「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

<   2011年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

新作映画レビュー『ラスト・ターゲット』 ジョージ・クルーニーが孤独なスナイパーを演じる

ラスト・ターゲット

2010年/アメリカ

監督:アントン・コービン(『コントロール』)
出演:ジョージ・クルーニー、ヴィオランテ・ブラシド、テクラ・ルーテン
配給:角川映画
公開:7月2日より角川シネマ有楽町にて


スウェーデンの森の一軒家に身を寄せる男ジャック。
翌朝、雪原に銃声が響いた。
狙撃手を返り討ちにしたジャックは、連れの女も撃ち殺し
ローマへ向かう。組織の連絡係と接触したジャックは、
田舎町で身を隠し連絡を待てとの指示を受ける。
しかし信用できないジャックは、別の田舎町へ。
そこに落ち着いたジャックは狙撃ライフル製作の仕事を請け負う。
神父、そして優しい娼婦との交流に安らぎを見出すジャック。
しかし彼の身に追っ手が迫っていた。

陽性な“われらがアニキ”的なキャラクターが得意な
ジョージ・クルーニーだが、本作では“孤独なスナイパー”と、
彼にしては異色のキャラクターを演じている。
映画の大半は追っ手から逃れて潜伏しているという設定のため、
登場人物はわずか。派手な撃ち合いもほとんどない。
映画はじっくりとこのスナイパーの心境の変化を描く。

初登場全米No.1ヒットの割には恐ろしく地味な作品で
雰囲気はアクションに頼らずキャラクターを描いていた
70年代の犯罪映画に雰囲気が近い。
いいけれど、物足りなさがあるのが本作の欠点か。
名画座の二本立ての併映なら申し分ない。
もう一本がハリウッドの大味なアクションなら
なおさら本作が引き立ちそうだ。

監督はフォトグラファーとして有名なアントン・コービン
ロックスターのポートレイトやジャケット写真、
U2やニルヴァーナなどのPVを手がけた後、
ジョイ・ディヴィジョンのボーカルのイアン・カーティスの
生涯を描いた『コントロール』(07)で監督デビュー。
本作が長編2作目になる。
U2の「ヨシュア・トゥリー」のあの有名なモノクロの
ジャケット写真は彼の作品だ。


(★★★)
[PR]
by mahaera | 2011-06-30 12:01 | 映画のはなし | Comments(0)

新作映画レビュー『SUPER 8』 形作って魂入れずって感じかなあ

今、話題の『SUPER 8』、観ました。
試写で観たので、観たのはもう2週間ぐらい前のことになるけれど、
まあ、映画館にいる間は楽しめると思いますよ。
少なくとも『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』
のように退屈はしない。

どっちにしようかなと迷っていたら、『SUPER 8』をすすめます。
まちがいなく。

ストーリーは、1970年代に8mm少年だった僕には、ピッタリハマる設定。
だって主人公達は、あのころの僕たちとそう変わらない
僕も(もうちょっと年は上だったけど)8mm映画を
毎日曜日に作っていた。
で、男子校だっんで、女の子のキャストが来ると、
もうみんないつものみんなじゃない

この映画のように宇宙人は現れなかったけど。

そう、この映画がおもしろかったのは、中盤まで
宇宙人が大暴れしたり、軍の兵隊達を襲ったりしているうちに、
どんどんとテンションが落ちていった。
つまり画面が派手になればなるほど、よくあるエイリアン襲来ものののように
なっていくのだ。
誰かも書いていたのだが、脚本や展開はいちおうソツがないのだが、『未知との遭遇』や『E.T.』にあった、やむにやまれない熱情が
ここには感じられない。
スピルバーグのあの頃の映画には、
そうしたバランスを無視したパッションがあった。
今回、製作はスピルバーグだが、監督・脚本はJJエイブラハムズ。
彼も映像でみる限り、スピルバーグ同様、
映画以外には取り柄が無く、クラスでは孤立していそうな
ユダヤ少年だったのだろう。
(スピルバーグはクラスで唯一のユダヤ人でいじめられたらしい)
共通項は多そうだが、『LOST』『スタートレック』
『ミッションインポッシブル3』など
JJエイブラハムズ作品を観ていると
人間に対する感情や願いが、スピルバーグ゜とは異なる気がする。

で、この映画だが、形はスピルバーグ作品のようだが、
肝心の何かがかけている。
だから、ラストシーンも、スペクタクルは見せられているが、
感動はなかった。期待し過ぎたせいなのだろうか。
まあ、面白いだけなら文句は無いのだけど。
(★★★)
[PR]
by mahaera | 2011-06-28 22:13 | 映画のはなし | Comments(0)

マハバディ神田イゾルデ ライブ終了!

6.25神田イゾルデでのライブ終了。

これでマハエラ、マハバディ両バンドのライブ予定がゼロになりました。
スタートしてから、ライブ、ライブで来てしまったので、
ちょっとリセットしてみたい気もします。

さて、ライブですが当日は3バンド。
最初は、マハバディののギター&ペットの池谷君率いる
ファミリーバンド、ビッキーズ
お子さんのヒビキくんがボーカル&ドラムス
奥さんがキーボード
ベースだけが友人の方、という編成に、
マハバディからヤノッチ、ゴメスが2曲ホーンズで参加。
「お前を離さない」「スイートホーム・シカゴ」良かった。
ヒビキくんのドラムも少し見ないうちに、また上達。

次が、マハバディのもうひとりのギタリスト、
バディさん率いるシカゴ侍ズ
その手のものをやらせたら、もうこの人たちにはかないません。
BBキングそのものというブッチさんのボーカルとギターにも堪能。
あと、リズムセクションも良かった。
こういうノリは僕らには絶対出せないなあ。
あのシャッフル感。

そして今回のトリ、マハバディ。
いつも本番で、リハ以上のノリが出せなく、
このメンバーならもっといい演奏できるのでは、
と残念な事が多かったけど、今回はずいぶんと気持ちよくできました。

演奏リストは
1 Room 504(新曲)
2 YOKOHAMAランデヴー
3重荷
4 ラブ・アゲイン
5 機関車
6 海と空
7 話の腰を折らないで
8 バックパッカーブルース
9 世界は君に


音源は今日から一週間以内なら以下からダウンロードできます。
http://firestorage.jp/download/6dd38c38bfc00b0aca43a792200da88c2b358586
または
http://xfs.jp/yJYGN

お客さんの暖かい拍手と、お褒めの言葉が、次へのライブにつながります(笑)
またよろしくお願いします。
[PR]
by mahaera | 2011-06-26 22:43 | ぼくの音楽・バンド活動 | Comments(0)

再び告知 明日、神田でライブです。久方ぶりの人、いらしてください。

明日、いよいよライブです。
今回は、ブラスセクション入りの大人数バンド
マハバディのライブです。

場所は東京の神田駅から徒歩4分。
食事も楽しめる雰囲気のいい店で、しかも安い。
ドリンク500円〜。
ピザやスパゲティなど、お腹にたまるものもあります。

6 月25日(土曜日) at 神田イゾルデ
http://isolde.jp/
開場:18:00
開演:18:30
チャージ:1000円 + 1ドリンク500円


メンバー8名
前原 Vo & Keyboard
バディ Vo & Guitar
池谷 Vo &Guitar,Tp
斉藤ヒゲじい Dr
イギー Vo
後藤 Bass
ヤノッチ T.Sax
ゴメ S. Sax , Flute

当日、出演は 3バンド。
マハバディはラスト20:20〜です。

他の出演者は、
ビッキーズ
シカゴ侍ズ
です。

このあと、しばらく予定がないので、ぜひみなさんいらして下さい。
[PR]
by mahaera | 2011-06-24 23:44 | ぼくの音楽・バンド活動 | Comments(0)

新作映画レビュー『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』 今度は舞台はタイ

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える
The Hangover Part II
2011年/アメリカ

“史上最悪の二日酔い”が国境を越え、タイに!
バンコクとクラビーを舞台にまたトンでもない事態に

監督:トッド・フィリップス(『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』『デュー・デート~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断』)
出演:ブラッドリー・クーパー(『特攻野郎AチームTHE MOVIE』)、エド・ヘルムズ(『ナイト・ミュージアム2』)、ザック・ガリフィアナキス(『デュー・デート~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断』)、ポール・ジアマッティ(『アメリカン・スプレンダー』『サイドウェイ』)
配給:ワーナー・ブラザース映画
公開:7月1日より丸の内ピカデリー他、全国公開
上映時間:102分
公式HP:www.hangover-japan.com


全米で公開されるや否や大ヒット。有名スターがいない、
R指定(成人向き)というハンディに関係なく、ヒットした前作
『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』
から2年、同じスタッフとキャストによる続編がやってきた。

ラスベガスで前夜の記憶がまったくない
“史上最悪の二日酔い”を体験したフィル、スチュ、ダグ、アラン。
今度は歯科医のスチュが花嫁の母国であるタイで挙式をすることに。
タイの島に集まった一同はスチュの義弟となる少年テディも加え、
島のビーチでささやかにビールで乾杯。
ところが、次に気がついたのはバンコクの薄汚いホテルの一室。
アランは丸坊主、スチュは顔にタトゥー、テディは消え、
その代わりに見知らぬサルが一匹。
そしてなぜか前回もめたチャイニーズ・マフィアのチャウも。
昨夜の記憶はないが、テディを見つけないと、結婚式に出られない。
そこで彼らはバンコクの町に繰り出すのだが。。

ハングオーバーとは二日酔いのこと。
激しい二日酔いで目が覚めると前夜の記憶がまったくない。
そんな経験をしたことがある人もいるだろう。
しかしこの映画の主人公たちは、まったく記憶がないだけでなく、
多くの人々にメーワクをかけた形跡アリ。
今回、クラビーで意識をなくし、目覚めたらバンコクというのは、
実際には距離がありすぎるが、まあ設定ではバンコク近くの
どこかのリゾートアイランドということなのだろう。

前回登場したチャイニーズ・マフィアのチャウをはじめ、
マイク・タイソンなど人気キャラクターが再び登場。
ギャグは少々下品で、ベタといえばベタだが、お気楽に楽しめる。
今回はR-15指定とややソフトか。
お約束のエンドロールの“証拠写真”がやはり一番笑えるかも。
(★★★)

■映画の背景
・主人公たちが目覚めるバンコクの安宿は、実はカリフォルニアに造られたセット。
・バンコクのロケはチャイナタウンを中心に行われた。
・取引に出てくる高層ホテルは、バンコクの「ルプア・アット・ステート・タワー」。本作はそのスカイレストラン“シロッコ”で撮影された初めての作品になった。このレストランは世界最高所にあるオープンエアのレストランという
・「チェンンマイ・テンプル」として出てくる寺院は本物ではなく、
テーマパークの「エンシェント・サイアム」にあるものに手を加えて撮影された。

(旅行人のWEB「旅シネ」に寄稿したものを転載しました)
[PR]
by mahaera | 2011-06-23 21:20 | 映画のはなし | Comments(0)

新作映画レビュー『メタル・ヘッド』 破壊的な男が家族の再生に手を貸す。あまりメタルは関係なし

メタル・ヘッド

2010年/アメリカ

監督:スペンサー・サッサー
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴット(『インセプション』)、ナタリー・ポートマン(『ブラック・スワン』)、デヴィン・ブロシュー、パイパー・ローリー(『ハスラー』)
配給:フェイス・トゥ・フェイス、ポニー・キャニオン
公開:6月25日よりシアターN渋谷ほかにて
公式HP:www.metalhead-film.com


少年TJは2ヵ月前に自動車事故で母を亡くし、心に大きな傷を負った。
妻の死にすべてにやる気を失った父と祖母の家に住むTJ。
そんなTJの前に、長髪でヘビメタ好き、
下品で乱暴で何をしでかすかわからない謎の男ヘッシャーが現れ、
TJの家に勝手に住み着いてしまう。
その一方、上級生に暴力を振るわれていたTJは、
スーパーのレジ係をしているニコールに救われる。
TJはニコールに淡い恋心を抱くが、
予測不能のヘッシャーの行動にTJとその一家は振り回されていく。

主人公はヘッシャーではなく、少年TJ。
母は死に、父親は無気力で、学校へ行けば上級生にいじめられる。
どこにも行き場のないTJの前に現れたのが、ヘッシャーだ。
TJの家に来るなり、ケーブルTVを勝手に引き込んでAVを見始め、
オンボロ車の中で大音量でヘビメタを流し、
言うことは下品。
まったくもって暴力的なメイワク男なのだが、TJを気に入ったのか、
TJの家にやって来て、そこに住み着いてしまう。

一風変わった、家族の再生を描いたドラマだ。
家族の突然の死から立ち直れない一家に、
1人の“よそ者”が勝手に入り込み居座ってしまう。
とにかくこの男“ヘッシャー”が奇抜なキャラクターだ。
しかし彼に振り回されながらも、
主人公TJはいつの間にか生きる力を取り戻していく。
ヘッシャーを演じるのは、『インセプション』で
ディカプリオの相棒役をしていたジョセフ・ゴードン=レヴット。

大スターに囲まれながらも、存在感のあるキャラだったと思う。
アカデミー主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマン
『キャリー』の狂信的な母親役が印象的なベテランのパイパー・ローリーなどが脇を固めている。
ちなみにヘビメタは、ヘッシャーが車で聴く程度。
ガレージでギターをかき鳴らすという設定だが、
演奏シーンはなし。ヘビメタファン向けではない。
(★★★☆)
[PR]
by mahaera | 2011-06-22 12:32 | 映画のはなし | Comments(0)

6.25マハバディ神田イゾルデのライブお知らせ

今週末ライブがあります。
今回は、ブラスセクション入りの大人数バンド
マハバディのライブです。

場所は東京の神田駅から徒歩4分。
食事も楽しめる雰囲気のいい店で、しかも安い。
ドリンク500円〜。
ピザやスパゲティなど、お腹にたまるものもあります。

6 月25日(土曜日) at 神田イゾルデ
http://isolde.jp/
開場:18:00
開演:18:30
チャージ:1000円 + 1ドリンク500円


メンバー8名
前原 Vo & Keyboard
バディ Vo & Guitar
池谷 Vo &Guitar,Tp
斉藤ヒゲじい Dr
イギー Vo
後藤 Bass
ヤノッチ T.Sax
ゴメ S. Sax , Flute

当日、出演は 3バンド。
マハバディはラスト20:20〜です。

他の出演者は、
ビッキーズ
シカゴ侍ズ
です。

このあと、しばらく予定がないので、ぜひみなさんいらして下さい。
[PR]
by mahaera | 2011-06-19 01:16 | ぼくの音楽・バンド活動 | Comments(0)

新作映画レビュー『テンペスト』 シェイクスピア最後の傑作を、鬼才ジュリー・テイモアが映画化

テンペスト
Tenpest


2010年/アメリカ

シェイクスピア最後の傑作を、鬼才ジュリー・テイモアが
主人公を女性に変更し、豪華キャストで映画化

監督:ジュリー・テイモア(『フリーダ』『アクロス・ザ・ユニバース』)
出演:へレン・ミレン(『クイーン』『RED』)、クリス・クーパー(『アダプテーション』『アメリカン・ビューティー 』)、アラン・カミング(『Xメン2』)、ジャイモン・フンスー(『アミスタッド』『アイランド』)、アルフレッド・モリナ(『フリーダ』『スパイダーマン2』)、ベン・ウイショー(『アイム・ノット・ゼア』)
配給:東北新社
公開新宿武蔵野館、シネ・リーブル池袋ほかにて公開中


ミュージカル「ライオンキング」で斬新な演出を施し、
世界に一躍名をとどろかしたジュリー・テイモア
まもなく映画界にも進出した彼女は、シェイクスピア原作の
『タイタス』で先進的な映像スタイルを見せる。
僕はこの『タイタス』で初めて、テイモア作品を見たが、
奇抜なコスチュームと斬新な演出に驚いた。
続く『フリーダ』、『アクロス・ザ・ユニバース』
随所に才気をほとばしらせ、映像美に堪能したので
この新作にも多いに期待した。

さて、シェイクスピア最後の傑作と言われる
晩年の作品の映画化がこの『テンペスト』だ。

ナポリ公アロンゾーとその一行の乗った船は、
突然の嵐(テンペスト)に襲われ、アロンゾーと王弟、老顧問官、
そしてミラノ大公の4人は孤島に漂着する。
しかしそこにアロンゾーの息子ファーディナンドの姿はなかった。
この嵐は、島に住むプロスペラが魔術で起こしたものだった。
かつてミラノ大公妃だったプロスペラだったが、
夫の死後、弟に大公の座を奪われて国を負われ、
娘のミランダとここで暮らしていたのだ。
自分を裏切った者たちへの絶好の復讐の機会を、
プロスペラは見逃さなかった。

テイモアは原作のシェイクスピア作品では男性だった
主人公プロスペローを『クイーン』でアカデミー主演女優賞を得た
ヘレン・ミレンを起用し、女性のプロスペラに変更。
アカデミー賞衣装デザイン賞にもノミネートされた見事な衣装
実力派の俳優たちが織り成す演技のアンサンブルと、
見どころには欠かない出来上がりになった。
ただ、展開がところどころかったるくなる
(とくに道化のあたり)のは、原作を変えられない
(戯曲どおりでセリフはママ)なので、
仕方がないのだろう。舞台では息抜きに必要な、道化のパートも
映画では物語の進行を停滞させるだけで、いらなく感じるのだ。
あとは、今までのテイモア作品に比べて、
ひとつ突き抜け感に欠ける感じがした。
ヘレン・ミレンの芝居や衣装がすばらしいだけに、
そのあたりが残念。これは原作本来の弱点なのだろうか。
それとも演出なのだろうか。
(★★★)
[PR]
by mahaera | 2011-06-18 12:38 | 映画のはなし | Comments(0)

新作映画レビュー『セヴァンの地球のなおし方』 地球にやさしいオーガニック啓蒙映画

セヴァンの地球のなおし方

2010年/フランス

19年前に環境破壊を止めるよう世界に訴えた少女が
いま、母親になり、再度同じ問いかけをする

監督:ジャン=ポール・ジョー(『未来の食卓』)
出演:セヴァン・スズキ、ハイダグワイの人々、古野隆雄、福井県池田町の人びと、バルジャック村の人びと
配給:アップリンク
公開:6月25日より東京都写真美術館、アップリンクにて
上映時間:120分
公式HP:www.uplink.co.jp/severn


放射能汚染や有害物質を含んだ栽培…、
食への関心が高まる中、日本でも公開された『未来の食卓』は、
村全体で有機農法に取り組む
フランスのバルジャック村を中心とした、オーガニック啓蒙映画だった。
その監督による本作は、「食」だけでなく、
地球が抱えている問題をより良い方向へ直そうとしている人々を映し出していく。

語り手となるのはセヴァン・スズキ
1992年、ブラジルで開かれた国連の地球サミットで、
12歳のセヴァンは世界の識者を動かす有名なスピーチを行った。
「どうやって直すのかわからないものを、
こわしつづけるのはもうやめてください」。

そして現在29歳になったセヴァンのお腹には新しい命が宿り、
未来の子どもたちへ、そして子どもを持つすべての親に語る。

日本ではすっかりおなじみの合鴨農法により
オーガニック米を作る福岡の農家、
『未来の食卓』の舞台となったフランスのバルジャック村、
サメの乱獲反対を訴える13歳の少女、
コルシカ島のビオワイン農家などの取り組みが本作で紹介されていく。

言っていることは、しごくまっとうだ。
有機栽培の野菜を買っている人はかなり共感するだろう。
しかし、僕にはあまりにさらっと流れてしまい、
印象が薄く感じられた。
どうも僕のような危機感がない人には、
「そうだそうだ、その通りだ」と見ている間は共感するが、
それで終わりになってしまう。

手遅れになってからでは遅いのだろうが、
僕は東電の役員のように現実に目をつぶって、
汚染された食材を食べ続けている。
それだけでも、地球をこわす方に加担しているのだろうか。
それとも巨悪に対抗するには、
このドキュメンタリーに出てくる人々のように、
小さな取り組みをしていけばいいのだろうか。
それもなかなかできるものではないのだが。
(★★★)

旅行人のウエブサイト「旅シネ」に寄稿したものを転載しました。
[PR]
by mahaera | 2011-06-17 21:39 | 映画のはなし | Comments(0)

これから都心へ

今朝はいつもより早起き。
というのも、朝9時に火災報知器の点検に業者が来るというのだ。
妻は、片付けに忙しく、僕は落ち着かない中、原稿も書けず、
カメの水槽洗いをする。

10:30になっても業者が来ない。
妻が電話をしたら、プリントがまちがっていて
明日だという。
とほほ。土曜なのに寝坊ができない。

これから都心へまたも試写。
コメディの『ハングオーバー』の続編です。
それでは、また。

(なんだかツイッターみたいな内容の今回)
[PR]
by mahaera | 2011-06-17 11:19 | 日常のはなし | Comments(0)