「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

<   2011年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

新作映画レビュー『スーパー!』  『キック・アス』に続く、等身大ヒーロー出現。笑えるが少々イタい話

スーパー!
Super !
2010年/アメリカ

監督:ジェームズ・ガン
出演:レイン・ウィルソン(『ギャラクシー・クエスト』)、エレン・ペイジ(『JUNOジュノ』)、リヴ・タイラー(『アルマゲドン』)、ケヴィン・ベーコン(『インビジブル』)
配給:ファインフィルムズ
公開:7月30日よりシアターN渋谷、新宿武蔵野館にて公開中


現実には何の“スーパー”能力がない人間が、
コスチュームを着て覆面ヒーローに変身する。
それをポジティブに(ファンタジーとも言えるが)映画化したのが
『キック・アス』だったら、あるがままに描くと
この『スーパー!』のようにタダの変質者に見えてしまう。

主人公は食堂のコックをしているさえない男フランク(レイン・ウィルソン)。
ある日、ドラッグに依存している妻サラ(リヴ・タイラー)が、
ティーラーのジョック(ケヴィン・ベーコン)を追って
家を出て行ってしまう。
テレビを見ていて神の啓示を受けたフランクは、
自分でデザインした赤のコスチュームに身をまとい、
クリムゾン・ボルト”と名乗り、町の悪と闘い始める。

フランクは体は大きいが「何でこんな美人妻がいるの?」と
誰しも疑問に思うほどのさえない男。
真面目すぎて面白みがない男なのだ。
フランクを演じるのは、傑作パロディSF
『ギャラクシー・クエスト』で、
助けを求めに地球にやってきたオカッパ頭の宇宙人
を演じていた
レイン・ウィルソン。
それが浮かぶほどだから、主演級の作品はなく、
それが私たちに、「脇役はスターなのに、
なんで主人公はこんなにパッとしない人なの」と思わせる。
妻の家出と神の啓示を気に、覆面ヒーローになる決意をするフランク。

しかし、毎日犯罪に遭遇するわけでもなく、
地味に路地で犯罪が起きるのを待っている夜が続く。
しかもコスプレ状態で(笑)
武器は金属レンチだ。しかしそれで相手を殴っている姿は、
傍目には“アブナイ変質者”にしか見えない。

そんな彼に押しかけ的に相棒になったのが、
コミック雑誌店の女店員リビー。
“ボルティー”と名乗る彼女だが、正義心より暴力をふるうことに
喜びを感じている“ただのコスプレ好き”にしか見えない。
ただのアブナイ女だ。

フランクは正義のヒーローを文字通り演じるが、
やがてそれが妻を助けに行くのを
ただ躊躇しているだけのごまかしと覚る。
実際、妻はまったくフランクの元に戻りたくなく、
自主的に出て行ったのだが、
それを認めるわけにはいかないのだ。
そして、ボルティーを引きつれ、妻の救出に向かう。

かなり笑えるが、それがかなり“イタい”笑いであることは確かだ。
『キック・アス』のようなカタルシスはないが、
これが苦い現実なのだ。

(★★★☆)
[PR]
by mahaera | 2011-07-31 00:34 | 映画のはなし | Comments(0)

近況

映画の話題が続いているが、ここ数ヶ月、
月平均十本以上は映画を観ているからで、
まだまだこれからも紹介します(笑)
今週、試写で観たのが
「さすらいの女神たち」」「エンディングノート」
「グリーン・ランタン」「孔子の教え」「明りを灯す人」の5本。
で5本文の原稿を書いている(笑)

でも、同じバンドの池谷君のブログを見ていると、
ほとんど作品がダブらないのだな。見ている映画。

音楽だが、バンド活動が活発なときは、
あんまりCDをガンガン聴いたりせず、自分たちの演奏を
チェックしたりしているんで、最近はあまりCDも買っていない。
その代わり、家ではラジオを聴いたりしている。
昨日からはフジロック特集で、苗場に行けずだが、
雰囲気をなんとなく味わっている。
しかし8月はライブの予定なし。
なんかこれほどライブがないのも久しぶりだな。
次は9月3日、アコースティック版だし。

時事ネタとしては、中村とうようさんの自殺がショックだった。
ミュージックマガジンの「とうようズトーク」はいつも楽しみだったし、
かなりの高齢のはずなので、そんな方が自殺とは。
加藤和彦、今野雄二さんたちの自殺もショックだったが、
人間、そのままでもあと数年で寿命ぐらいの年齢になっても、
死にたくなるということを知り、
まだまだ自分の人生、長いと知る。
[PR]
by mahaera | 2011-07-30 23:05 | 日常のはなし | Comments(0)

新作映画レビュー『ふたりのヌーヴェル・ヴァーグ ゴダールとトリュフォー』

ふたりのヌーヴェル・ヴァーグ ゴダールとトリュフォー
2010年/フランス

監督:エマシュエル・ローラン
出演:フランソワ・トリュフォー、ジャン=リュック・ゴダール、ジャン=ピエール・レオー
配給:セテラ・インターナショナル
公開:7月30日より新宿K’s cinemaほかにて


ヌーヴェル・ヴァーグを代表する監督には、エリック・ロメール、
ジャック・リヴェット、クロード・シャブロルらがいるし、
本作ではまったく名前が出てこないがルイ・マルもそうだ。
しかし多くの信奉者を生み出し、映画ファンにアイドル的人気を得たのは、やはりトリュフォーとゴダールにつきる。
当時のニュース映像や作品からの抜粋映像を使い、
ヌーヴェル・ヴァーグの誕生からふたりの作風の変化、そして決別までを描いたドキュメンタリーだ。

1959年、カンヌ国際映画祭で一本の映画が話題をさらった。
フランソワ・トリュフォーの長編第一作『大人は判ってくれない』だ。
本作でヌーヴェル・ヴァーグが始まったわけではなく、
その数年前から若手映画批評家たちを中心に、
従来のフランス映画の枠にはまらない映画が作られ始めていた。
しかし『大人は判ってくれない』の監督賞受賞は、
そのヌーヴェル・ヴァーグの評価を確固たるものにした。
そのすぐ後にゴダールが『勝手にしやがれ』を発表した

貧しい一家に生まれたトリュフォー、
裕福なブルジョア家庭に生まれたゴダール。
ふたりは「映画」という共通の言語を通して、友情を結ぶ。
ふたりは60年代を駆け抜けるが、
どんどん政治にのめりこんでいくゴダールに対し、
映画職人への道を進むトリュフォー。
73年の『アメリカの夜』は映画愛に満ちたすばらしい作品だが、
ゴダールは“ブルジョア的”と厳しい批判を行い、2人は決裂する。

僕はゴダールの映画はおそらく10本は観ているが、
もう一度観たいと思ったのは『勝手にしやがれ』ぐらい。
あとは、勉強をするように何とか観た。
なかには忍耐を強いられる作品もあった。
トリュフォーも出来不出来はけっこうあるが、
出来の悪い作品もどこか好きな部分があるのと対照的だ。
一番好きなのは『突然炎のごとく』だが、
『トリュフォーの思春期』『私のように美しい娘』も好きで、
とくに映画についての映画『アメリカの夜』は高校時代に見て、
かなり感銘を受けた。
ところが、ゴダールからすれば、
そんなトリュフォーはかなり生温く感じたに違いない。

このドキュメンタリーだが、後半は駆け足になってしまい、
ゴダールとトリュフォーを描きたかったのか、
それともヌーヴェル・ヴァーグという運動を描きたかったのか、
中途半端な感じになってしまったのが残念。
(★★☆)
[PR]
by mahaera | 2011-07-29 21:30 | 映画のはなし | Comments(0)

Maha-eraの画像がYouTubeで観れます。それと近況。

ここのところ、仕事的にはヒマに近かったのだが、さくさくと半月仕事が決まり
しかも提出がそんな先ではなかったので、
おとといぐらいからそれに取りかかっている。
でも、暑い。 日中は家で原稿書いているのだが、
どうも暑いのと部屋に誘惑が多いので、外へ出て原稿を書く。

毎度のことだが、その原稿に集中し出すまでに時間がかかり、
最初のうちはちょっとやっては、休みの繰り返し。
それでも今日はなんとか2000字ぐらい書けた。
最終的には5000字ぐらいに収め、それをシェイプアップして
半分ぐらいにしたいのだが。。。

さて、先日、西荻のアコースティックカフェでやった
少人数のライブのうち2曲の映像が店のHPにアップされています。
トップページはこちらなので、興味がある方はそこから観てください。
http://triad.aas-member.com/acoustic_cafe/

で、そのとき気づいたんだが、1月に西荻ヘブンスドアでやった時の
映像も、その時のドラムのにしやんぐさんによってYouTubeにアップされてました。
知らなかったのは僕だけでした(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=Qk__-I__IMA
http://www.youtube.com/watch?v=CHmYlZZ_l8g
なんか、これも今となってはずいぶん前のことのような気がします。

明日は昼から試写だあ。
[PR]
by mahaera | 2011-07-28 01:42 | ぼくの音楽・バンド活動 | Comments(0)

新作映画レビュー『おじいさんと草原の小学校』 “世界最年長の小学生”というケニアの真実にもとづく物語

おじいさんと草原の小学校
The First Grader


2010年/イギリス

監督:ジャスティン・チャドウィック(『ブーリン家の姉妹』)
出演:ナオミ・ハリス(『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』)、オリヴァー・リトンド、トニー・ギゴロギ

配給:クロックワークス
公開:7月30日より岩波ホールにて
上映時間:103分
公式HP:www.84-guinness.com


2003年のケニア。
政府がすべての国民に無償で初等教育を提供すると発表した
ことを受け、田舎の小学校に数百人の子どもたちが押しかけた。
その中に84歳の老人マルゲの姿があった。
教育を受ける機会がなかった彼は、
字を読みたい一心でやってきたが、
生徒になるにはまず鉛筆2本とノートが必要と追い返される。
何度も門前払いを受けながらもやって来るマルゲの熱意に
心を打たれた校長のジェーンは、マルゲを自分のクラスに受け入れる。
しかし独立戦争の戦士として闘った過去が、
今もマルゲを苦しめていた。
そしてマルゲの入学に反対する周囲の者たちの声も
次第に高くなっていった。
 

ギネス記録の世界最年長の小学生の実話」という見出しに、
もう内容はほとんど読めた気になってしまうが、
僕のそうした予想は気持ちよく裏切られた
周囲の者たちの執拗な意地悪、
そして注目を集めるようになったマルゲに対する嫉妬、
マスコミの取材を受けると「いくら金をもらった」と
金目当てにやって来る政治家と、マルゲの入学を認めた校長以外は、
大人はもうセコい人ばかりである
田舎の人は心が清いという、映画の前提をあっさり裏切ってくれた。
気のいい長屋のおばちゃんとかが、出てこないのだ。

さて、本作で僕も知ったのだが、
ケニアでは半世紀前に「マウマウ団の乱」と呼ばれる
民族独立運動があった。運動自体は失敗に終わったが、
この乱が結果としてケニア独立を早めることになったという。
マルゲはこのマウマウ団の闘士だった。
そして目の前で妻と子供を殺されて、長い間監獄につながれていた。
この重みが、無学の老人が教育を受けるという一方的なものではなく、
国の歴史の体現者である彼から、
周囲の者たちも多くのことを学ぶということにつながっていく。

映画は実にしっかりと作られたもので、
「文部省推薦」の凡作たちとは大違い
甘い美談になりがちな話を、このマルゲの回想シーンを
挿入することにより、ピリリと引き締めているのだ。
自分たちの国の過去を忘れて、「今」しか生きていない人たちに、
マルゲの存在が必要なのだと。

マルゲに理解を示し、力になる校長役を、
「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ第2、3作に
女呪術師役で出演していたナオミ・ハリスが好演している。
(★★★)

※「旅行人」のWEBサイト「旅シネ」に寄稿したものを転載しました。
[PR]
by mahaera | 2011-07-26 16:56 | 映画のはなし | Comments(0)

子どもが夏休みになった。そして石神井公園。

世間は夏休み。
ということで子どもが家にいる。とはいえ、もう中学生なので
べったり家にいて面倒を見る必要はないのだが、
それでも一日中ほったらかしにしておくのも気が引ける。
そんなわけで、昨日は面倒くさがる息子をつれ、
家族3人で石神井公園に行ってみる。

東京生まれの東京育ちの僕だが、石神井公園に行くの初めてだ。
荻窪駅まで歩き、そこからバスで向かう。
ここは池を中心とした公園だが、思ったよりも広い。
とくに奥に行くに連れて広がっており、周辺の緑地も増える。
息子は中一ながらもコンビニで虫取り網を買い、
獲物を探す。といってもまだセミは少なく、池にいるトンボぐらいだが。
クヌギなども少し生えており、樹液が出ている木を二本発見。
カブトやクワガタはいないが、カナブンが昼間から何匹も
樹液酒場に集まっていた。

池にはカメがいるが、残念ながら外来種のミシシッピアカミミガメだ。
子供たちが、糸を垂らした棒を持ち、
ザリガニ釣りをしている。基本ですね。

たかだか2〜3時間の公園散歩だが、帰りのバスで寝てしまう。
夜は疲れて仕事にならず。
しかし今日、バンドのリハがあるので、夜に少し練習をする。
ヘッドホンをして音を聴いていたつもりだが、
ちゃんとジャックが入っていなかったらしく、深夜に音が鳴り響き、
寝ていた妻が「音が漏れているよ!」と注意しに起きて来る。
窓全開だったので、かなりの近所迷惑だったろうなあ。

で、明日も子ども、いるはず。。。
[PR]
by mahaera | 2011-07-25 00:58 | 日常のはなし | Comments(0)

新作映画レビュー『グッド・ハーブ』 認知症が進む母親との日々を描くメキシコ映画

グッド・ハーブ
Las Buenas Hierbas
2010年/メキシコ

監督・脚本・製作:マリア・ノバロ
出演:ウルスラ・プルネダ、オフェリア・メディーナ

配給:Action Inc.
公開:7月23日よりシネマート新宿ほかにて公開
上映時間:120分
公式HP:www.action-inc.co.jp/hierbas
 

 
シングルマザーで、コミュニティラジオのパーソナリティを
しているダリア。
幼い息子の父親とは、別々に暮らしているが週末には
子どもを預かってもらい、自分の生活を楽しむ余裕もある。
母親のララはメキシコでも有数のアステカ時代のハーブ研究家
古書をもとに、今では失われてしまった薬草の知識を
探る研究をしていた。しかし、ララが“アルツハイマー認知症”に
かかっていることがわかる。
ダリアの介護もむなしく、ララの病状は進行していく。
 
メキシコというと、どうも過酷な現実を描いたシリアスな作品の
イメージがあるが、本作は世界中どこにでも起きそうな、
母娘の絆を描いた“女性映画”だ。
主人公はシングルマザーだが、貧乏でもなければ金持ちでもない。
別れたパートナーには快く
週末に息子を預かってもらえる関係にある。
「メキシコ=貧困」といったティピカルなイメージの使用を
ここでは避けている。
それはこの物語の主軸は母と娘の関係にあり、
「父親もいない中、母がボケてしまったら」という物語をつむぐのが目的だからだ。

母親が「メキシコでも有数のアステカ時代のハーブ研究家」という
設定が、どう生かされるのかが気になるところだが、
残念ながらそれはあくまで背景に過ぎず、物語を発展させない。
むしろ主人公の知り合いの初老の女性が話す
死んだ娘の話のほうが、
ボディブローのようにあとから効いてくる。娘を亡くした女性と、
これから母を亡くそうとしている女性。
知り合いの女性の娘は死んでしまったが、
主人公の目には時おり幻影のような姿で見える。
そして主人公の母親は生きながら、
「物事を少しずつ忘れる」ということによって死んでいく。

悪い映画ではないが、どうも話が流れていくだけで、
僕にはあまり訴えるものがなかった。
少し残念

(★★☆)

※旅行人のWEB「旅シネ」に寄稿したものを転載しました。
[PR]
by mahaera | 2011-07-22 00:35 | 映画のはなし | Comments(0)

西荻窪アコースティックカフェでアコースティックのライブをしました

昨日は、ブログのアクセス数がいつもの倍以上になって驚いた
斉藤和義ファン? すみません、ファンは僕じゃなくて妻なんで(笑)

さて、連休中に、僕らのグループのライブがありました。
なんか3日ほど前に急に決まったのですが、
場所は西荻窪のアコースティックカフェ
5月にオープンしたばかりの、明るく感じのいいカフェです。

Maha-era今回のメンバーは、
前原 Key, Vo ,Bass
イギー Vo
西岡 Guitar

b0177242_15481824.jpg

演奏の途中で、今回、不参加だったメンバーの池谷君がTpを持ってきて、
ミュートトランペットで手日入り参加してくれました。

このメンバーではほぼ初めての試みだったので、
成功とはいいがたいですが、トライしていろいろ反省点もあり、
次につながることになったかと思います。

曲はいつもMaha-eraやMahabuddiといってバンドでやっている
僕の曲ばかりでした。
次は僕もギターに挑戦してみようと思います。

音源は今日から1週間以内なら、
ここからダウンロードして聴くことができます。
または
http://xfs.jp/x7dFJ
[PR]
by mahaera | 2011-07-20 15:53 | ぼくの音楽・バンド活動 | Comments(0)

下北沢サブカルチャー祭りに行って来ました  言い残したこと

昨日書き残したこと。

寺岡呼人、初めて観たんだが、ギターもいい音していたんだが、
イベントのメンツの中では、アクがなく、ちょっとソンな役回り。
斉藤ファンが9割占める中、それでも温かい拍手を浴びていたと思う。

その寺岡のMC中、後ろの座席で、
「立つな、見えない、座れ」などの言い合いがあって残念
僕はその立っている人と同じ列にいたのだが、
立っている人の前の方がカメラ席で、
座っていたらたぶん見えなかったのだろう。
で、後ろのカップルから、「立つんだったら前へ行け」と怒鳴られていた。
で、その男の人も「泉谷が立てと言ったから」と返答していたが、
堂々と「ロックコンサートで自分の席で立って何が悪い」と言えば良かったのに。
いや、僕も前の人が立ち尽くしていると、見えなくて嫌ですよ。
でも、それを「ここは座ってみる人の席だから」的に
勝手な自分のルールを作るのも、いかがなものかと。
「すいません、見えないんで」と自分の気持ちを表すならまだしもねえ。
どうせ、斉藤和義が出て来たら、みんな立つんだし(笑)
どうせ、タダで見に来てんだから、文句言うな

昨日は入場制限が出てしまい、後から来た人達で
入れなかった人たちもいたようだ。
それでも外で待っていた人達の全員かどうかはわからないが、
斉藤和義のライブが始まって2曲目ぐらいで、
40人ぐらいかな、新たに入れ込んでいた
詰め込めば(ZEPなみに)あと100人は入ったかも。
でもまあ、消防法とかいろいろあるしね。
あとから入れた人達は、ホッとしたんじゃないかな。

あと、今更だけど、チャボのギターのグルーヴがいい。
そしてアコギのグルーヴの良さを。再確認したイベントだった。
そのちょっとまえの自分たちのライブが、
これに比べると大人しかったもんで。

しかし、大人に付き合わさせられた息子はいい迷惑で、
最後の方はロビーに出て、ひとり絵を描いていた。
ママは、前の方に行っているのにね(笑)
[PR]
by mahaera | 2011-07-19 13:23 | 音楽CD、ライブ、映画紹介 | Comments(0)

下北沢サブカルチャー祭りに行って来ました 7月18日 その2

いつものレギュラーバンドではなく、3ピースの泉谷バンドをバックに
歌う斉藤和義

この組み合わせが意外に(すみません)良く、ガレージバンド的な
ワイルドさとドライブ感が出て、ノリがいい。
もちろんレギュラーバンドもいいんだけど、ちょっと優等生過ぎて、
ワイルドさには欠ける感じがしていたので。
ま、今回、走っていたのかもしれないけど(笑)、バンバン突き進んでいて、
ラフかつ、全力疾走って感じが良かったです。
とくに斉藤ファンじゃないけど。

曲は
1僕の見たビートルズはTVの中
2ずっと好きだった
3ずっとウソだった
4タイトル不明 (砂漠と花みたいな曲)
5タイトル不明(夜中に無言電話がかかってくる曲)
6歌うたいのバラッド
7幸福な朝食、退屈な夕食
8歩いて帰ろう

その前の泉谷の曲の共演入れると9曲。
けっこうやったね。

で、斉藤退場後、そのまま泉谷とバンドが残り、
チャボが加わり、泉谷のステージ。
あまり曲を知っているわけではないのだが、
「春夏秋冬」「火の鳥」「眠れない夜」などの代表曲はやってくれ
うれしい。でも、チャボ、少しは歌って欲しかったなー。

このころは、息子は外へ避難(音楽疲れ)。
で、1時間近いステージが終わり、今日の出演者全員を呼び戻し、
「雨上がりの夜空に」
そして「野生のバラッド」

とても無料ライブにゃ、もったいない充実したライブでした。

しかしねえ、テレビでオンエアできるんだろうかねえ。
「ずっとクソだったんだぜ。東電、九電…」という歌詞。
まあ、原発推進派のフジ・サンケイグループじゃないけど。
マスコミもクソだしねえ。
[PR]
by mahaera | 2011-07-19 00:23 | 音楽CD、ライブ、映画紹介 | Comments(0)