ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

<   2011年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

新作映画レビュー『孔子の教え』 チョウ・ユンファが孔子を演ずる大作だが演出が凡庸

孔子の教え
Confucius
2009年/中国

監督:フー・メイ(『愛にかける橋』)
出演:チョウ・ユンファ(『グリーン・ディスティニー』『シャンハイ』)、
ジョウ・シュン(『ハリウッド★ホンコン』『ウインターソング』)、チェン・ジエンビン
配給:ツイン
公開:11月12日よりシネスイッチ銀座にて公開中
上映時間:125分
公式HP:www.koushinooshie.jp



戦国時代、魯の君主・定公より抜擢された孔子は、
君主を中心とした礼節にもとづく社会を目指していた。
斉のワナを逆手に取り、奪われた国土の一部を
変換させることに成功した孔子。
しかし反対派の巻き返しにより失脚し、
家族を残して弟子たちと共に諸国行脚の旅へ出る。

最近はハリウッドでの活躍も目覚しい
中国映画界最大のスター、チョウ・ユンファ。
彼が孔子を演じるとは最初は意外に感じたが、
孔子にはカリスマ性が必要で、
大物感あるユンファの起用は正解だったと思う。
日本でもなじみ深い「論語」は、弟子たちが編纂した言行録だが、
孔子がどのような人物で生涯を送ったかはあまり知られていない。
僕もこの映画を見るまでは、実生活では成功を得ることができずに、
挫折の期間が長かったということを知らなかった。
多くの門弟を抱えてはいたが、
現実には本作で語られるように彼の理想は道半ばにして挫折し、
理解はされても実行されることがなく、
失意の日々を多く味わっていたことがわかる。

そういう意味で勉強にはなるが、映画的には意外性というか、
切れがなく、平凡な出来になっている
かなり前だが、フー・メイ監督にインタビューしたことがある。
けっこう真面目な方で、大作というより小品が向いている作風。
そのあたりが裏目に出たのか、大河ドラマを見ているような感じになった。
ただし、ユンファはそれでも輝いていると思う。
(★★☆)

旅行人のWEB旅シネに寄稿したものを転載しました。
[PR]
by mahaera | 2011-11-29 23:06 | 映画のはなし | Comments(0)

The Buddiesの馬橋のライブ終了しました

昼間は、海外旅行講座。
そして夜は、行ってきました。千葉の馬橋まで。
この駅降りるの、初めてです。
前は足立区に住んでいたけど、そのころはこんな店なくて。

お店はビーグルというところで、駅からほんとにすぐのところ。
で、この日の演奏リスト8曲のうち、前にこのバンドで
やったことあるのはたったの3曲。
で、この日、早めに行って店でリハするつもりが、
リーダーのバディさんのミスで、1時間遅れて到着したため、
それもできず。。。。

まあ、コード進行だけ聞いて、ぶっつけ本番。
それでも、キーがBと書いてあったのに、
始まったら、キーがAの曲があって、
持ち直すのに苦労しました(笑)
音聞いて、すぐに「あ、Aだな」とわかるほど、
音感よくないので。
それにまず自分の音をモニターするアンプがなく、
客席に向かっているPAからのむ音が頼り。

曲目は
1 Early In the Morning
2 Rock Me Baby
3 Statesboro Blues
4 Ain't Nobody's Business
5 Rolling and Tumbling
6 Come On In My Kitchen
7 Who's Been Talking
8 One Way Out
(encore)Stormy Monday

上の曲のうち、青い文字の曲をアップしたので、そこをクリックすればリンクにつながります。
キーボード、音外しまくっていますが、ご愛嬌。
次はがんばりますです。

で、このお店のマスター、あとで聞いたら、
平田隆夫とセルスターズ
のドラマーだったそうだ。
「ハチのムサシは死んだのさ」。。。
[PR]
by mahaera | 2011-11-28 22:51 | ぼくの音楽・バンド活動 | Comments(0)

第3回 海外旅行講座終了しました

昨日、海外旅行講座の第3回目「エジプト」終了しました。

講師は作家の田中真知さん。
いわゆる観光旅行ではない、エジプトに住んだ人ならではの話が、
リアルで面白かったです。
観光では、ただ親切でやさしいだけのエジプト人だけど、
住んでみると、そのダークサイドが牙をむく。
話を聞いていると、とうてい住みたくない、と思ってしまいますが、
それは、きっと日本でも似たようなものなのでしょう。
住んでいれば、面倒なことはどこの国でも同じだと。

次回は12月10日土曜日。「インドネシア・ジャワの魅力を語る」
インドネシアのジャワ島の見どころについて、僕が話します。
ちょっと、宣伝期間が短かったので、お客さんが来るか心配なので、
ぜひぜひ、遊びに来る感じでいらしてください。
写真もいっぱい映しますよ。

詳細はこちら
http://nishiogi.aas-member.com/event/journey/1210.html
[PR]
by mahaera | 2011-11-27 13:26 | 仕事のはなし | Comments(0)

明日、昼は西荻で旅行講座。夜は馬橋でライブになりました。

ジャカルタでひいた風邪が治らない。
風邪というか、咳が止まらない。
それと、胃の調子が悪くて、食後はムカムカする。
やばいかなあ。

さて、本日締め切りの原稿も、この時点で終わらず、
週明け送りとなった。ま、ずっと取り掛かっているわけでないのだが。
見所を詩的に150字以内にまとめるって、ある意味、
400字で仕上げるより難しい。
150字っていうと、文三つしかないし。
で、煮詰まると、先日のインドネシアの写真のキャプションとか、
精算とか、ある程度機械的にやって進む仕事をする。
こちらは、やればやっただけ、着実に進む。

さて、明日は僕には2つのイベント。
昼は毎月の海外旅行講座を西荻窪で。
今回は、メインは田中真知さんなので気分は楽。
お任せで大丈夫かなと。
11:30~14:00と、いつもと変則的な時間なので、
まちがえてくる人いるかなあ。

で、夜は21時ぐらいから、千葉の馬橋のビーグル
というところで、先週に引き続き、The Buddiesのライブ。
こちらは欠席するはずだったんだが、何だか行ける事になり、
キーボードを弾いてみようかなと。
で、セットリストをもらったら、8曲中やったことがあるのは、
3曲だけでした(笑)
ブルースとは言え、進行が微妙に違うのもあるのでできるのだろうか。。。
[PR]
by mahaera | 2011-11-25 22:11 | ぼくの音楽・バンド活動 | Comments(0)

今週末です! 海外旅行講座第3回は田中真知さんのエジプト 

ダメ押しのようですが(笑)、今週末の第3回西荻での旅行講座。
今回は田中真知さんを迎えてのトークです。

ぜひお越しください。

◆作家・翻訳家・田中真知  スライド&トークショー◆
「発想を転換するためのエジプト講座」シリーズ/海外旅行講座 第3回

今回は8年にわたりエジプトに暮らしていた作家・翻訳家の田中真知が登場。
エジプトでは赤ちゃんをほめてはならない。
足を踏まれると、踏んだ相手が「気にするな」という
日本の常識からすると、なかなか信じられない習慣のなかに、
じつは5000年の文化と知恵が隠されている。
ピラミッドとツタンカーメンだけがエジプトではない。
われわれの常識や物の見方を変えるための、
ちょっとディープなエジプトの歩き方を紹介。

●講師:田中真知(作家・翻訳家)
8年にわたりエジプトに暮らし、中東・アフリカを幅広く取材。著書に『アフリカ旅物語』(凱風社)、『ある夜、ピラミッドで』(旅行人)、『美しいをさがす旅にでよう』(白水社)、訳書にグラハム・ハンコック『神の刻印』(凱風社)、ジョナサン・コット『転生--古代エジプトから甦った女考古学者』(新潮社)などがある。

司会:前原利行(旅行ライター)

■日時:11月26日(土)11:30~14:00(開場は11:00です)
■参加費:チャージ1000円+ワンドリンクオーダー
■会場:アコースティックカフェ(西荻窪)
■申込:着席定員は25名です。
お席を確保いたしますので、事前の受講予約をおすすめします。
お電話、e-mailまたはホームページの「受講予約受付」から、お申し込みください。
    TEL 03-6915-0299
    e-mail :cafe@nishiogi.aas-member.com
    受付フォーム:http://www.efeel.to/survey/entry11/
    ※定員になり次第締め切らせていただきます。
■問合せ先:アコースティックカフェ
      TEL:03-6915-0299(定休日:日曜日)
      東京都杉並区西荻北3丁目7-9 レジュイールB1
      http://triad.aas-member.com/acoustic_cafe/
■主催:西荻文化倶楽部

詳しくはこちら→http://nishiogi.aas-member.com/

それと12月の第4回海外旅行講座の講師は僕に決まりました。

12月10日土曜日 14:30~17:00
「インドネシア・ジャワの魅力を語る」

東南アジアでも見どころ豊富で、旅のしがいがあるインドネシア。
しかし個人旅行者は少なく、いまひとつその魅力が知られていないところも。
今回は、なかでも見所豊富なジャワ島に話題を絞り、
古代遺跡から鉄道の旅、はたまた現代アートまでを豊富な画像を使い、
その魅力を語ります。具体的な旅の質問も大歓迎!
こちらもどうぞ!

12月17日土曜日は、阿佐ヶ谷ロフトプラス1で、
「さよなら旅行人」のイベントに参加します。
[PR]
by mahaera | 2011-11-24 14:55 | 仕事のはなし | Comments(0)

12月4日日曜日 マハバディの年内最後のライブ(たぶん)

えー、半年振りの大所帯バンド、Mahabuddi(マハバディ)のライブです。

12月4日日曜日 練馬BE-born
http://livebar-beborn.com/

16:30 Open/17:00 Start

1) 17:00 Mahabuddi(50分)
2) セッション1
3) 19:00 Hoston Bones(50分)
4) セッション2

の予定でございます。
最近はなかなか集まるのが難しくなってきたメンバー
ここは一発、見に来てください。

ここのところ、バンドスタイルでライブができなかったので、
期待してくださいね。
[PR]
by mahaera | 2011-11-22 22:44 | ぼくの音楽・バンド活動 | Comments(0)

12月7日クラプトン、ウィンウッドのチケットあります

すでに日本公演は始まっている
エリック・クラプトン&スティーブウィンウッドのコンサート。

その武道館公演のチケット2枚連番であります。
誰か定価で買ってくれませんか。
12月7日水曜日 19:00開演
席はアリーナB3 61と62
真ん中よりやや左後ろという感じでしょうか。端ではないので、
スティーブ・ガッドのドラムもよく見えるかと思います。
1枚12000円、2枚で24000円。

今回は、いつものクラプトンヒットナンバーは、
サービスの数曲以外はほぼやらず、
目玉は、ブラインド・フェイス時代のナンバーでしょうね。
もちろん、トラフィックの曲をクラプトンが弾くのも面白い。
ジミヘンの「ブードゥー・チャイル」や
トラフィックの「ディア・ミスターファンタジー」あたりがハイライトのようです。

行きたい! という方はコメントを。
「非公開」にチェックしていただければ、他人には内容は公開されません。
[PR]
by mahaera | 2011-11-21 10:38 | 音楽CD、ライブ、映画紹介 | Comments(0)

帰国しました。昨夜はThe Buddiesのライブ

昨日帰国しました。朝九時過ぎに成田着。
家に着いたのは、昼少し前といったところ。
雨はけっこう降っていましたね。

荷解き、風呂、メシ、寝る、といった感じで、
2~5時ごろまで仮眠。
ジャカルタに着いたくらいから、風邪なのか咳が止まらず、
休んで体力温存。

で、起きて、晩にやる曲で知らない曲を、
Youtubeで聴いてコピー(笑)
ロリー・ギャラガー、ジョニー・ウインター、フレディ・キングの
3曲。コードを取っただけだが、この手のナンバーは、
バージョンによってコードも違うので、あとで確認。
夕飯食べて、歩いてヘブンズドアに着くと、
すでにリハ終了したあと。
コードを確認すると、いくつか違う。
実際に鳴らして確認できないので、そのまま本番だ。

The Buddiesは、ギタリストのバディさん率いる
ブルースバンド。メンバーはその時によって多少変わるが、
僕はキーボード(たまにベース)として、ここ一年ほど参加している。
基本は3コードなので、キーとリズムがわかれば
その場でも入れるのだが、たまにちょっと変わった進行だと、
曲を知らないと失敗をしでかすこともある。

この日も、その場で始まった知らない曲が
3コードでキーを聞いて始まったが、
ふつうのように
I - I - I- I
IV- IV - I - I
V - IV- I -I
ではなく 、最初の部分が違っていて
IV- IV - I - I
IV- IV - I - I
V - IV- I -I
なので、出だしから思い切りまちがえてしまった。

途中から、ギターのボリュームが上がっていき、
自分の音がほとんど聞こえない中でのプレイ。
こういうときは、要注意。
自分で何を弾いているかわからないので、
リズムも音も悪くなってしまうのだが、
客席側では(ラインを通しているので)よく聞こえて、
恥ずかしいプレーが聞こえてしまっているということ。

まあ、一ヶ月ぶりに楽器に触ったこともあり、
指が思ったように動かず、これからリハビリにいそしもう。

The Buddiesのライブは、今度の土曜日、
11/26日に馬橋のライブハウスで。
(僕は参加できるかまだ微妙)
[PR]
by mahaera | 2011-11-20 14:19 | ぼくの音楽・バンド活動 | Comments(0)

本日、深夜便で帰国予定。到着は明日朝

9月から始まった、タイ、インドネシアと続く東南アジアツアー。
それも今日で一段落。今晩の飛行機で日本に帰る。
小さな都市まで回るライブ(取材)だったが、
いろいろハプニングもあり、
また、時代に追いついていかないと、不自由だと、
不便で手間もお金もかかっていくことを外国で知った。
日本にいるときは、携帯もi padも必要なかったけどね
こちらじゃネットと携帯なしには仕事ができない。
インドネシアで購入した携帯は、三ヶ月ほど使用しないと
番号が無効になってしまうので、
来年また使用という感じだ。

しかし、暑いな。
朝食食べているホテルのレストラン、屋内でエアコンどころか
ファンも無いので、汗だくになりながらこれを書いている。
日本は寒いらしく、
成田で風邪をひかないように気をつけなくては。
それでは。
[PR]
by mahaera | 2011-11-18 11:22 | 海外でのはなし | Comments(0)

世界の腐敗認識指数 インドネシアは? 公務員は働かないインドネシア

NGOが出している「腐敗認識指数」というものがある。
これは、公務員と政治家の腐敗に限って
180カ国でアンケート調査を行ったもの。

で、順位は清潔順で、1位はニュージーランド、
以下、デンマーク、シンガポール、スウェーデン、スイス、フィンランドと続く。

日本はどのあたりにいるかというと、17位。
香港やアイルランドよりは落ちるが、
イギリスやアメリカよりは少しまし、といったレベルのようだ。

で、僕が取材で行く国はと見てみると、
なかなか出てこない。

84位、インドとタイ。
意外というか、もっと下位だと思っていたのだが(失礼)、
パナマとグアテマラなどと同順位。

で、インドネシア。
111位。まあ妥当ですね。
ほんとに役人は、ワイロ払わないと仕事しないといわれてます。
昨日、面白かったのが、イミグレに行ったとき、
僕のエアチケット購入記録を見せろといわれたので、
係員のパソコンをつかせてもらうために、机の向こう側に行ったら、
半数の職員が、パソコン画面でゲームをしているのが見えてしまった。

ここ、日本で言えば、イミグレーションの本局。
霞ヶ関のでかいビルのようなところで、
日本の公務員が昼間からどうどうと何人もゲームやっている姿、
想像できないでしょう。
もともと、これもワイロ欲しさなのか、
「お前の入国記録が無い」と言った事に始まるのだが、
入国記録が見つからない、なんてお前たちの問題だろ
(まあ、前にも入力忘れされた人がいたそうです)

結局、記録は見つかったのですが、
見つからなかった、見つかったりする入国記録
そのぐらいのレベルなんですね(日本じゃけっこう問題になると思うんですが)
ワイロ、いくら請求されるかと、ヒヤヒヤしました(笑)

それでも、インドネシアの下に、まだ70カ国もあります。
いわゆるヨーロッパの国ではロシア、ウクライナは140位台です。

最下位が気になる方は
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%85%90%E6%95%97%E8%AA%8D%E8%AD%98%E6%8C%87%E6%95%B0
をどうぞ
[PR]
by mahaera | 2011-11-17 21:26 | 海外でのはなし | Comments(0)