「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

<   2012年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

最新映画レビュー『ミッシングID』  『トワイライト』のT・ロートナー主演の巻き込まれ型サスペンス

ミッシングID

2011年/アメリカ

監督:ジョン・シングルトン
出演:テイラー・ロートナー、リリー・コリンズ、アルフレッド・モリナ、シガーニー・ウィーヴァー、マリア・ベロ
配給:ギャガ
公開:6月1日より

『トワイライト』シリーズのメインキャストのひとり
“狼族の青年ジェイコブ”で、人気を得たテイラー・ロートナー
その彼が主演する注目のアクション・サスペンスが本作だ。
といっても、『トワイライト』シリーズがアメリカほど
ヒットしていない日本では、あまりありがたみがないかもしれない。

主人公高校生ネイサンは、仲のいい両親と暮らしていたが、
時おり悪夢にうなされ、それがなんともいえない違和感を生んでいた。
そしてある日、児童誘拐事件のサイトで、自分が子供の頃と
瓜二つの少年を見つけてしまう。
自分の過去を探り始めるネイサンだったが、
それは身近な人の死という悲劇につながる。
幼馴染のカレンと逃亡するネイサンを追うのは、CIAと
犯罪組織を率いるコズロフという男だった。
やがてネイサンは、自分の本当の過去を知ることになる。

ふつうの高校生として生活していた主人公。
その彼が自分の隠された過去を調べ始めたことから、
敵に感づかれて命を狙われる。、
主人公が“マット・デイモン”タイプのルックスで、
(劇中にもセリフあり)
謎の組織の追跡をかわしながら自分の素性を探る
というストーリーからも、『ボーン・アイデンティティー』を意識した作品だ。

とはいえ、主人公は高校生で、人気の青春スターが演じているため、
どうもスリリングにはほど遠い。
脇が甘すぎるサスペンスで、どうみても中・高校生向けのリアリティだ。
ご都合主義はいいのだが、それでもねえ。
それに僕にはこの青春スターがちっとも魅力的ではなく、
それよりも脇役のベテラン俳優たちのほうに目が行ってしまった。
ヒロインはちなみにフィル・コリンズの娘だという。

本作のヒット次第でシリーズ化もありという余地を残したエンディングだが、
本国では酷評されたようなので、次回作はないだろなあ

(★☆)
[PR]
by mahaera | 2012-05-30 01:06 | 映画のはなし | Comments(0)

神田イゾルデのMaha-eraライブ終了しました

5月26日土曜日、神田イゾルデにお集まりいただいた方、ありがとうございました。
この夜は、大学時代のサークル関係のバンドの“いま”という感じで、
みんな、相変わらずで、いい感じでライブができてよかったです。

3ピースロックバンド“GAVAN”
70~80年代のインスト系やロックのカバーの“四ツ巴”
共演のバンドの皆様、ありがとうございました。

Maha-eraセットリスト

1 かんかん照り
2 史上最大のロックスター
3 ジャズジャージー
4 恋は君のもの
5 冷たい雨が今日も
6 大人になるってこと
7 エルモア
8 重荷
アンコール バックパッカーブルース  (ゲ)池谷

メンバーは
前原Vo, Key & Harmonica
イギーVo
西岡Guitar
後藤Bass
小林Drums
矢野“ヤノッチ”T.Sax
ゲスト 池谷Trumpet(バックパッカーブルース)


音源はこちらから今週いっぱいダウンロード可能です。
http://firestorage.jp/download/2d7af42b8cbf75a9bbddd5913ced10e211830439

または

http://xfs.jp/JTT0X

自分で言うのもなんですが、バンドの調子は、前に比べるとかなり上がっている感じです。
このまま、来月もう一回やりたいぐらい。
[PR]
by mahaera | 2012-05-28 00:59 | ぼくの音楽・バンド活動 | Comments(0)

Maha-era ライブ2012 Vo.3 26日土曜日 神田イゾルデにて行います

Maha-era ライブ2012 Vo.3 26日土曜日

僕がやっているバンドMaha-eraのライブが次の土曜日、26日にあります。
本日ですね(笑)
次のライブの予定がないので、ぜひいらしてください。
神田イゾルデ
http://isolde.jp/

open 18:00
start. 18:30
end. 21:00
charge 1500円(1ドリンク付)
出演
☆GAVAN
☆四ツ巴
☆Maha-era

出番は最後なので、20:15ごろかと思います。

今回は、いつものドラム、ベース、ギター、ボーカル、キーボードという編成に、
全面的にテナーサックス入りの6人編成。

曲も2月の練馬BE-Bornから、3曲を除いて、5曲入れ替えました。
ということで新曲も登場します。

音楽関係以外で、僕を知っている人も、
「ああ、前原はこんなこともやっているのか」と
観に来て下さい。
[PR]
by mahaera | 2012-05-26 10:26 | ぼくの音楽・バンド活動 | Comments(0)

新作映画レビュー『私が、生きる肌』  肌の下に隠された危険な愛を描く、 ペドロ・アルモドバルの新作

私が、生きる肌
The Skin I Live In

2011年/スペイン

監督:ペドロ・アルモドバル(『オール・アバウト・マイ・マザー』『トーク・トゥ・ハー』)
出演:アントニオ・バンデラス(『デスペラード』『マスク・オブ・ゾロ』)、
エレナ・アヤナ(『この愛のために撃て』『ウェルカム!ヘブン』)、
マリサ・バレデス(『ハイヒール』『オール・アバウト・マイ・マザー』)
配給:ブロードメディア・スタジオ
公開:5月26日よりTOHOシネマズシャンテ、シネマライズにて
上映時間:120分
公式HP:www.theskinilivein-movie.jp


いつもまったく次の展開が読めないアルモドバル映画。
人は人に見える以外に、思いもよらない過去や感情を秘めている。
いつもそんなことを教えてくれるのが、アルモドバルだ。
登場人物たちはいつも愛に飢え、全身全霊を込めて人を愛し、
そして憎んでいる。日本人には強すぎる、
“危うくて美しい愛”を描かせたら、彼の右に出るものがいない。
そしてドロドロとした内容を、軽妙に描けるのも、彼のすばらしさだ。
今回は、一歩ズレるとほとんどホラーかサイコサスペンスという
極限状態の“愛”の物語を作り上げた。

トレドの郊外、人工皮膚の権威で世界的な形成外科医の
ロベルの邸宅の一室に、ベラという若い女性が幽閉されていた。
食事の世話をするのは、初老のメイドのマリリア。
カーニバルの日、音信不通だったマリリアの息子のセカが、
トラのコスチュームに身を包んで邸宅にやってきた。
久しぶりの再会に喜ぶマリリアだったが、
犯罪者であるセカは本性を出し、ベラを襲う。
それを救ったのは帰宅したロベルの銃弾だった。
話は数年前にさかのぼる。
ロベルは亡くなった妻を救えるはずだった“肌”を創造するために、
“ある人物”を監禁して実験台にし、
妻そっくりの“ベラ”として創り上げていたのだった。

人は見た目にはわからない関係や過去を隠しているという点では
以前の作品に共通するが、今回はそれを押し進め、
人工皮膚で全身と顔を変えてしまった人間を描いている。
外見はまるで別人でも、内面にあるものまで変わるのだろうか。
そんな問いへの答えがこの作品だ。
ストーリーは、悲しみから常軌を逸した博士が
人をさらって人体実験をするホラー映画のようだが、
バンデラスが外科医を演じることで、嫌悪感より親近感を抱く
計算の上にこの映画は成立している。
ジョージ・クルーニーのように、悪役をやっても憎めない男が
メスを持つから、その異常さに私たちは気づきにくい。
物語は途中から流れが大きく変わり、
バンデラス演じる外科医の物語から、“ベラ”の話へと変わっていく。
そして外科医とその母親、“ベラ”とその母親(どちらも父親が不在だ)
の関係が語られる。驚くような展開になるが、
このアイデアはすごい(これは知らないで観たほうが絶対に面白い)。
本当におすすめできる逸品だ。
(★★★★前原利行)
[PR]
by mahaera | 2012-05-25 14:32 | 映画のはなし | Comments(2)

2012年に亡くなったミュージシャン その1

先日、僕の好きなドラマー、レヴォン・ヘルムが亡くなったと
思ったら、今度はダック・ダンだ。
僕自身が高齢化しているので、僕が聴いて来たミュージシャン
の方々が亡くなるのは当然だが、さびしいものを感じる。
そこで、今年、亡くなったミュージシャンが
どのくらいいるのか調べてみた。
もちろん、自分が知っている人だけだが。

1月17日 ジョニー・オーティス
1月20日 エタ・ジェームズ 映画『キャデラック・レコード』で知るまでは、ノーマークだったR&B女性歌手。
2月11日 ホイットニー・ヒューストン MTV時代の歌姫。途中から関心なくなったが、1枚目はよく聴いた。
2月29日 デイビー・ジョーンズ 『パイレーツ・オブ・カリビアン』じゃなくて、モンキーズの人
3月3日 ロニー・モントローズ バンド“モントローズ”の人
3月12日 マイケル・ホサック ドゥービー・ブラザーズのツイン・ドラムスのひとり。『キャプテン・アンド・ミー』『トゥールーズ・ストリート』『ドゥービー天国』と初期の代表作に参加。再結成後はずっと参加していた。
4月5日 ジム・マーシャル ミュージシャンではないが、アンプのマーシャルの創業者
4月19日 レヴォン・ヘルム 言わずとしれたザ・バンドのドラマーで、バンド唯一のアメリカ人。独特のタイム感は、聴き込んでいくうちにクセになる。歌う名ドラマー、ベスト5に入ると思う
グレッグ・ハム 元メン・アット・ワーク。キーボードとサックスを担当で、ボーカルのコリン・ヘイ以外に僕が顔を覚えている唯一のメンバー。
5月4日 アダム・ヤウク ビースティー・ボーイズの人。でも顔がわからない。
5月13日 ドナルド・ダック・ダン 言わずと知れた名ベーシスト。MGズはさすがに知らなかったが、80年代はクラプトンのサポート、映画『ブルース・ブラザース』、ブルース・ブラザース・バンド、そしてディランの30周年記念コンサートでお馴染みとなった。この人のベースというと、真っ先に浮かぶのはサム&デイブの『ソウル・マン』のあのかっこいい落ちて来るライン。
5月16日 チャック・ブラウン あまり知りません
5月17日 ドナ・サマー 曲好きだったな。ホットスタッフとか。レコードも持っているし。90年代に復活して、ライブもしていたのに。

合掌。
[PR]
by mahaera | 2012-05-19 11:50 | 音楽CD、ライブ、映画紹介 | Comments(1)

海外旅行講座6月「800Kmの心の旅:スペイン・サンティアゴ巡礼路を行く」

シリーズ/海外旅行講座
6月の内容が決まりました!
ぜひ、いらしてください。

「800Kmの心の旅:スペイン・サンティアゴ巡礼路を行く」  


ピレネーを越え、スペインを横断する
サンティアゴ巡礼路。その距離800㎞。
スペイン版歩き遍路ともいうべきサンティアゴ巡礼路を、
年間20万人以上が自分の何かを見つけるために歩きに来ています。
ただひたすら歩き続ける日々の中に出会いと別れがあり、
笑いと涙が人種や言葉の壁を越え、
人々の心を和で包み込む不思議な空間。
あなたもひと時、足を踏み入れてみませんか?

6月9日(土) 15:00~17:30(14:30開場)
※チャージ1,000円+ワンドリンクオーダー


講師:森岡朋子(NPO法人日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会 理事長)
2007年、通訳としてサンティアゴ巡礼路にかかわり、
道の魅力に虜になる。素晴らしい体験をさせてくれた道
への恩返しの意味を込め、友の会を設立。
サンティアゴ巡礼路の応援団長として、
巡礼に行きたい人への情報提供をはじめ、
道の維持・保護のための会議への参加、
他国の友の会との情報交換をしている。
今年の夏は被災した高校生と共に巡礼路を歩く予定。
[PR]
by mahaera | 2012-05-17 22:56 | 海外でのはなし | Comments(0)

最新映画レビュー『ヴィダル・サスーン』  美容界に多大な影響を及ぼした人生を描くドキュメンタリー

ヴィダル・サスーン

2010年/アメリカ

監督:クレイグ・ティバー
出演:ヴィダル・サスーン、マイケル・ゴードン、マリー・クワント
配給:アップリンク
公開:5月26日
劇場情報:渋谷アップリンク、銀座テアトルシネマ、新宿武蔵野館

突然の訃報が入ったヴィダル・サスーン。
映画の中では“元気なおじいちゃん”という姿を見せていただけに、
その死が惜しまれる。
本作はそのヴィダルの功績を称えるために企画されたドキュメンタリーだ。

1928年生まれのヴィダルは孤児院で少年時代を送った後、
14歳のときに美容師に弟子入りする。
その後、ユダヤ人としてのアイデンティティーに目覚め、
イスラエルの独立時に兵士として参加。
帰還後は、有名美容師のレイモンドの元で修行を積んで腕を上げ、
1954年にボンドストリートに自分のサロンをオープンする。
試行錯誤の末、オリジナリティあふれるカットを生み出したヴィダルは、
スウィンギング・ロンドンを代表するヘア・スタイリストに。
その後、彼は美容学校、ヘアケア製品と次々に
仕事の範囲を広げ、成功していく。

ヴィダルにはいろいろな顔がある。
まず、サスーン・カットといわれる斬新な鋭角的な
カットを生み出したこと。
60年代ロンドンのファッションを語るとき、
彼がカットしたモデルの写真はそのアイコンとして必ず使われるほどだ。
僕も前に、ジャズのLPジャケットでそのカットを良く見たことがある。
そのカットは、当時流行っていた幾何学的な現代建築に
影響されたものというから、彼の興味の範囲にも驚かされた。

また、美容学校の開設、
ヘアケア商品「ヴィダル・サスーン」ブランドでの成功と、
実業家としても実力があったこと。
そしてそれだけではなく、健康ブームのベストセラー本から
テレビ番組の司会までしていたこと…。

本作は、そんな彼の経歴を時系列で追い、
現在の彼や関係者へのインタビューを合間に織り込んでいく
ドキュメンタリーだ。私たちが知っていたヴィダル・サスーンは、
全体のごく一部にしか過ぎないことを知るはずだ。

映画では、元気な姿で、
しゃきしゃきとしていたが、
こうした映画が作られたことも、
彼の死を予期してのことだったのかもしれないと思えてくる。

(★★★)
[PR]
by mahaera | 2012-05-16 14:23 | 映画のはなし | Comments(0)

森優子の「がけっぷち欧州よどこへ行く?」好評につき再追加講演!

森さんの前回、前々回の講演、いずれもソールドアウト。
僕が言うのもなんですが、とても面白くてタメになるトークなんで、
ぜひぜひ来てください。

また、前は申し込もうと思っていたら、満席になってしまった
という人、これがチャンスですよ。


シリーズ/海外旅行講座
「がけっぷち欧州よどこへ行く?」好評につき再追加講演!


講師:森優子(イラストエッセイスト)
司会:前原利行(旅行ライター)


土曜日・休日午後開催のトーク・イベント「西荻カルチャーカフェ」の大好評シリーズ「海外旅行講座」第6回は、前回2回は満席になってしまった森優子の「がけっぷち欧州よどこへ行く?」、急遽の再追加講演です。経済破綻でボロボロのギリシャ、「EUになんか加盟するんじゃなかった!」と叫ぶイタリア、ポテトチップスに課税するようになったハンガリー、90年代に分裂した旧ユーゴスラヴィア諸国の勝ち組と負け組…。世界遺産めぐりより面白い、内側からのぞいた[崩壊寸前・揺れる欧州の今]を、たっぷりの生エピソードとともに報告します。

●森優子(もり・ゆうこ イラストエッセイスト)
 ガイドブックの編集プロダクションを経て独立。『旅ぢから』(幻冬舎)、『旅のそなた!』(旅行人)ほか旅に関する著書多数。世界各地のドロボーに詳しく、『女性のためのトラブル知らずの海外旅行術』(晶文社)は韓国と台湾でも翻訳出版された。
[ゆらゆらくらげ倶楽部] http:/www.mori-yuko.jp

■日時:5月20日(日)14:30~17:00(開場14:00)
■参加費:チャージ1000円+ワンドリンクオーダー
■会場:アコースティックカフェ(西荻窪)
■申込:着席定員は25名です。
お席を確保いたしますので、事前の受講予約をおすすめします。(前2回は満席になりました)
お電話、e-mailでお申し込みください。
    TEL 03-6915-0299
    e-mail :cafe@nishiogi.aas-member.com
    ※定員になり次第締め切らせていただきます。
■問合せ先:アコースティックカフェ
      TEL:03-6915-0299(定休日:日曜日)
      東京都杉並区西荻北3丁目7-9 レジュイールB1
      http://triad.aas-member.com/acoustic_cafe/
■主催:西荻文化倶楽部

詳しくはこちら
[PR]
by mahaera | 2012-05-13 00:06 | 西荻のはなし | Comments(0)

近況報告。仕事ばかりだが、映画も観なきゃと、バンドも忘れちゃいけない

映画評ばかりのっけていたので、たまには身辺雑記ネタを。

まずはGWをどう過ごしたかというと、ずっと仕事でした(笑)

本当は4月にすませなくてはならない原稿が山ほどあったのだけれど、
旅行人文化祭、という大きいなイベントに半月ほどかかりきりだったので、
けっこう仕事がこぼれしまったのだった。
締め切りオンタイムをゼロとすると、ずっとマイナス7~10日間で、
それをだましだましさばいて、やっと連休。
つまり連休前提出の原稿を、連休明けにしてもらい何とか過ごしたので、
連休はずっと仕事、ということになったのだ。
とはいえ、家族も、もうどこかへ連れて行けということはなく、
むしろ勝手にやってろ、って感じなので、落ち着いて仕事ができて、
なんとここで帳尻を合わせて、マイナスをプラマイゼロぐらいに、
取り戻したのだった。

で、仕事が忙しくて、溜め込んでいた映画原稿。
数えたら、21本もたまっていた(笑)
これを今月中に観て書くのはほぼ不可能だが、
何とか消化したいと、連休明けの今週に3本見て、原稿を4本提出。
(媒体が違うので1本見て2本書くというのアリ)

あと、おろそかにしていた音楽活動。
4/30にアコースティックライブがあったが、それまでは
インド行きをはさんで2か月近くまったく楽器に触っておらず、
まずはアコースティックギターの個人練習(4時間)、
次に別々のバンドのリハが、日曜と月曜にあり、
こちらはキーボードなので、これも二ヶ月ぶりに個人練習と
バンド練習。しかもバンドアレンジも簡単にだが考える。

その合間に、旅行人文化祭で作品を購入していただいた方への
発送作業と、精算
(最終的には今日発送がすべて終わり。あと精算もだいたいすむ)

あと気がつくと、今月の土日はすべて用事で埋まってしまった。
5/20西荻海外旅行講座
5/26 Maha-eraライブ
来月も
6/9西荻海外旅行講座
6/16Mahabuddiライブ
6/30The Buddiesライブ

そうそう、立教大学でトークが2週続けてあるのも6月だ。
100人もオーディエンスがいるライブ(旅行ライターとして呼ばれている)は、
なかなかなく、ちゃんとやらねば。

それらが終わったら、7/3から7/21ごろまでは
バングラデシュツアー(笑)


で、8月からは、ひさしぶりに失業かな。
できれば、1年に2週間の失業を4回ぐらいしたいものである。
昨年は、8月は一ヶ月間まるまる失業の予定が立っていて、
「どうしようか。曲でもたくさん作ろうか」
と楽しみにしていたのだが、結局、急な仕事が入って、
家族で行った朝霧高原の親戚宅で、
ひとりパソコン仕事をする羽目になったのでガッカリだった。

というのが、僕の近況です(笑)
[PR]
by mahaera | 2012-05-12 01:54 | 日常のはなし | Comments(0)

最新映画レビュー『ミッドナイト・イン・パリ』  タイムトリップの先は20年代のパリだった

ミッドナイト・イン・パリ
Midnight In Paris
2011年/スペイン、アメリカ

監督:ウディ・アレン(『それでも恋するバルセロナ』『マッチポイント』)
出演:オーウェン・ウィルソン(『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』『ダージリン急行』)、マリオン・コティヤール(『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』『パブリック・エネミーズ』)、キャシー・ベイツ(『ミザリー』『アバウト・シュミット』)、エイドリアン・ブロディ(『戦場のピアニスト』『キング・コング』)
配給:ロングライド
公開:5月26日より新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーにて
上映時間:94分
公式HP:http://www.midnightinparis.jp


婚約者イネズの父親の出張に便乗し、
憧れのパリにやってきた映画脚本家のギル。
ギルは脚本家としては成功していたものの、
現在は本格的な作家を目指して作品を執筆中だ。
パリの文化に憧れ、そこに住みたいと思っているギルだが、
お嬢様育ちのイネズはカリフォルニアでのリッチな生活を譲らない。
そんなギルの前にイネズの男友達ポールが出現。
知識豊富で、ウンチクをやたら語るポールに、心中穏やかでないギル。
ある晩、ワインの試飲会の後に、イネズはポールと踊りに行ってしまう。
真夜中のパリの町をぶらつくことにしたギルだが、
いつしか1920年代にタイムトリップしてしまう。
そこはヘミングウェイ、フィッツジェラルド、ピカソ、ダリなど、
ギルの憧れの芸術家たちが活躍する時代だった。

ここのところ、ブログネタは毎日映画だが、
それはやっと観た映画を書く時間ができたということ。
ということで、、旅行人のウエブサイトに書きながら、
それをこちらにも転載している。
さて、イギリスに拠点を移してからも、
年にほぼ1本のペースで映画を撮り続けているウディ・アレン
僕はしばらく彼の作品とは離れていた時期もあったが、
『マッチポイント』以降は欠かさず見ている
コメディではない作品もあるが、どれも教訓がこめられた粋な小話で、
満足できる作品ばかり。
さて、この新作はというと、舞台をアレンが愛してやまないパリにして、
この町へのオマージュともいえる作品になっている。

アメリカンな物質主義にまみれた生活に嫌気が差しかけている主人公が、
敬愛する1920年代のパリへ毎夜タイムトリップする。
どうやってタイムスリップするのかと思っていたが、
何の仕掛けもない。CGもない。そんなところにリアリティはいらない。
主人公はタイムスリップしたバリで、
誰でも知っているような文化人たちと遭遇する
これが本当にそっくり(といっても20年だのことだから
動く本物は知らないのだが)に見え、一番おかしいところ。
そのころのパリのカフェやサロンは、ヘミングウェイや
フィッツジェラルド(と妻のゼルダ)、コール・ポーター
といった
アメリカの作家や作曲家たちが暮らし、
またピカソやダリ、マティスといった“新人”画家が
新しい表現を模索している場所でもあった。
次から次へと現れる著名人たちのそっくりぶりは、
この時代の風俗や文化を知っているほど、楽しめるはずだ。
ただし、それだけでは物語は進展しない。
主人公は「理想のパリ」で自信を付けていくが、
そこにとどまることは現実逃避に過ぎないことをやがて悟る。
現在のフィアンセは物質主義、理想のパリで出会った理想の女性
(作品に恵まれ続けているマリオン・コティヤール。かつてのペネロペ・クルスのよう)
も理想ではなく、新しい出合いが生まれる。
大人のおとぎ話(もちろん教訓込み)として楽しめる作品だ。
94分という長さも、潔い。(★★★★前原利行)

ダリ、ブニュエル、マン・レイが出てくるシーンが一番笑えた。
ダリ以外は、その当時の写真も見たことがないのだけれど。
あと、自殺未遂事件起こしてしばらく姿を見なかった
オーウェン・ウィルソンの復帰はうれしい。
[PR]
by mahaera | 2012-05-10 23:36 | 映画のはなし | Comments(0)