。
 最後の2曲は、マハバディホーンズとコーラスでイギーが参加。
 「ストーミー・マンディ」「四面楚歌」を。

来てくれた皆さん、ありがとうございました。
次回は6月25日、またイゾルデでお会いしましょう。
[PR]
by mahaera | 2011-05-22 10:58 | ぼくの音楽・バンド活動 | Comments(0)

明日、ライブです。よろしかったらMaha-eraを観に来て下さい

明日ライブがあります(念のため)
繰り返しですが、まてた告知させていただきます。

場所は東京の神田駅から徒歩4分。
食事も楽しめる雰囲気のいい店で、しかも安い。
ドリンク500円〜。
ピザやスパゲティなど、お腹にたまるものもあります。

5月21日(土曜日) at 神田イゾルデ
http://isolde.jp/
開場:18:00
開演:18:30
チャージ:1500円(1ドリンク付き)


メンバー6名
前原 Vo & Keyboard
池谷 Vo &Guitar
斉藤ヒゲじい Dr
イギー Vo
西岡 Guitar
後藤 Bass

当日、出演は4バンド。
Maha-eraはトップバッター18:30〜19:15ですので、
ぜひ最初にいらして下さい。

他の出演者は、
●Blues ? (ブルース・クエスチョン)19:30〜
 女性ボーカル&ギターを中心としたトリオ。カッコいいブルースカバーが中心。
●Bulue Sky Yonder(ブルー・スカイ・ヨンダー)20:15〜
 日本語オリジナルのブルースロック。
●The Buddies(バディーズ)21:00〜
 この世界では有名(?)なブルースギタリスト、バディさん率いるブルースユニット
 今回はホーンもゲストで参加予定
終演は21:45ごろを予定しています。

いらっしゃる方、ぜひご一報下さい。メールあるいは、
このブログのコメント欄に「非公開」に
チェックしていただければわかります。
お待ちしております。
[PR]
by mahaera | 2011-05-20 08:20 | ぼくの音楽・バンド活動 | Comments(0)

新作映画レビュー『インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実』 

インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実
Inside Job

2010年/アメリカ

第83回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門受賞作品

監督:チャールズ・ファーガソン
ナレーション:マット・デイモン

配給:ソニーピクチャーズ エンタテインメント
公開:5月21日より新宿ピカデリーほかにて公開
上映時間:108分
公式HP:insidejob.jp
 


“グリード(強欲)”という言葉がある。
このドキュメンタリーを観ていて、僕はその言葉を思い出した。
飽くなき金銭欲が、すべてを食い尽くす。
その怪物は、0.1%にも満たない金持ち。
食い尽くされるのは、残りの人々だ。

2008年に起きたリーマン・ブラザーズ社破綻。
なぜそれがきっかけになり、世界同時不況が起きたのか。
ニュースや新聞を見たり読んだりしているのに、
なかなか頭に入ってこないこの問題を、わかりやすく解説し、
なおかつインパクトを与えてくれるドキュメンタリーが本作だ。

アメリカでは1930年代の大恐慌を教訓に、
長い間金融業界には規制がかけられていた。
しかし 1980年代のレーガン政権時代になると、
それまでの規制は撤廃されていき、
投資や利益の追求に歯止めが利かなくなっていく。
企業の役員や顧問が政治家を動かし、
自分たちに都合のいいようにどんどん法律を改正。
ハイリスク、ハイリターンを求めた結果、
住宅ローンはとうとう国家規模のネズミ講にまで発展する。
住宅バブルの崩壊は、最初からわかっていたことなのだ。

この金融危機に関わった多くの人々へのインタビューから
浮かび上がってくるのは、金融界、政界、経済学界がグルになり、
大っぴらに行った犯罪が、“
サブプライム・ローン問題”や“リーマンショック”だ。
「インサイド・ジョブ」とは仲間内の犯行のこと。
しかし、ふつうの犯罪と違ってこの犯罪は誰も罪には問われない。
一般庶民たちは家も仕事も失うが、会社には税金が投入され、
犯人たちの懐は痛まない。
インタビューに応じた“戦犯”たちの多くは、
まったく悪びれていないばかりか、いまだに高給を取り続ける。
こんな人間たちが処罰されずに大手を振っている一方、
家を失い、借金返済のために泥のように働き続ける人々がいる。
そのことを思うと、最高に気分が悪い。
たぶんこの映画を観て、ウォール街の重役連中に
怒りがこみ上げてこない人はいないだろうな。
(★★★)

旅行人のWEB旅シネに寄稿したものを転載しました
[PR]
by mahaera | 2011-05-20 08:02 | 映画のはなし | Comments(0)

新作映画レビュー『4月の涙』 20世紀初頭に起きたフィンランド内戦 その狭間で揺れる男女の姿を描く

4月の涙
KASKY

2009年/フィンランド、ドイツ、ギリシャ

監督:アク・ロウヒミエス
出演:サムリ・ヴァウラモ、ピヒラ・ビータラ、エーロ・アホ

配給:アルシネテラン
公開:シネマート新宿、銀座シネパトスほかにて公開中
上映時間:113分
公式HP:alcine-terran.com/namida
 


フィンランド、1918年4月。
内戦で敗走する赤軍の女性兵たちを白軍が追う。
捕えられた女兵士たちは皆レイプされた上に射殺されるが、
准士官のアーロはただひとり助かったミーナを
公正な裁判にかけようとする。しかし判事のもとへ行く途中、
アーロとミーナの2人が乗った船は孤島に漂着してしまう。
ミーナに愛を感じ始めるアーロ。しかしそれも束の間、
判事のもとに着いた2人は離れ離れに。
判事のエーミルは作家でありながら軍に入ったが、
知識階級出身が周りにいないことから、アーロに親近感を抱く。
アーロとミーナの運命は?
 
本作を観るまで、世界史好きの僕だが、
まったく「フィンランド内戦」について知らなかった。
第一次世界大戦、ロシア革命という大きな変化の中、
小国のできごとは注目を浴びない。
ロシアの隣国のフィンランドで起きた内戦で、赤軍を支えたのは
農民や労働者階級という。これが階級間の戦争であることも
フィンランドの人であればわかるのだろうが、
僕は映画を観ている間はわからなかった。
鑑賞後にネットなどで調べて理解したことを踏まえ
本作を振り返ると、准士官のアーロは教養もある中流階級出身、
女兵士のミーナは農民出身と、身分違いの関係であることがわかる。

この映画が風変わりなのは、この若い男女2人が
使命と恋愛の間で葛藤するというメインストーリーに、
中盤から判事のエーミルという中年男性が大きく関わること。
インテリ層出身の彼は処刑にサディスティックな喜びを感じる一方、
自分の仕事を卑しみ、妻がいながらもアーロに
同性愛的感情を抱くという複雑な人物。
アーロがミーナに恋心を抱いているのを知りつつ、
一方的にアーロを求める。
ストーリー的には、この人をここまで重要に描かなくてもいいと
思うのだが、この妙なバランスの悪さが、本作の魅力でもある。
(★★★)
 
※旅行人のWEB「旅シネ」に寄稿したものと同じものです。
http://www.ryokojin.co.jp/tabicine/index.html
[PR]
by mahaera | 2011-05-17 10:52 | 映画のはなし | Comments(0)

Maha-eraライブ告知です 5/21神田イゾルデ

週末にライブがあります。

これは僕のレギュラーバンドMaha-eraの、レギュラーな形態で、
縮小版のMaha-eraトリオ、拡大版のマハバディなどの基本形です。
この形で全員揃っての予定は、しばらくないので、
ぜひ入らして下さい。

場所は東京の神田駅から徒歩4分。
食事も楽しめる雰囲気のいい店で、しかも安い。
ドリンク500円〜。
ピザやスパゲティなど、お腹にたまるものもあります。

5月21日(土曜日) at 神田イゾルデ
http://isolde.jp/
開場:18:00
開演:18:30
チャージ:1500円(1ドリンク付き)


メンバー6名
前原 Vo & Keyboard
池谷 Vo &Guitar
斉藤ヒゲじい Dr
イギー Vo
西岡 Guitar
後藤 Bass

当日、出演は4バンド。
Maha-eraはトップバッター18:30〜19:15ですので、
ぜひ最初にいらして下さい。

他の出演者は、
●Blues ? (ブルース・クエスチョン)
 女性ボーカル&ギターを中心としたトリオ。カッコいいブルースカバーが中心。
●Bulue Sky Yonder(ブルー・スカイ・ヨンダー)
 日本語オリジナルのブルースロック。
●The Buddies(バディーズ)
 この世界では有名(?)なブルースギタリスト、バディさん率いるブルースユニット
 今回はホーンもゲストで参加予定
終演は21:45ごろを予定しています。

いらっしゃる方、ぜひご一報下さい。メールあるいは、
このブログのコメント欄に「非公開」に
チェックしていただければわかります。
お待ちしております。
[PR]
by mahaera | 2011-05-16 09:06 | ぼくの音楽・バンド活動 | Comments(0)

野外見聞会に参加 という週末でした

西荻の住民になって、はや2週間。
とはいえ、日中、そこらを徘徊しているわけではなく、
近くてもまだまだ知らない店が多い、いやほとんど知らない。
しばらくは、駅と家の間で、用をすますことになりそうです。

さて、昨日は友人の旦那さまが主催する「野外見聞会」という
イベントに参加。
これは大学時代のゼミ友の旦那さまで、学芸大学の教授である
加賀美さんが、知り合いや友人、ゼミ生などに声をかけて、
年に3回ほど行っている、街歩き的なもの(らしい)。

前々から誘われてはいたものの、なにぶん相模原からは遠く、
こちらに引っ越して来て、ようやく気軽に参加できるようになった次第。
それにこの週末は妻が出張で留守なので、子どもとふたり。
何のアイデアも無かったので、子連れで参加。

14:00、西武線の東大和市駅に集合。
総勢20名あまり。僕は友人以外、
初めてお目にかかる人たちばかり。
最初のプログラムは、駅前にある都立薬草園を見学。
http://www.tokyo-eiken.go.jp/plant/yakuyo001.html
ボランティアの方の説明を聞く、一時間ほどのコース。
ここでの見ものは、合法的に栽培されているケシの花が、
いま、まさに見ごろということ(笑)
ケシの隣には、麻も並んで栽培されているが、
もちろん鉄柵がしてあり、侵入はできません(笑)

その後、玉川上水を20〜30分ほど歩き、
ムサビの教授の方の案内で武蔵野美術大学の図書館へ。
http://www.musabi.ac.jp/
ここで、デジタルアーカイブの説明を聞いた後、図書館見学。
昨年できたばかりという図書館は、
ものすごーく立派。
図書館のデザインも、さすが美大という感じで、
机やイスもいい感じ。近ければここに通って毎日仕事したいくらい。

帰りは希望者で国分寺のイタリア料理店で食事会。
ここでやっと他の参加者の方々と話す機会がある。
だいたいが大学関係者と出版・編集者。
いろいろと興味深い話も聞けて、面白かったです。
連れて行った12歳の息子も、おいしいイタめしとあって、
パクパクと食べていた。

さて、今日も朝から昼食までは仕事というスケジュール。
明日提出の仕事がなかなか終わらない。
しかしあまりにも天気がよいので、
昼食後は、近くの善福寺公園まで行ってみる事にする。
徒歩30分。途中の道は、暑い。暑い。
公園で発見したもの。
カメ3匹、トカゲ1匹、アゲハ1匹、クロアゲハ匹、コイやカモ多数。
公園のベンチでしばし原稿に赤を入れる。

バス通りを通って帰って来たら、
旅の本の専門店「のまど」を発見。
http://www.nomad-books.co.jp/
こんなところにあったんだ。
(おもわず自分が関わった本を探す)

家に帰ってしばらくすると、妻からあと一時間で帰宅すると電話。
あわてて夕飯作りだす。

気がつくと、明日提出の原稿、まだ終わっていない。
1000字を750字に切り詰めなければ…。

こんな週末でした。
[PR]
by mahaera | 2011-05-15 20:03 | 日常のはなし | Comments(0)